THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

『白い巨塔』財前が岡田准一?岡田准一の俳優としての退屈さ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

とにかくハマった名作『白い巨塔

こんにちは、M&Oです。

白い巨塔』が再びドラマ化されるみたいですね。スペシャルドラマのようです。

これまで田宮二郎さんや唐沢寿明さんが演じてきた財前五郎を、V6の岡田准一さんが演じるという事です。

 

M&Oはもちろん田宮二郎さんの映画も観ていますし、唐沢寿明さんのドラマ版も観ています。

そして唐沢寿明さんのドラマ版に関しては、

恐ろしい程ハマりました。

ドラマの中のセリフもかなり覚えてしまっているぐらい、繰り返し観ていました。本当に面白いんですよね〜!

話しももちろん最高に面白いのですが、ドラマ版は俳優陣のキャスティングが本当に素晴らしくて。伊武雅人さんや西田敏明さんや石坂浩二さんはじめ演者の皆さん、大人のずる賢さとかドロドロしたところを本当に魅力的に演じてくれていまして。木村多江さんのすごさを知ったのもこのドラマでした。

その代わり伊藤英明さんの大根さがかなり露呈してしまっていましたが。でもまだキャリアもそんなにない頃ですし、きっと事務所パワーで出演したのでしょう。

 

そんな中でもやはり一際輝きを放っていたのは、

唐沢寿明さんでした。

役柄的にそうでなければいけないんですが、M&Oとしては本当にTHE財前五郎なのです。憧れを持ってしまうぐらいカッコいいです。演技的にもものすごく好きなんです。観る者を飽きさせないんですよね、笑わせるとかではなくて面白いんです。

唐沢寿明さん、本当に上手い役者さんですよね。

久しぶりに見返そうかな。すごく観たくなってきてしまいました(笑)

特に役者志望の人は観たほうが絶対にいいドラマです!

間違いなく勉強になります。

 

そんなわけで僕の『白い巨塔』は完全にこのドラマのイメージなのです。

 

しかし、また新たにスペシャルドラマをやるというではないですか。

しかも主演、財前五郎を演じるのはV6の岡田准一さん。

 

いい機会なので岡田准一さんについて書かせて頂きます。

f:id:myprivatecomedy:20181018173544j:image

アイドルではなく俳優としての岡田准一

このブログでも何度か書かせて頂いていますが、M&OはV6が好きです。男性では珍しいぐらい好きです。

特に森田剛くんのファンですが、もちろんメンバー全員好きです。

岡田准一さんももちろん好きですが、アイドルというのを一切抜きにして役者として見た時の印象を書きたいと思います。

岡田准一さん、役者としてものすごく評価されていますよね。ジャニーズの中では二宮和也さんか岡田准一さんかぐらいの評価の高さだと思います。

M&Oももちろん岡田准一さんは下手だとは全然思いませんし、きっといい役者なのだと思います。

 

ただ、

岡田准一が出ているから観たいとは正直思いません。

 

想像がついてしまうんです。

今回の『白い巨塔』に関しても、悪くない芝居はきっとされると思うんです。むしろいい芝居をされるのではないでしょうか。

ただ観ていてワクワクはしないんです、岡田准一さんの芝居って。

あくまでM&Oの個人的な意見です。

もしもストーリーがつまらない映画に岡田准一さんが出たら、結構厳しいんじゃないかなと思ってしまいます。

芝居だけでは楽しませてもらえないという印象です。もちろん華もあっていい役者さんだとは思うのですが。

すごくキツイ言い方をすると

退屈な感じです。

いい意味での期待の裏切りがないと言いますか…。

同じV6の中で言えば、森田剛さんの方が惹きつけられるし芝居も面白いと思います。これは個人的に森田剛さんのファンという事を抜きにしても。

正統派な芝居は岡田准一さんは素晴らしいと思うのですが、それだけという印象なんです。型にハマっているといいますか…。

決して嫌いな俳優なわけではないのです。

この前映画館で予告を観た『来る』ってホラー映画は面白そうなので観ると思いますが。1人じゃ絶対観れないですけどね!

もちろん超男前だし、役者としても素晴らしいのですが、観る側としてはもう一つ何か加わるといいなと思う役者なのです。

白い巨塔』でいい意味で期待を裏切ってくれることを期待したいと思います。

 

個人的には木村大作さんとはもう離れて欲しいなぁと思います。

                                                            M&O

 

U-NEXT