THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『ハード・コア』あらすじ・キャスト・評価 山田孝之・佐藤健・荒川良々・松たか子出演の山下敦弘監督映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ハード・コア』概要

こんばんは、M&Oです。

今回は公開して間もない映画『ハード・コア』をさっそく観てきましたのでご紹介させて頂きます。

億男に続いて佐藤健出演作品を偶然にも最近多く観ている気がします。

原作は伝説のコミックと呼ばれている狩撫麻礼の『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』です。

予告編観て「おもしろそう!」と思っていたので映画館に足を運んできました。山下敦弘監督はいつも間違いないですし。

 

映画『ハード・コア』は2018年公開(現在公開中)の日本映画。

上映時間は124分です。

監督は山下敦弘監督。『苦役列車』『オーバーフェンス』『山田孝之のカンヌ映画祭』など。

 

出演は

権藤右近・・・山田孝之

権藤左近・・・佐藤健

牛山・・・・荒川良々

バーの女・・・松たか子

金城銀二郎・・・首くくり栲象

水沼・・・康すおん

他。

f:id:myprivatecomedy:20181128164836j:plain

映画『ハード・コア』あらすじ

不器用な男権藤右近(山田孝之)は現代社会に馴染めずに活動家に拾ってもらったことをきっかけに、その結社の手伝いとして週一回群馬の山奥で埋蔵金発掘のために穴掘りをし、月給7万円を得てボロアパートで暮らしていました。

その穴掘りに一緒に参加していた牛山(荒川良々)は上手く喋ることが出来ない心の優しい男で、右近はこの牛山には心を開き、牛山の面倒も見ていました。

右近には商社に勤めるエリートサラリマンの弟・左近(佐藤健)がおり、左近は兄の生き方を否定はせずとももちろん良くは思っていませんでしたが、右近に面倒が起きれば左近がフォローしたりもしていました。左近自身、サラリーマン生活の自分に辟易していて、社会に対して冷めた感情を持っている男でした。

 

牛山は廃墟となった工場で暮らしていました。右近もこの廃工場にはよく来ていて、牛山と共にビールを飲んだりカップラーメンを食べたりしていました。

ある夜、右近のボロアパートに泣きながら牛山が訪ねてきます。右近が要領を得ないまま廃工場に行くと、そこには一体のロボットが横たわっていました。恐る恐る右近がロボットに触ると、ロボットは立ち上がり動き出しました。

右近はこのロボットをこんな腐った社会に出してはいけないと守ることに決めます。それから牛山とロボットと三人で行動を共にするようになります。ロボットを「ロボオ」と名付け、穴掘りにも一緒に連れて行きました。ロボオはかなりの高性能でものすごい勢いで穴を掘っていきます。

ある日右近が牛山とロボオを連れて自分のアパートに戻ると、弟の左近がやってきていました。左近は親に兄の様子を見てくるように頼まれ来ていたのですが、ロボオに興味を抱きます。

左近がロボオを自分のパソコンに繋いでロボオを調べると、ロボオが恐ろしく高性能なロボットであることがわかります。左近が言うにはNASAGoogleが何百億かけて開発しようとしているロボットがここにいると右近に話します。大金が手に入ると目論む左近でしたが、右近はロボオを金儲けの道具にすることを許さず、誰にも言うなと左近に凄みます。

指示されたとおりに埋蔵金堀を進めている三人でしたが、一向に埋蔵金は見つかりません。右近はもともと半信半疑で掘っていたので埋蔵金が出てこないことに特になんの感情もありませんでした。

ある日左近がやってきて、AIについての知識を右近に話します。左近は仕事柄AIに対する知識を持っていたのです。左近は兄が埋蔵金探しをしていたのを知っていて、このロボットの性能だったら、埋蔵金の場所なんて簡単に探知できるはずだと言って、金の延べ棒の小さいものを右近に渡します。ロボオに金(きん)を認識させて、埋蔵金の場所を探し当てさせるという作戦でした。

左近の予感は当たり、ロボオはいとも簡単に埋蔵金の場所を探し当ててしまいます。本当に出てきた埋蔵金を前に驚愕する右近・左近と牛山。結社の上の人間にはもちろん内緒です。しかしこの埋蔵金をどうすればいいのかが右近にはわかりません。左近は自分に考えがあると言い、兄貴たちはこのまま誰にも言わずに今までの生活を続けてくれと話します。

埋蔵金・結社・ロボットすべてが絡み合い、右近・左近・牛山に様々なトラブルが巻き起こります。

果たして埋蔵金で大金持ちになることはできるのか。右近・左近・牛山・ロボオの運命はいかに・・・。

 

映画『ハード・コア』感想

全然混まない映画館に行って観てきたのですが、そこの映画館にしてはなかなか混んでいて、こういう映画にお客様が結構入っているの見るとなんだか嬉しくなっちゃいます。いわゆる大衆向け映画ではないと思うので。

映画の感想をまず率直に言わせて頂きますと、

面白かったです!!

重厚な空気感の中に思わず笑ってしまうところも織り混ぜられつつ、でも切ない気持ちにもなるし、ロボオが「この2人にはもう守ってくれる人がいない」と言ったシーンは目頭が熱くなりました。観て頂いたらわかるかと思います。

 

山下監督の作品はやはりハズレがない。個人的な山下監督映画=面白いの定説は今回も崩れずでした。というかかなり上位に食い込んできそうです、M&Oの山下監督映画ランキングの中で。観終った後にグッズコーナーもプラプラしていたのですが、クリアファイル買おうかなって思っちゃったほどです(笑)買わなかったですけど。でもクリアファイルの登場人物たちとロボオが並んでいる写真見てたら結構切ない気持ちになったんですよね。しっかり後遺症を残してくれた映画です。

埋蔵金の穴掘りのカットは蟻のガラスケースの観察みたいで、ひとりで笑ってしまいました。センス良いなぁ~ってしみじみ思ってしまいました。

 

今作でプロデューサーも務める山田孝之さんですが、もう毎回ですがこの人の演技には文句のつけようがありません。眼力も相変わらずすごいし、アドリブなのかセリフなのかわからないセリフ回しは本当にすごいの一言で、名優の仲間入りはすでに果たしている人だと思いますが、もはや名人の域だと思います。山田さんの芝居にはエゴがまったくないんですよね。ただ右近が生きているのを観ている感覚でした。

山田孝之さんがロボオに初めて触れた時に、胸の湯気の出ている部分を触るのですが、「熱っ!いやっ冷たっ!」って言ったシーンはめちゃくちゃ笑ってしまいました(笑)人間そういう時あるよなぁってところ突いてくる俳優は本当に上手いと思います。余談ですが中井貴一さんとかもこういう芝居超上手いです。色んな表情も見せてくれて大満足のお芝居でした。

 

荒川良々さんも持ち味をいかんなく発揮していてかなり良かったです。ただ今作では笑いを取るシーンもなく、どちらかというと観ていて切なくなるキャラクターです。山田孝之さん演じる右近が唯一心を開き守ろうとするキャラクターでなくてはならない牛山を見事に体現されています。個人的にはこういう荒川良々さんの方が好きです。すごく良かったです。牛山が全然できない俳優だったらかなりバランスやばくなっていたと思います。なので荒川良々さんの功績はとっても大きいと思います。

 

そして億男と連続で観ている佐藤健さんですが、この人こんなにいい俳優さんだったんですね。すごく動けてアクション出来る俳優っていうイメージがどうしてもあってなかなか演技に注目したことなかったんですが、正直すごく良くてびっくりすると同時にM&Oは反省しております。こりゃあ『何者』も観なきゃなぁと強く思っています。エリートでありながら世間を諦め冷めている部分を持ちながらも心にやりきれない思いは持っていて、そしてなんだかんだ兄想いの部分、様々な感情を持ちながらの演技素晴らしかったです。個人的には牛山の事をちゃんと牛山さんと呼んでいるところが特に好きでした。

 

人間って結構何かしら心に苛立ちを持っていたりするものだと思うのです。内容や事情は人それぞれで。そしてその苛立ちに折り合いをつける術を身につけて生きているところってあるんじゃないかと僕は思うのですが、その苛立ちに折り合いをつけられない人って、魅力的だったりするんですよね。全員じゃないけど。

この映画観て、信念とか大切にするものとか、そんなことも思いまして。要するに、観て良かったなぁと思える映画だったんです。

規模的にどこの映画館でもやっている映画ではなさそうですが、いつもより少し足を延ばしてでも是非観て頂きたい映画です。

映画『ハード・コア』

謎のロボットが彼らの未来を変える―不器用だけど真っ直ぐ生きる男たちの人生活劇

                                M&O

U-NEXT