THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

マンガ原作の映画化やドラマ化を俳優自身はどう思う?今まであった中で一番綺麗な女優さんは? M&OのQ&Aコーナーのお答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

マンガ原作の映像化に思う事

おはようございます、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーにお寄せいただいたご質問にお答えさせて頂きます。

引き続きご質問は募集していますのでよろしければどうぞ!

 

今回頂きましたご質問はdrop00dropさんから頂きました。ありがとうございます!

『最近漫画が原作の映画やドラマの実写化が多いですが、これについてはどうお考えでしょうか?あと今まで実際にお会いして一番キレイだった女優さんを教えて欲しいです』

というご質問を頂きました!

何年か前から本当に多くなったマンガ原作の実写化。個人的に思う事を書かせて頂きます。

 

最初の頃はっきり言って、

マンガ原作の映像化には否定的でした。

なんで?と思う気持ちも大きく、『ゲゲゲの鬼太郎』の映画なんて鬼太郎がウェンツ瑛士でしたし、「なんでよりによって外人やねん!」って思ってました(笑)

ただこういう明らかにエンターテインメント色の強い作品は逆に許せてしまう部分もあって、そういうものとして観れる部分はあったのです。『ゲゲゲの鬼太郎』の実写化は観てないですけど(笑)『あしたのジョー』の実写化は結構面白そうだなと思った記憶があります。伊勢谷友介さん好きだし、丹下段平香川照之さんって超面白うそうと思いました。というか『あしたのジョー』って1970年にも実写映画化されていたんですね・・・知らなかった・・・。

個人的にはどちらかと言うと、少女漫画原作の映画化が好きじゃありませんでした。僕の記憶では『僕は妹に恋をする』が最初の頃の印象に残っているのですが、正直観ていないのですが、描写しきれていない内容だったという話は耳にしていました。山下敦弘監督の『くりいむレモン』なんかはかなり頑張って映像化されていると思いますが、

表現しきれないならやらない方がいいと思います。

ただ単に『原案』という形で映画化すればいいんじゃないかなぁと思ってしまいます。

気付けばヒットする邦画って少女漫画原作の映画が非常に多くなっている感じがしてた時期があって、何の根拠もないけど「これは由々しき事態だ」と勝手に思っていました。中高生をターゲットにした映画が矢継ぎ早に製作されている感じがすごいしたんですよね。別に少女漫画原作の映画があってもいいと思うのですが、そればっかりにお客さんが入っている事態は、日本の映画のレベルが落ちるんじゃないかと思いました。だったらオリジナルでお客さんが入る映画作れよって話なのですが、オリジナルの脚本の映画が年々弱くなっている感は否めません。マンガじゃないにしても小説の映画かも非常に多いですし。

マンガ原作の映画でM&Oが最初に最高に面白いと思ったのは『デスノート』だったと思います。これは結構衝撃的に面白かったです。しかし実は僕は原作の漫画は全く読んでいません。だからなのか、それとも原作を読んでいたらもっと面白かったのかはわかりませんが、DVDもボックスですぐ買うほど好きな映画でした。大好きな藤原竜也さんだったのも大きいですが。

そして気付けば実はM&Oも原作モノの作品は4作品ほど出演しています。ただ実際に原作のキャラクターを研究したかと言えばそんなことはありません。心情的な部分しか意識していなかったです。変にそのキャラクターに捉われるほうが嫌だなと思ったのと、そこまでガッツリメインのキャラクターでもなかったですし、悲しいことに。。。

 

実際にマンガ原作の映像化がヒットしていることは多いので、それはそれで今は素晴らしいことだと思っています。良くも悪くも僕は漫画を全然読まないので、新鮮な気持ちで観れるので、イメージと違うなんてこともほぼないので。大きくない作品だと「えっ!これ原作漫画だったんだ」と後から知ることもあるぐらいなので。

それに今は映像の技術もものすごいことになっているので漫画の映像化もさらにどんどん楽しいことになってくのではないでしょうか。

時代がそうなっているのなら、「そんなのは認めん!」みたいな頑固おやじではないつもりなので、そういう作品も全然あっていいじゃないかと思います。常に賛否両論はつきまとうとは思いますが。原作のファンの方々が望んでいない場合もありますし。

あ!リアルアイムで言えばドラマの『今日から俺は!!』は少年時代に読んでいた漫画でかなりハマっていたので、ドラマは好きじゃありません。でも盛り上がっているようなのでそれはそれでいいかなと。多分原作を読んでない世代が盛り上がっている感じですよね。笑いの作りも明らかに若年層向けの笑いですし。白目とかただの変顔とかでは僕は笑えないので。。。やっぱり原作は知らない方がいいのかもしれませんね(笑)

 

今思い出しましたが、SMAPが主演した『シュート』というマンガ原作の映画は凄まじかったです。それに比べれば今はホントCG技術もすごいので漫画原作の映像化って魅力的なのかもしれません。せっかくなら非現実的な方が面白いのかなぁ。

あ、そうだ!ウシジマくんは面白かったです!もしかしたら出るかもしれないって話があったので急いで原作読んだのですが、僕は原作よりドラマ・映画の方が面白かったです。でも逆の考えの人もきっといらっしゃるから一概になんとも言えませんよね。

 

ただ一つ言いたいのは、漫画原作の映像化ばかりになるのは嫌だと思っています。オリジナル脚本の映画やドラマで「うわー!めっちゃおもしろい!」っていうのもありつつ、共存してほしいなと思います。

思えば映画の『トーキョーグール』や『ジョジョの奇妙な冒険』は観ていないので、今回のご質問をきっかけに観てみようと思いました!きっかけありがとうございます!

 

f:id:myprivatecomedy:20181204004820j:plain

一番綺麗だった女優さんは長澤まさみさん

そして今まで実際にお会いして一番綺麗だった女優さんは、

長澤まさみさんです!

ちょっとこの人は本当に次元が違うと思いました。変な言い方になっちゃいますが、

同じ人間に思えないレベルでした(笑)

顔はものすごく小さいですし、顔というか頭蓋骨がものすごく小さいですし、目は大きいですし、足は異常に長いですし、すっぴんに近いメイクでの撮影でご一緒させて頂きましたが、それでも輝きが半端じゃなかったです。

その時って僕はまだまだ全然ながらも有名な方達ともそれなりに現場でご一緒させて頂いていたので、いわゆる『芸能人』を見てももちろん特になんとも思わないというか、「テレビで観てるままだな~」ぐらいにしか思わなくなっていたのですが、長澤まさみさんは正直緊張しました(笑)綺麗すぎて。

何かの間違いで長澤まさみさんとお付き合いできるとなったとしても、お断りすると思います。そんなレベルでした。お付き合いなんかしたら多分極度の緊張を強いられ勝手に気を遣いすぎてM&Oは死にます(笑)

撮影でもNG出さないように気をつけましたもん(笑)ちなみに共演させて頂いた二人のシーンはオンエアでばっさりカットされていました・・・よくあることだけど、いろんな意味で悲しかったです(笑)

プライベートでも一番綺麗だったのは?と聞かれたら即答しているぐらい、長澤まさみさんですね。映画『マスカレードホテル』も楽しみです。

ただ僕の中では柴咲コウさんもきっととんでもなく美しいであろうと思っているので、もし僕が柴咲コウさんとお会いする機会が今まであったら、どうなっていたかわかりません。。。

お2人とも僕は特にファンではないんですけどね。しいて言えばぱるるが好きなので(笑)

 

今回のご回答はこんな感じになってしまいましたが、お答えとして大丈夫だといいのですが・・・。特に漫画のドラマ・映画化に関しては思う事を徒然なるままに書かせて頂いたので不安ではありますが。

ご質問ありがとうございました!!

引き続き頂いているご質問にお答えしていきますのでよろしくお願いします!

                                M&O

 

ハリポタ