THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

ドラマ『SUITS』主演の織田裕二の真面目キャラはなぜ古くさい

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

元祖トレンディ俳優・織田裕二

こんにちは、M&Oです。

今回は織田裕二さんについて書いていきたいと思います。

M&Oが物心ついた頃から様々なドラマや映画で観てきた織田裕二さん。もちろん好きなドラマも映画もたくさんあります。

個人的には特に好きなのはやはり

踊る大捜査線シリーズ』

です。

とにかく面白くて感動してって感じで夢中になって観てました。

香取慎吾さんと共演していた

『恋はあせらず』

っていうドラマも好きでした。あんまり有名じゃないかな(笑)

 

僕は役者時代にご一緒する機会が一回もなかったのですが、友人で共演した役者はいて、やはり相当にカッコいいと聞いていました。

そしてこれは皆さんご存知というかよく知られていることだと思いますが、

織田裕二さんといえばストイック

とよく言われていますね。

その追求心からか共演者との不仲なども時たま噂されている織田裕二さんですが、M&Oとしてはそういった噂は根も葉もない事も数多くあると思いますので、

あくまで噂として捉えています。

我が強そうなイメージは正直ありますが(笑)

 

今回は織田裕二さんのそういう部分を掘り下げたいわけではなく、常々思っていた

織田裕二さんの古い感じ

について感じている事を書いていきます。

f:id:myprivatecomedy:20181006080004j:image

佐川急便の織田裕二さんの古さが気になって仕方ない

結構前からやっている佐川急便のテレビCMですが、もう初めて目にした時からバージョンが変わってもずっとなんですけど、

とにかく織田裕二さんが古いんです。

しかも残念なことに狙っている古さではないんですよね、観ている感じとしては。

まずお芝居のキメキメ具合が古さを出してくるのですが、それに加えてカット割り含め演出が古さを助長している感がかなりありまして。

スーツのジャケット羽織るところをスローにするとか、しかもその時の目は強い意志を持った正面より少し上を見ている感じで…

いや、古い。古いですよ。

織田裕二さんの事を別段嫌いなわけではないので(好きでもないですが)、言い方に気を付けているつもりですが、正直あまりよろしくない言い方をすると、

ダサい

です。しかもマズイのがダサさをわざと出してる感じではなく、カッコいいと思ってやっていて、結果ダサいという感じが否めなくてですね。

 

これはM&Oのこれまでの織田裕二さんを観ていて感じる予想ですが、

かなり演出プランに口を出しているのでは?

と思います。

目線とか顔の角度とか、アングルとか、織田裕二さんって決まった角度が多いイメージなんです。

f:id:myprivatecomedy:20181006082808j:image

これはワンダのCMですが、こういうのです。

 

織田裕二さんはキャリアも相当なものだし、自分の考えやビジョンをすごく持っている人だと思うんです。

でも、活かされる事を重視していったら

もっと新しい織田裕二

が見れるのではないかとM&Oは期待を込めて思うのです。

お芝居全然下手な俳優だと思いませんし!

 

古いと言っても『昭和感』とかの良い意味での古さではない

たまに俳優は良い意味で

昭和の匂いがする。昭和感がある。

と形容されます。

M&Oの好きな俳優・森田剛さんなども新感線のいのうえひでのりさんから、そう言ったお褒めの言葉をもらっていました。

例えばで言うと、松田優作さんや萩原健一さんのような雰囲気ですかね。

 

僕の言っている織田裕二さんの古さは全くもってそういう意味ではありません。

昭和感漂う感じはM&Oはカッコいいと感じる人間ですので。

残念ながら織田裕二さんに抱いている古さのイメージはカッコいい要素は入っていません。

 

もちろん織田裕二さんの古い感じが好きという人もたくさんいらっしゃると思います。当たり前ですがまったく否定しません。それが織田裕二さんの良さでもあるのでしょうから。

 

新ドラマ『SUITS』では果たしてどんな織田裕二を見せてくれるのか。

いつもの古い感じの織田裕二なのか、ニュー織田裕二なのか、

目撃したいと思います。

                                M&O