THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

『石の上にも三年』は社会でも俳優の世界ではありえない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

日本人が居心地良くなる『石の上にも三年』

こんにちは、M&Oです。

突然ですが、『石の上にも三年』ということわざをご存知でしょうか?

たぶん世代関係なく知らない人はほとんどいないのではないかと思います。

 

そしてこの『石の上にも三年』ということわざは、漠然と良いイメージだったり、魅力的に感じていない場所にいる自分自身を納得させたり、上の立場の人間が辞めようとする部下を説得をする時にも使われたり、

今は辛いかもしれないけど、とりあえず3年はやってみなさい

というなんの根拠もないのに、やたら浸透していることわざだと思います。

 

まず3年ってどこから来るのでしょう⁇

3年って中学とか高校ぐらいしかないし、大学なんて4年だし短大なんて2年だし、専門学校も2年のところが多いし。

 

もちろん会社に入って3年もやったら業務にも慣れるでしょうし、3年やって全然出来ないままならその仕事は向いてないという結論も出しやすいかもしれません。

ただ、

3年も要りますか?

僕はちょっと長いのではないのだろうかと思ってしまいます。

入って1週間とか2週間ですぐに辞めてしまうのは確かにこれから仕事や職場が楽しくなる可能性があるのにもったいないかなと思いますが、

いくらなんでも3年は長いでしょう

M&Oとしては、人生一回なのに時間がもったいないと思ってしまいます。

 

それにもう『石』って言っちゃってますからね。苦しみとか辛さとかに3年は耐えてみなさいよって事ですよね。

そんなの嫌です…。

何にも楽しめてない状態で3年も過ごすなんて想像しただけでクラクラしてきます。

その職種に対してポジティブな感情があればもちろん会社で長く勤める事によって出世したり新しい仕事任されたりで楽しい事たくさんあると思いますし、是非続けるべきだと思います。ポジティブな感情を持ってる人は『石』の上に座ってるなんて思いませんし。

 

でも視点を変えると、『石の上にも三年』ってある意味楽な方法を取っているとも考えられます。新しい場所に飛び込んだり、自分自身と向き合う事をしないで済んだり、環境の変化に戸惑ったりしないで済むわけですから。

実は楽で居心地の良い選択をしているとも言えると思います。どうしてもここを辞めてあの仕事がしたい!とか、誘われている会社の仕事面白そうって事であれば、本気だったり想いが強ければ『石の上にも三年』なんて言葉は頭に全くないと思いますし。

そういった意味では『石の上にも三年』という言葉は

現状維持をする為の言い訳

にも使えてしまうわけですね。

f:id:myprivatecomedy:20181020090550p:image

俳優の世界でもはびこる『石の上にも三年』思考

このことわざは俳優の世界でも頭にある人が意外と多くて、頭になくても結果的に同じ事をやっている人が多くいます。

 

下積み=当たり前

貧乏=当たり前

っていう全く必要ない思考がこびり付いている若い俳優志望がたくさん存在します。

もちろん下積みや貧乏時代を経て、花開いた俳優もたくさんいます。

でもたいした下積みや貧乏時代を経験しないで花開いた俳優もたくさんいます。

ただ単に下積みや貧乏時代がある方がインパクトがあるし、エピソードも面白く語られるので記憶に残っているるだけだと思います。

そしてなぜか下積みや貧乏時代がずっと続いて俳優を諦めた人の存在はなかった事にしている人が多いです。そういった人の方が圧倒的に多いのに。

 

そして『石の上にも三年』に関して言えば、

俳優の場合は3年どころじゃない人が数多く存在するわけです。

3年以内に全国的な知名度を得る俳優は本当に全然いないんじゃないかなと思います。

なので、いわゆる頭角を表すようになるにはそれなりの年月はかかるのは仕方ない事だと思います。芸事ですし。

 

ただ問題は、

俳優として意味のある環境にいるか?

という事です。

芸能界は夢を持った若者でお金儲けをしている人達もたくさんいます。

高いレッスン費を払って養成所に入ったり、オーディションや仕事もないのにやたら制約だけは多い名もない小さい事務所に入り俳優と関係のないアルバイトだけして何年も過ごしたり、明らかにつまらない何年経っても劇団員の身内しかお客さんがいないような小劇団に入って何年も過ごしたり、

当たり前ですが、そんな『石』に意味はないです。

しかもそんな意味のない石の上に3年どころかもっと長い年数を費やす俳優がたくさんいます。

その状態で疑問や葛藤が生まれない事自体がなかなか問題だと思うのですが、

変な忍耐力を発揮するよりも環境を変えるためにもがいた方がよっぽどいいです。

よくあの頃はひどかった、でもあの頃があるから今があるんだよな的な事も聞きますが、

いやいや、もしかしたらもっといい時間過ごせてたかもしれないじゃん!もっと質のいい経験出来てたかもしれないじゃん!と思ってしまいます。

 

もちろん何をやっても結果的にそう思ってしまうかもしれないけれど、もがいてより上を目指していたらその時その時の最善の場所に行けるんじゃないかと思うのです。

 

『石の上にも三年』はあくまでケースバイケースで、鵜呑みにしてはいけないなぁしみじみ思った土曜の朝でした(笑)

                                       M&O