THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

ドラマ『今日から俺は!!』って80年代が舞台になってたの!?話は原作に忠実でビジュアルも頑張っている印象

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ドラマ『今日から俺は!!』原作には忠実?時代は90年代では厳しかったのか

こんばんは、M&Oです。

やっと観てます、ドラマ『今日から俺は!!』。

ネットではすごく評判いいみたいですね!面白いとかハマってるなんてネットの評判をよく目にします。

 

ちょっと期待できない的な記事を書いていたM&Oですが、

www.myprivatecomedy.net

ネットの評判が真実だとすれば多くの人が楽しんでいるということですから、それはとっても良いことですね!!

 

M&Oとしてもなるべく色眼鏡なしで観なくてはと思い観てみたわけですが、

まず・・・

福田雄一さんの笑いがやっぱりM&Oにはなかなかわからないです。

楽しめた方が楽しい気持ちになるわけですから、せっかくドラマを観るんだから楽しみたいのですが、変顔とか変な動きがM&Oのまったくツボじゃないのか全然面白いと思えないです。でも世間では面白いと評判のようなので、きっとM&Oが今の時代とズレているのでしょう・・・。否定はしません、がガッと真面目に演じていた方が笑いも活きる気がしないでもないです。賀来賢人くんとか普通にお芝居上手いと思うのでもっと違う面白さもたくさん出せる人だと思うので。

 

佐藤二郎さんとムロツヨシさんの二人の芝居のくだりも申し訳ないですけど

全然面白いと思えないです。。。

ムロツヨシさんの金八先生の風貌とか小中学生向けの笑いにしか思えないです。もしかして原作にいたらごめんなさいですけど。記憶にはないです。

きっと福田組の現場では大きな笑いが起きて盛り上がっているのでしょうが、アドリブ満載でやっているのでしょうが、どうやらこの面白さがわからない人にはずっとわからないようです。

吉田鋼太郎さんのほうがよっぽど面白いと感じています。

 

若手俳優たちは一生懸命頑張っていると思いますし、特に嫌な気持ちになることもなく観れています。しかしですね、M&Oは原作コミックをリアルタイムで読んでいた世代です。いろいろとなぜここをもっと頑張らなかったのだろうという点はどうしてもありまして・・・。

f:id:myprivatecomedy:20181113185100j:plain

演技が頑張っている役者陣。でも原作に沿ったキャスティングはもっとできたはず

三橋・伊藤をはじめ髪型や短ランに長ランと再現いい感じだと思いますし、他の主要キャラクターも智司や相良や今井・谷川と頑張っていて素晴らしいと思います。

しかしですね、キャスティングをもっと頑張ってほしかったです。決して今演じている役者がダメとかではないんです。そいう意味ではなくてですね、ビジュアル的にもっと思い切って欲しかったなと思うのです。まぁ事務所関連の力関係もあるんでしょうけど。

三橋・伊藤は髪型含めかなりいいんじゃないかと思います。三橋はかなり原作の再現度高いビジュアルだと思いますし、伊藤も原作通りにしたらどうしてもあんな前髪になってしまうでしょう。充分いい感じだと思います。伊藤健太郎くんもいい感じですし。

しかしですね、2人以外はもう一つなんです。

まず

紅高の今井が小さすぎるんです。

今井は大男で馬鹿力の持ち主ですから!

そしてそれと連鎖するように

谷川も普通すぎるんです。

谷川はもっと見るからに弱そうで痩せてる感が欲しいです。

体格などが今井と谷川がほぼ同じって結構ありえないことです。

余談ですが、今井の母ちゃんは超怖いです。

 

そして開久の智司ですが、この役は他のキャストよりもっと年上の人をキャスティングしてほしかったですね。

原作でかなり老けてる設定だし、見た目からしてめちゃくちゃ怖いっていうキャラクターですから。

なってったって開久の番長ですからね。

顔面凶器と言われる小沢仁志さんぐらいのインパクトが必要な役です。ガタイもいい役なのでガタイ良く見せるために制服の下に何か入れてるのかなって感じでしたが、そもそも智司はイケメンである必要はまったくないのです。

 

相良も髪型が意外と中途半端で、なぜ主役の2人みたいに完コピを目指さなかったのかが疑問です。

そして相良の狂犬ぶりを表現できているかと言えば、正直全くできてないと思います。

スキル的にもかなり厳しいと思いますし、元々キャスティングに無理があったと思います。もっと蛇みたいなイメージと言うか・・・原作で最後に三橋に立ちはだかりますから。メイクの力ももっと借りていいのではと思います。伊崎兄弟のどっちかとかやってたらかなりハマってたんじゃないでしょうか。

 

大人チームはもうなんかよくわからないのであんまり触れません(笑)原作に寄せるつもりなさそうですし。それはそれでいいんじゃないかと思います。三橋の母ちゃんはもっと面白いんですけどね。

 

そして前回で言えば中村倫也さんが素晴らしかったです。

原作でもあった話でしたが、しっかり思い出しましたもん。それぐらい役もお芝居も素晴らしかったです。断トツ上手かったし一人で持っていっちゃってました。お仕事たくさんあるのも頷けます。

最後三橋に吹っ飛ばされて飛ぶシーンとかは「あ~いいな~」と思いました。ああいうのはとっても好きです。

 

そしてこれも触れなければなりませんが・・・

ぱるるはゲスト出演じゃなくて友情出演だろ!と思いました。

え~これ後半どんな感じで絡んでくるんだろう?って思ってたら、

出てこないし!!

監督と仲良いみたいだから出演したのかな。さすがにもうちょっと出番作らなきゃだめでしょう。バーターで出た新人女優の出番ですよ。

※バーターとはメインクラスの役者と同じ事務所の新人が事務所の力をふんだんに使って出演することです。他にも様々なケースがあります。日本の芸能界のダメな部分の象徴です。

 

そして最後に触れたいのは時代設定です。

ドラマは80年代なんですね。原作は普通に90年代だったと思うのだけれども。オープニングも80年代テイストを出してる感じだし。でもなんでだろう。ヤンキーと言えばやっぱり80年代にした方が受け入れやすいし作りやすいんですかね?今の若い子からしたら短ラン長ランボンタンとかって馴染みないだろうから、80年代だろうと90年代だろうと変わらず未知なものな気がしないでもないですが。

しかし、

なんだかんだでドラマも人気な様なので、何よりです!これを機に原作マンガを読む人も増えたら嬉しいです。M&Oはとても面白いと思う原作だし大好きなマンガなので!

                                M&O

日テレドラマ