THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優が事務所を辞める時は実際揉める事が多いのか? M&OのQ&Aのお答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優の事務所移籍に関するQ&A

おはようございます、M&Oです。

今回はM&Oにして頂いたご質問にお答えさせて頂きます。

ご質問ありがとうございます!引き続き受け付けていますので良かったらどうぞよろしくお願いします。

www.myprivatecomedy.net

 

今回はsatsumaim0さんから頂いたご質問にお答えさせて頂きます!ご質問ありがとうございます!

『所属事務所を辞める時って揉めることが多いみたいですが、ご法度なんですか?』

というご質問を頂きましたので、M&Oの実体験と知っている限りの知識でお答えさせて頂きます!

結論から言いますと、

基本的には問題ありません!

ただ色々なケースがあるのはたしかです。

M&Oは大学時代から俳優人生をスタートさせましたが、その時に初めてお世話になった芸能事務所から今まで4つの芸能事務所を渡り歩いています。

そして辞める際に揉めたかというと、揉めたことは一度もありません。しかし、辞める時に揉めないようにはどうすればいいかはしっかり考えていたつもりです。揉めないと言うかすんなり辞めるにはどうすればいいかという事ですね。

事務所を辞める理由としては、ここにいてはこれ以上は上に行けないなと痛感したときなどがありますが、他にもギャラが毎回遅れたり未払いがあったり、水面下で他の事務所に誘われたりなどいろいろなケースがあるのですが、どれが一番多いとも一言では言えません。

例えば、M&Oは経験がありませんが、所属料やレッスン料を取る芸能事務所も多々存在していて、単純に支払っているお金に見合うレッスンや仕事、オーディションがもらえないからという人もいます。そもそもこれに関しては、僕としては「うーん」となってしまうあまりいい顔をできない事務所っていうイメージなのですが。正直今も高いお金を毎月支払って芸能事務所に所属している形でレッスンを受けている人ってたくさんいると思うのですが、ほとんどの事務所はお金儲けが目的のところも多いかと思います。養成所という名前の場合もありますが。僕としては、「お!こいつはいい役者になりそうだ」「こいつは売れそうだ」と思った人にお金を払わせるわけがないと思っていまして。だって手放したくないじゃないですか、せっかく見つけたなら。お金かかるならいいですって言われたら終わりなわけですから。初期投資してでも自分の事務所に入れたいと思うと思うのです。

少し話がズレてしまいましたが、お金を払ってる分、本来はすんなり辞められると思いますし、たぶん法的にも問題ないんじゃないかと思います。そういう事務所にいて、ここにいてはダメだと思ったら逆に見込みある人なんじゃないかしらと思います。

 

M&Oは正直言い出しづらいことはありました。というか毎回言い出しづらかったです。マネージャーとは特に結構密に付き合う事になりますので、もちろん情も出ます。お互いに。でも自分としてはステップアップするためには事務所を変えた方がいいなと思ったらそうしなくてはなりません。一般の会社と同じで事務所にももちろんレベルがあって、レベルの高い事務所(いい方が正しいかはわかりませんが)に行けばオーディションの質が上がります。レベルの低い事務所にはいいオーディションの話がやはり来ないのです。そしてある程度仕事をしていくと、同じレベルの仕事をし続けていることに気付きます。自分がどうなりたいかにもよりますが、このままではいかん!となるわけです。今思えば辞めると言うまでかなり悩んだ気がします。お世話になった期間が長ければ長いほど。

でもありがたいことにM&Oは揉めたりってことはなかったです。ちょっとすんなり辞めさせてくれなそうだなって思う時は、移籍してすぐに俳優活動をするとは言いませんでしたが。でもその時は移籍先を決めない状態で辞めると言いました。

でも基本的には契約期間は全うしています。あと撮影中とか公演中とか仕事を跨いでいる時に辞めたことはありません。そういう部分を気をつけておけば、普通であれば揉めないのではないかと思います。

あ、でも一つの事務所は先々の大きい仕事も決まっている状態でしたが、「M&Oの為にもその方がいい」と言って背中を押してくれた事務所もありました。それなりのお金が事務所に入ることもわかっている状態なのに背中を押してくれて感動しましたし、感謝しています。

f:id:myprivatecomedy:20181130015133j:plain

大きい事務所は初期投資をかなりしている

ニュースで見かける事務所移籍の揉め事は大体大手と言われる事務所ですよね。そしてニュースになるくらいだからかなり売れてる俳優や女優だと思います。

これに関しては、事務所も「どうぞどうぞ」となれない理由として、

売れてない時からかなりの投資をしているからだと思います。

大手の事務所は事務所によっては住むところも用意してあげたり、美容に関することや演技の勉強などもすべて事務所が負担してくれる場合も多々あります。売り上げをまだ全然上げてない俳優に給料を払うケースもあります。そしてドラマや映画や舞台に押し込んで出演させるわけですが、もちろん関係者の接待などもあるでしょう。そしてM&Oなんかの知らない部分もあっていろいろとお金がかかっているわけです。

そしていざ売れてきました!ってなった時に、事務所を移籍したい、独立したいと言われたら、さすがに「そうか!わかった!」とはなかなかならないだろうなぁとは僕も思ってしまう部分があります。そのタレントにかけたお金が回収できているかも問題でしょうし、どれだけ稼げるかも考えていたでしょうし、せっかく育てたのだから自分の元で輝く姿をもっと見ていたいという思いもあるでしょう。

ただタレント側からしたら、自分の人生なんだから自由にさせてくれ!となるわけで、難しい問題ですよね。

なので契約がどういうものかということが重要になってくると思いますが、実際に契約に問題なく辞めたとしても、今後の仕事を妨害されるということがあるのが現実です。良くないことですが、他の業界でもあることなのかなとも思います。ビジネスマンの人でも「この業界でやっていけなくしてやるからな!」!みたいなことってあるんじゃないですか?僕は社会人経験がないのでわかりませんが。ドラマの見過ぎですかね(笑)

 

ただ、ニュースとして当たり前のことかもしれませんが、事務所の移籍などで揉めてる場合はニュースになりますが、円満に移籍している場合はニュースになりませんからね。実は売れてる有名な俳優やタレントでも移籍している人はいっぱいいます。円満に移籍しているとニュースにはならないので知られていないと思いますが。

なので実は事務所移籍は揉めてる事もあれば揉めてない事も多くあるのです。根回しとか筋を通したりとかいろいろと尽力をしているのかもしれませんが、有名な人でも移籍して出続けている人はいっぱいいます。

事務所を辞めることに関しては、揉めてしまうケースも確かにありますが、揉めてないケースも多々あるので、必ずしも揉めてしまうというわけではないと思います。揉めてしまうケースというのは上で書かせて頂いたものも一例に過ぎないと思います。

いっそのこと芸能事務所というものがなくなって、みんなフリーランスになってオーディション受けて、本当に実力のある人たちが作品に出演する形になればいいと思います。でもインターネットでいろんな人が動画でも発信できる時代になって、そうなることも全然夢ではないと思いますし、逆に今のままのパワーバランスを続ければテレビ離れはどんどん進んでいってしまうと思います。自分でショートムービー撮って出演してネットでいろんな人に観てもらえる時代、チャンスは確実に広がってきていると思います。

 

ご質問の答えは以上となります。ちゃんと答えられていたら幸いです!ちょっと話が何度かズレてしまってごめんなさい。。。

引き続き頂いたご質問にお答えしていきますので、よろしくお願いします!

                               M&O