THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『キサラギ』あらすじ・キャスト・評価 芸達者の俳優陣に優れた脚本の隠れた名作 小栗旬・香川照之・ユースケサンタマリア出演映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『キサラギ』概要

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『キサラギ』です。

この作品は映画館で最初動員が少なかったんです。口コミで評判が広まり段々と動員を伸ばしていった、まさにあるべき姿で評価された作品なのです。テレビCMとか当時観た記憶がありませんし。最初に言っておきますが、

かなり面白いです、この映画。

 

映画『キサラギ』は2007年に公開された日本映画です。

上映時間は108分。

 

監督は佐藤祐市監督。『ストロベリーナイト』や最近では『累』が公開されています。

元々はテレビの人ですね。ドラマ沢山撮ってるみたいです。

 

出演は

家元・・・小栗旬

オダユージ・・・ユースケ・サンタマリア

スネーク・・・小出恵介

安男・・・塚地武雄

いちご娘・・・香川照之

如月ミキ・・・酒井香奈子

司会者・・・宍戸錠

 

f:id:myprivatecomedy:20181111205017j:plain

 

映画『キサラギ』あらすじ

2007年2月4日はアイドル如月ミキ(酒井香奈子)の一周忌。この一周忌の日に如月ミキのファンが集まることになっていました。如月ミキは決して売れていて有名なアイドルではありませんでしたが、応援していたファンはもちろんいてネットの掲示板で繋がっていました。一周忌の今日はその掲示板に集まる如月ミキファンが初めて集う日なのです。

主催はハンドルネーム家元(小栗旬)を名乗る男です。一つの部屋を貸し切り、部屋の飾りつけを張り切る家元。部屋には5人の如月ミキファンが集う予定です。

最初に部屋にやってきたのは安男(塚地武雄)でした。いかにも田舎者といった風貌で現れた安男は丁寧に訛りに気をつけながら家元に挨拶します。直接会うのはもちろん初めてです。対面を喜ぶ家元でしたが、安男は今日の為に作ってきたアップルパイを立ちっ寄ったコンビニに忘れてきたと焦ります。安男は急いでアップルパイを取りにコンビニに戻りました。

 

続いてやってきたのはスネーク(小出恵介)です。

そしてスネークの後にやってきたのはオダユージ(ユースケ・サンタマリア)でした。もちろん本名ではないためオダユージは本名を名乗ろうとしましたが家元に止められます。みんなハンドルネームでやりとりしてきたんだからハンドルネームで通しましょうと家元はオダユージを諭します。

如月ミキの一周忌ということで、スネークとオダユージはきちんと喪服を着ていました。普段着の家元を見て、不謹慎じゃないか?と意見します。家元は喪服も持ってきていたので急いで着替えます。ポップな飾りつけも急いで片付ける家元。

そしてそこへ一人の中年の男がやってきます。男はモノを言わず一同は困惑しますが、家元がもしかして部屋を貸してくれている大家さんではないかと推測し、男はそのまま大家さんとしてその場に滞在します。

そこへコンビニに忘れたアップルパイを手に安男が戻ってきます。安男はしっかり喪服を着ている一に驚き、そして初対面の時に普段着だった家元までもが喪服に着替えていることに驚愕し、自分も着替えてくると言いだしますが、片道6時間かけて田舎から来ているため、オダユージもそのままでいいと言い。安男は普段着のまま参加することになります。しかし安男は明らかに落ち込んでしまいます。

そこへさっきまで大家さんと思っていた中年男が喪服に着替えて現れます。全員は何が何だかわからない状態でしたが、実は中年男はハンドルネームいちご娘(香川照之)で、今日の会合の出席予定者だったのです。

ハンドルネームから女性だと想像していたメンバーは面喰いますが、とにかく如月ミキの一周忌の集いはスタートします。

5人の自己紹介から会はスタートしますが、明らかにテンションの低い普段着の安男。安男は耐え切れず、喪服を買ってくると言いだします。周りは制止しますが、安男は「喪服を着れば盛り上がれるんです!!」と叫び、喪服を買いに飛び出してしまいます。

 

家元の如月ミキコレクションの自慢から始まり会は盛り上がっていきます。家元は200通ものファンレターを出している熱烈な如月ミキファンでした。スネークのコレクションとのトレードが成立したりと会はファンの集いらしくなっていきます。

そして会話は、如月ミキの写真に写り込んでいた如月ミキのマネージャーだった肥満の男デブッチャーの話になります。みんなデブッチャーにいい思い出がないようで悪口を言いますが、オダユージだけはなぜかデブッチャーを庇う発言をします。

ファンの中ではデブッチャーが如月ミキにヌード写真集を出させようとしたから如月ミキは自殺したのではないかと思われていました。実際如月ミキの自殺の真相は謎のままでした。

 

するとオダユージが「如月ミキは自殺じゃない。何者かに殺されたんだ。」と言い出します。空気が変わる室内。

そこへ喪服を着た安男が帰ってきますが、もちろん会話についていけません。安男は放置され、スネークと家元はどういうことだとオダユージに詰め寄ります。

如月ミキの死の経緯は「やっぱりだめみたい。私もう疲れた。いろいろありがとう。じゃあね。」というメッセージをマネージャーの留守電に残し、部屋中に油をまいてライターで火をつけ自殺を図り帰らぬ人となったのでした。

オダユージは如月ミキが他人に迷惑をかける死に方をするとは思えないと言い、しかもストーカー被害に遭っていたことを話します。

家元はオダユージの情報源を疑います。オダユージはデブッチャーから直接聞いたと話します。しかし家元がここで反論します。ストーカー被害なんて事実はなかったと。そして家元は自分の職業を明かします。家元はなんと警視庁の総務部に勤務する警察官だったのです。しかも父親は警視総監という一見エリートですが、実は職場でいじめに遭っていました。

オダユージは警察が責任逃れで事件を隠ぺいしたと言い張り、家元はデブッチャーが保身のためにストーカー話をでっち上げているんじゃないかと言い張り、二人は激しく口論になります。

 

しかし物語はまだまだ序章で、実は如月ミキのファンとして集まったこのメンバーはそれそれが如月ミキとの関係を隠していました。

次々と明かされる如月ミキとのそれぞれの関係性。

そして少しづつ紐解かれていく如月ミキの死の真相。

本当に如月ミキは自殺したのか?それとも誰かに殺されたのか?

そしてそれぞれの如月ミキとの関係とは・・・

予想を超える展開に目が離せません。

 

これぞ役者と思わせてくれる俳優陣のエネルギーと秀逸な脚本に拍手

この映画はネタバレせずに観て頂いた方がいいと思いますので、あらすじも結末まではあえて書いておりません。

非常にスリリングな展開と演出で楽しませてくれるのですが、その中にしっかりコメディ要素も入っておりますので、ところどころ爆笑もできて、とってもエンターテインメントな映画になっています。

観ている人も多いかもしれませんが、観てない人には是非観て欲しい作品です。

 

基本的に5人の密室での会話劇となっていて、下手な役者がやるととんでもなく失敗映画になっていたであろう作品ですが、そこは芸達者な5人の俳優がこれでもかと楽しませてくれる作品になっていますのでご安心を。

 

とにかくめちゃくちゃ過酷な撮影だったようで、香川照之さんの本で読みましたが、本当に大変だったようです。

5人そろっている密室での話なので、撮影で出番がない時が全然なかったそうです。

誰かの一人のシーンとかなら普通はその間他のキャストは休みなわけですが、そういう時間が全然ないわけですね(笑)長時間出ずっぱりというわけです。しかも全員。唯一出たり入ったりする塚地さんだけ少々休みがあったのではないでしょうか(笑)

しかも完全に会話劇なのでもちろんセリフ量も膨大で、体力的にもかなりきつかったとか。

オタ芸ダンスを全員で激しく踊るシーンがあるのですが、香川照之さんの顔がかなりヤバいことになっています(笑)

撮影のハードさを物語っていますので是非注目して観て欲しいです(笑)

 

ストーリーもかなり「えー!!」と思わせてくれる展開で、きっと楽しめるんじゃないかと思います。そして普通にいい映画ですので、ホントにまだ観たことない人は是非観て欲しいです。

評判が評判が呼んでお客さんが増えていった映画なので、間違いない映画と言えるでしょう。もっと有名でいいと思うんだけどな。でも舞台化されたり脚本はしっかり評価されているみたいでよかったです。

あえて触れていませんが、出演俳優が一名残念なことになっていますが、映画には何の罪もありませんので。そこは何の感情も持たずに映画を楽しんで頂ければと思います。

 

しかし香川照之さんとユースケ・サンタマリアさんってコメディセンス本当に抜群だなぁと思い知らされます。イコールお芝居が上手いってことなんですけどね。

 

笑って泣けて最後は清々しい気持ちになれる映画です!お薦めです!

 

映画『キサラギ

自殺したアイドル、如月ミキの一周忌。男、5人。この部屋で事件は起こる

                             M&O

hulu