THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優になりたいという若い子に相談されて思う事

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優になりたい気持ちが本気じゃなければ紹介はできない

こんばんは、M&Oです。

今回は今でもたまに相談される「俳優になりたい」という想いを持った若い子について書きたいと思います。

 

最近も多くはないものの『俳優になりたい』という相談をされるわけですが、もちろん相談自体は全然嫌じゃないですしむしろウェルカムです。共通の知人がいたり何かしらでせっかく知り合ったんですから、自分にできることは力になりたいと思っています。

ただですね・・・

話を聞いてみるとあまりにひどい時も正直ありまして。

『俳優になりたいのですが何をすればいいですか?』という質問に対して、

『いきなりフリーでやっても仕事をするのは難しいので事務所に入ってオーディション受けるのがいいんじゃないでしょうか。ただ事務所選びは慎重にしたほうがいいですよ。金儲け事務所も多いので。』と答えると、

『事務所ってどういうところがあるんですか?まったく知らなくて。』という返答が来たり。

最初に『ずっと俳優になりたいと思っていて・・・』と聞いていたので、正直『えっ・・・???』と思いました。

 

いや・・・まずは自分で調べなさいよと思うわけです。

全然調べないで質問してくるなんて失礼じゃないかとかそんなことじゃありません。さすがにそんなことを言うほどおじさんではありません!何が言いたいかと言いますと、

 

やりたい気持ちがあれば調べたくなるだろうと思うわけです。

居てもたってもいられなくて調べずにはいられない。そんな風になると思うんです。しかも今はいくらでもググれる時代ですから!そこで『調べてみたけどわからないなぁ。こことかどうですか?』なんて質問してくれれば、知ってる限り答えたり知り合いに聞いてみたり出来るわけですが、なぜゼロからお膳立てされようとしているかが個人的にはわからない部分でして。

 

大手事務所にスカウトされるような輝きを持ってる人たちは別ですが、

俳優の世界なんて自分から飛び込むならかなりのやる気と情熱と、好きと言う気持ちがないと絶対続かないと思います。

実際にマッハで辞めていった人たちめちゃくちゃたくさん見てきてますし。事務所とか紹介してすぐ辞められるのはさすがに嫌なんですよね。

 

悪い言い方をしますが、少しルックスのいい、まぁモテるんだろうなぁ的な見た目の男の子で軽はずみに俳優になりたいと言ってくる子が多いです。俳優と言うか芸能界に憧れているんだろうと思うのですが、なぜそこで俳優というカテゴリーになるのかがまた分からない部分なのですが、

たぶん、俳優って楽に見えるんでしょうね。

台本通りに喋ればいいんでしょぐらいに思ってる人も全然いると思います。その思いで入ってみたら、オーディションには落とされ続け、運よく現場に行けても監督や演出家から罵声を浴びせられる。そして得られるお金は最初の頃なんてもちろんわずかなわけで、そりゃ辞めちゃいますよね。

ただやる気のある、映画が好きとか舞台が好きとか、実際かなり観に行っていたり自分自身で今出来る努力をしている若い子は

めちゃくちゃ応援しますよ!!

好きでやりたくて、演じたくてどうしようもないって子は自然と応援したくなりますし。そういう子でも辞めてしまうこともいっぱいあるけど、それはそれで全然いいと思います。いろんな人生がありますから。それにお金をもらって人様に観てもらう仕事ですから、情熱や好きという気持ちがなくなってきたなら辞めた方がいいと思います。なってったって衣食住に関わる仕事では全くないわけですし。

f:id:myprivatecomedy:20181204201801j:plain



何を頑張ればいいかわからないならできる限りはアドバイスしたい

俳優って意味ない努力を頑張ってしまったり悪い大人の食い物にされてしまう事も正直ある世界です。変な所属費とかレッスン費を取られて、その費用を稼ぐために寝る間も惜しんでアルバイトしたりして、自分が頑張っていると勘違いしてそんな自分に酔ってしまい時間が過ぎていくなんてことも多々起きています。

そんな風にならないためのできるアドバイスはどんどんしていきたいですし、もっと違う方法があるよと伝えたいと思います。

もちろんレッスンが必要ないとか無意味だと言っているわけじゃなく、有意義なレッスンに参加するべきなんです。僕自身演技ワークショップには食えるようになっても通っていたので9年ぐらい同じ先生に教わっていましたし、殺陣の稽古にも参加していましたし。ただ全然破格な値段ではなかったですし、そのワークショップや殺陣の稽古のおかげで得た仕事もたくさんありました。それでももっと有意義に過ごす方法もきっとあったと思います。僕は世渡り器用な方ではなかった自覚もありますし。

売れてもない仕事もないただ長く続けてるだけの役者が講師をしている演技レッスンなんて、僕からしたら狂気の沙汰としか思えないです。受けてる人たちもよく素直に言うこと聞けるなって思ってしまいます。

会社と同じですよね。何もできない上司に何言われても心の中では素直に聞けてないんじゃないでしょうか。

せっかく夢と情熱を持ってる若い子の芽を潰すようなことは本当に無くなってほしいなと思いますし、当人たちも疑問を持つようになってほしいです。

そしてそういった相談だったら、僕で良ければいくらでも乗りたいなぁと思っています。自分で何も調べたり行動せずに、ゼロから手とり足取りお願いしますと言われも正直『微力ながらできる限り力になろう!』とは思えません。

 

最近こういった感じの相談があって書かせて頂きました。今回は楽しくない感じの記事になってしまいました、ごめんなさい(泣)

                             M&O

ハリポタ