THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優はなぜ生活に困ってまで役者を続けるのか?俳優のアルバイト事情 M&Oの質問コーナーのお答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ほとんどの俳優はアルバイトをしないとやっていけない現状

おはようございます、M&Oです。

今回は頂いたご質問にお答えさせて頂きます!

www.myprivatecomedy.net

引き続きご質問あれば受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!

 

さて今回のご質問は、ももはなさんから頂いたご質問です。ありがとうございます。

『なぜ生活に困っているのにいつまでも役者を続けるのか?舞台などが近づくと練習があって仕事を休むか辞めるでしょう・・・あれは職場の仲間が困るでしょう』

ご質問ありがとうございます!

それではM&Oなりにお答えさせて頂きます。

 

ハッキリ言いまして俳優一本で、つまり俳優の収入だけで生活できる人というのは、本当に少ないです。このブログでも何度か書かせてもらっていますが、M&Oは役者時代の中盤から後半はようやく食べれるようになっていましたが、特に裕福だったわけではないですし貯金なんてない生活でした。自分でも役者で生活できるようになっていたのは運が良かったと心から思いますし、いろいろなご縁があってこその俳優生活でした。

そしてもちろんアルバイトしながらの俳優活動も何年もやっていましたし、周りにはかなり役者で稼いでいる人もいれば40代でもアルバイトしながら俳優をやっている先輩もたくさんいらっしゃいました。

そんな状態でもなぜ役者を続けるのかの答えとしては、

やはり好きだからしかないと思います。

よく言われるのが、舞台などのカーテンコールで拍手をもらうとそれが忘れられなくなるから辞めれなくなるということですが、実はM&Oはそういう感覚は全然なかったです。スタンディングオベーションも何度か頂いていますが、特にそれが快感で忘れられないとかは正直まったくないです。もちろんありがたいし感謝はしていますし嬉しいのですが、それで辞めれられなくなるとかの感覚はわからないです。むしろカーテンコール好きじゃなかったですし(笑)映像作品の時はそういうのないですしね。

僕の場合は、

演じている時間が他の何している時間よりも楽しかったからやっていたんだと思います。

生きてるって感じられたのが演じている時間だったと思います。だから素の自分でトークショーとか出るのは好きじゃなかったですし、役者の仕事ではないだろうと思っていました。

好きな事をやるということはやはりものすごく大切と言うか、前回の休日についてでも書きましたが、休みがなくても全然苦じゃなかったし、努力することが当たり前すぎて苦しいという感覚もなかったです。

なので基本的にはみんな好きだからやっているんだと思います。

好きじゃないとできないです、僕自身結構な貧乏も経験していますし、恋人にも贅沢させてあげられなかったりで申し訳ないし。

あと何かに打ち込めるというのは何気にすごい幸せな事なんですよね。役者やってたことにまったく後悔はないですし、また演じる可能性も全然ありますし。

ただ生きていかなければいけないので最低限の生活費は必要になります。そこで出てくるのが今回のご質問でも頂いているアルバイト問題ですね。

f:id:myprivatecomedy:20181128000132j:plain

俳優がアルバイト先に迷惑をかけることについて

これに関してはとても大切になるのが

迷惑を掛けている自覚があるかどうか

ということだと思います。

今回のご質問は舞台の稽古などに入った際にアルバイトを休んだり辞めたりというケースでしたが、これに加えて、オーディションや撮影が急に入ることも結構あります。

M&Oはまずアルバイトの面接に行った際には、長期で休むこともあれば、突然シフトに入れなくなる可能性もありますと必ず正直に伝えていました。

それでも雇ってくれたところには感謝の気持ちが生まれます。そしてアルバイト時代に必ず心がけていたことは、

出勤している時は他のアルバイトの誰よりも頑張る

という事でした。

シフトに人が足りなかったり誰かが急に欠勤して出勤を頼まれた場合は出来る限り協力していましたし、もちろんブレないように役者として費やさなければいけない時間も確保していましたが、自分の都合で休まざるをえなくなった時に、気持ち良く送り出してもらえる環境を自分で作ることは心がけていました。

その甲斐あってか、役者やりながらのアルバイト時代はクビになったこともないですし、いつも『行ってこい!頑張れよ!』みたいな感じで送り出してもらっていました。人にも恵まれていた部分は大きいと思いますので、感謝ですね。

話がズレますが、個人的には舞台のチケットをアルバイト仲間に売りつける人はかなり迷惑だなとは思います。そういう舞台ってかなりの確率でつまらないですし。お客さんが身内だけって何のための舞台かよくわからないですし。チケットを自分で捌かなければならない舞台なども出てこなかったので、本当に恵まれていたのかもしれません。

 

話を戻しますが、俳優をやりながらアルバイトをする場合、絶対にアルバイト先には迷惑を掛けてしまうものです。迷惑を掛けているという自覚は絶対に必要だと思います。役者って自称でいくらでもなれてしまうんですよね。そして自分は役者なんでって言って役者をやっていることに酔っている人こそ、アルバイト先に迷惑かけていることに自覚がなかったりっていうケースが多い気がします。

実際に自分が人を雇うという事を想像した時に、いきなり休んだり長期で出れなくなったりする人をわざわざ雇わないですからね。そんな状況でも雇ってくれていることに感謝しなくてはいけません。

アルバイトばっかりになってフリーターでしょあなたって突っ込みたくなる自称役者もたくさんいるので、バランスは考えなければいけないと思いますが。

更に言うなら、アルバイトするなら休んでもなるべく迷惑が掛からない職種を選ぶべきです。シフトの代わりを自分で見つけられれば迷惑は掛からないですし、シフトの代わりを見つけられるかも自分の立振る舞いによるところが大きいですし。○○さんの頼みなら代わりますよ!って言われるように普段から意識しなくてはいけないと思います。周りに迷惑を掛けながら好きな事をやってるんだからそういう努力も必要だと思います。

更に言うなら、アルバイトしないで借金しながら覚悟決めて役者業に打ち込んでみるのもありです。他人から借りたらダメですよ。でもこれは責任まったく取れないのでお薦めはしませんが(笑)でも売れてる友人の役者はこのケースが結構いたりします。僕も昔はクレジットカードのお世話になってましたし。でも責任取れませんからね!もし役者の人がこれ読んで実践しても自己責任でお願いしますね(笑)

 

今回はこんな感じでお答えさせて頂きました!ご質問の答えになっていれば嬉しいです!

引き続き頂いてるご質問にお答えさせて頂きますし、お気軽に上のリンク記事からご質問もまだまだ受け付けておりますので良かったら宜しくお願いします!

 

そして、ブログを読んでくださっている人から、お問合せでM&Oがもしかしたら水嶋ヒロさんなのではないかと問合せを頂きましたが、現在はまだ名前はお出しできないので、イエスともノーともお答えできません!が、違うかな~って感じです。。。ゆくゆくは顔なども出すつもりなので。

そんなM&Oですが、皆様これからもよろしくお願いします!

                            M&O