THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

映画『千と千尋の神隠し』の空前の大ヒットの時に僕は映画館で働いていた

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

興行収入308億円のモンスター映画『千と千尋の神隠し

こんにちは、M&Oです。

今回はM&Oが映画館でアルバイトしていた時代の印象に残っている出来事を書いていきたいと思います。

 

ジブリ映画の中でもメガヒットとなった映画千と千尋の神隠し

一度も観たことないという人はかなり少ないのではないのでしょうか?M&Oももちろん好きな作品で『千と千尋の神隠し』は映画館で4回観ています。まぁ当時映画館でアルバイトしていたので無料で観れたというのもあるのですが。

ただ一応言っておきますが、M&Oが一番好きなジブリ映画は風の谷のナウシカです。これはもう何回観たかわかりません。少年M&Oはナウシカに惚れていましたから。

 

話を戻して『千と千尋の神隠し』ですが、この時の映画館でのアルバイトはやはりかなり記憶に残っていまして。

なぜなら、

信じられないぐらい混んでいたからです。

 

当時シネコンってほとんどなかったんじゃないかと思うのですが、M&Oが働いていた映画館もシネコンではなく都内にある4館の劇場を持つ映画館でした。もちろん『千と千尋の神隠し』が上映されていたのはその中で一番大きい劇場で400人以上の座席がある劇場です。

前評判からもちろん高い映画でしたが、その混み具合は想像を軽く超えてくるほどでした。

f:id:myprivatecomedy:20181124113210j:plain

朝から晩まで満席状態だった『千と千尋の神隠し

当時はネットで席を買うとかもほとんど普及していなかった時代です。チケット売り場も大混乱で、普段は売らないかなり見づらい最前列の席もお客様の了承を得て売り出している状態です。しかし実際に席に座ったお客様からクレームが入ります。「俺は見えづらいって聞いたけど、見えないじゃないか!」などです。個人の感じ方で変わりますから仕方ないことですね。見えないことはないとは思うんですが、たしかに見づらかったり・・・。

そして満席にあっという間になってしまうものだから、入れなかったお客様は次回にまわるわけですが結果朝から晩までずっと満席状態が続きます。

そしてエレーベーターでしか上がれない映画館の場合、そして待機するロビーがそんなに人数を収容できない場合、

かなりマズイことになります。

パニックですパニック。

狭いロビーに次回の上映を待つ人達が溢れ、しかもその中を観終った400人が出てくるわけです。

いかんですよ~これは。

そんなに混雑した場合の導線を取れるスペースは明らかに計算されていない設計です。普段は映画館のスタッフしか使わない裏の階段を開けて観終ったお客様はそこから帰って頂いたり。とは言っても8階とか6階ですからね。結構な階段の距離を降りて頂くわけです。

ちゃんと全員のチケットがもぎれているかも不安です。最悪指定席で満席だからもぎれ忘れがあってもタダ見はできないはずですが。。。

 

そして忘れがちですが、

何気に大変なのがコンセッション(売店)です。

めちゃくちゃ並ぶわけですが、レジも全部開けてパンパンにアルバイトを動員しても、どうやってもまわらない混み具合です。長蛇の列です。蛇という例えでは足りないぐらいの列です。そして問題は上映開始までにその列を捌かなければならないということです。ギリギリに来場しているわけではないお客様が、売店が混んでいるという理由で映画に間に合わないなんて事態は避けなければなりません。

上映を遅らせればいいのではないか?と思われるかもしれませんが、ところてん式に次の上映時間もズレてしまうわけなので得策ではありません。でも遅らせたことあった気がします。たぶんどうにもならなかったのでしょう。

ポップコーンもストック作ってたはずなのにいくら作っても間に合ってなかったのを覚えています。朝から晩までポップコーンをはじき続けていたアルバイトもいましたし(笑)キリがないじゃないですか!って絶叫してたのを覚えています。残業し放題だった気がします。むしろありがたがられるみたいな。

懐かしいなぁ。。。

 

もちろん映画が好きで働いていたし、映画館も大好きだから、

いくら混んでも楽しかったんですよね。

単純に社員もアルバイトも一生懸命頑張ってて、ピリピリしたり誰かがイライラしてたりって全然なかった気がします。

そして今思えば、その空前の大ヒットを体感できたこと、目撃できたことってとっても良かったなぁって思うのです。

当時はハリウッド映画もそれなりに満席になっていた時代だったけど、ここまで混むことって本当になかったですから。

時給とかはさすがに変わらなかったですが、たしかアルバイトにも大入り袋が出たんじゃなかったかなぁ。たしかですが。

今はネットでチケット買うのが主流になって、自動券売機の導入でチケット売り場のスタッフも減って、チケット買うのに長蛇の列って昔ほどはないと思うし、便利になって素晴らしいと思いますし人件費の面でも企業的にはいいと思うのですが、昭和の生まれのM&Oとしては少し寂しくもあり。でも実際自分が並んでたらイライラするかもしれないから、やっぱり効率はいいほうがいいですよね。

でも売店の列問題はいまだに解消されてない気がします。でも次第に対応するのは人間じゃなくなるんでしょう。まだ時間はかかると思いますが。

 

そんな思い出に浸ったので、久しぶりに『千と千尋の神隠し』を観ようと思います。

あ、でもやっぱりナウシカ観たいなぁ~。

                             M&O

U-NEXT