THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

ドラマ『リーガルV』ぱるる(島崎遥香)ゲスト出演だから観たけど・・・このドラマやばくないですか?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

興味なかったから観てなかったんですが、ぱるるが出るという事で観てみたけど。

こんばんは、M&Oです。

このブログを以前から読んで頂いている人たちは、

「あれ?M&Oぱるるがドラマに出てるのになにも書かないのかな?」

ぱるる好きを公言してるのに実はぱるる情報全然知らないのかな?口だけ?」

なんて思われる方もいらっしゃったかもしれません。

声を大にして言わせてもらいます。

しっかり録画してますから!!

Twitterもフォローしていますし。

ただ『リーガルV』今回のぱるるのゲストの回は一週間オンエアが延期されていたのですが、それを知らずに帰宅して録画チェックしたら録画されてなくて、温厚なM&Oも

「ざっけんなよ!!!」

と声を出してしまいましたが、延期になったと知って胸を撫でおろしました。

 

そして先日無事に『リーガルV』を鑑賞したのですが、正直言って元々まったく観てないし興味もなかったんです。米倉涼子さんの『ドクターX』は最初から全部観ていたのですが、『リーガルV』は興味を持てなくて・・・。そしてぱるるのゲスト出演が発表されたのでこの回だけ録画しよ~となったわけです。で、面白かったら継続して観てみようかなと。

 

まずですね、ドラマ自体の感想を書かせて頂きます。

 

えっ?超つまらないんですけど!!(笑)

ちょっとさすがに脚本がひどすぎやしないかと思わずにいられませんでした。

弁護士モノで真実はどうなんだ的な話なのになんの伏線もなければひねりもないというか。お粗末と言わざるをえない感想です。

ただM&Oはぱるるがゲストの回しか観ていないので、たまたまつまらない回だったのかもしれませんが・・・次回も観ようとは正直思いませんでしたね。。。

竜雷太さんってこういう役ホント多いな~って思ったぐらいです。

ハマってて素晴らしいと思います。

米倉涼子さんもたいして活躍しないし、高橋英樹さんはさすがって感じで良かったけど、勝村政信さんはもっともっとおもしろい役者なのにもったいない使われ方だし、三浦翔平はいつまでこういう役なんだろう、いい歳だろうになんて思ったり。菜々緒さんと向井理さんは普通の役者が普通に演じているって感じで面白みゼロだし。お二人ともスキルある役者じゃないから仕方ないけど。菜々緒さんが裁判中にこれ見よがしに上着脱ぐのとかすごく寒かったです。

林遣都くんは良かったです。やっぱ上手いな~って思いました。そして絶対性格いいと思いますこの人。演技に出ているというか。

 

ドラマ自体の世間の評価は知らないけど、いい評価なのかしら?

楽しみに観ている人ももちろんいらっしゃると思います。一話しか観てないのにごめんなさい。

f:id:myprivatecomedy:20181110194602j:image

ぱるるの演技はどうだったかと言いますと・・・

この記事は委託されて書いているものではないので、もちろんM&Oの公私混同であることが大前提なわけですが、M&Oがぱるる好きということを踏まえつつお読み頂ければ幸いです。

ちなみにぱるる関連の過去の記事はこちら

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

まだあるけどこれぐらいにします(笑)

 

さて、ドラマ『リーガルV』でのぱるること島崎遥香さんですが、率直な感想としましては

頑張っていたと思います!

と言いますのも、

ちょっと役が合ってないのでキャスティングに無理があったのではというのが正直な感想です。

事務所の関係とかで出演したのかな、他に出どころがなくてこの役になったのかなとか考えてしまうくらい、ぱるるが演じるのはなかなかに厳しい役だったかなと思います。

そもそもぱるるが演じたホステスは何歳の設定だったのだろうか?

実年齢もそうですが、ぱるるは見た目的にも大人っぽい方ではないので演技がどうこう以前にかなり厳しい役柄だったように思えます。

 

そして演技に関しましては、推測に過ぎませんが、普段の自分よりも大人の女性を演じるという事にかなり引っ張られてしまっていた印象です。自分のなかでホステスのイメージがあって、それに近づこう近づこうという感じのお芝居に見えました。よくドラマで見かけるホステス像に引っ張られているなぁと思いました。

ただM&Oが驚いたのは、ぱるるのセリフの言い回しが、いたって普通ではなく何かしらキャラクターの癖を出そうとしていた事でした。俳優は文字で書かれているセリフを音にするわけですが、もちろん感情で何も計算なく喋るのが一番良いわけですが、たいして感情のないセリフなんかはいたって普通に喋ってしまうものです。別に悪いことではないのですが。向井理なんかはいい例で、だから芝居も退屈です。

 

ぱるるは監督の演出なのか自分発信なのかはわかりませんが、そのへんの工夫と努力は見えたので素晴らしいなと思いました。Twitterではぱるるの演技に対して良くない評価も見受けられますが、もちろん個人個人の感想なので全然いいと思いますが、

下手に見えるのと下手はまったくの別物なんです。

少し癖のある役者なんかは下手に見られがちです。そして当たり障りない演技をする人は上手いとも思われないけど下手にももちろん思われないわけですが、実は消えていくのは下手に見えない当たり障りのない役者なんですよね。

 

今回の『リーガルV』のぱるるで気になったのは、セリフのスピードがぱるる浮いていた事でした。周りよりもテンポが遅く下手に見える要因の一つだったのかもしれません。でも、

そういう人って周りにいません??

だからM&Oは正直全然ありだと思いますし、貫いてほしいなと思います。ただ単にみんな同じようなテンポで喋るのを観ることに慣れてしまっているせいで違和感を覚えるだけで、実際には絶対そういう人はいるんです。特に今回のぱるるの役ではありなことです。嘘ついている役ですし。

 

ただ最後の泣きのシーンはまばたき我慢して涙出したかなぁとは正直思いました。まばたき全然しないでまぶたがちょっとピクピク痙攣してたし。涙がどうしても欲しいっていう演出だったのでしょう。ああいうシーンって全くの無表情とかの方が逆にグッときたりするんですけどね。まあでも泣くのって一番わかりやすいからドラマでは監督が安易にその演出チョイスしますよね。

 

おいおい、ぱるるの事かばいすぎだろ!と思われるかもしれない今回の記事ですが、一応フラットな気持ちで書いたつもりです(笑)

まだまだ女優として伸びしろガールなぱるるですから、いい役と監督に恵まれて更に飛躍してほしいと心から思います。華はしっかりありますから!

                          M&O

U-NEXT