THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

丸亀製麺の釜玉うどんの食べ方知っていますか? 知ってるのが普通なんだろうか?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

風邪をひいたら丸亀製麺

こんばんは、M&Oです。

東京はいきなり寒くなりました、そのせいで見事に風邪っぽさを感じているM&Oです。

M&Oは風邪の気配を感じると必ず行く場所があります。

丸亀製麺です。

とは言っても普段から結構行くんですけどね。

ただ風邪の予感がすると必ず行きます。

なぜなら、

大量のネギと生姜を摂取できるから

です。

これM&Oは何年も前からやっていまして、はっきり言ってオススメです。

風邪のひき始めには

効果てき面です。

やはりネギと生姜は風邪に効くのです。

 

M&Oは普段かけうどんを注文して、そこにネギと生姜を入れてウィルスと戦うわけですが、今日は珍しく他のアイディアが浮かんできまして。

『玉子入ってた方が栄養度アップで風邪に効くんじゃないか?』

という贅沢な考えが浮かんだのです。

ちなみにM&Oは基本的にお蕎麦もうどんも『かけ』もしくは『ざる』です。

『貧乏な奴だな』と思ったあなた、違いますよ。一理あるけど違いますよ。単純に余計なものが入ってない方が美味しいと感じるだけです!

 

しかし、今日はなぜだか玉子を入れるという選択肢が浮かんできてしまいまして。そのアイディアがまさかこんな事件を引き起こすことになろうとは…。姉さん、考えもしませんでした。(高嶋政伸さん主演ドラマ『HOTEL』を知っている人はわかるはず…)

 

初めて注文した釜玉うどん

最初はかけうどんに玉子が入ってるだけのいわゆる月見うどんを注文しようと思っていたのです。

ところがどうでしょう⁇

メニューの看板をいくら見ても『月見うどん』らしきものがありません。

はて困ったぞ。トッピングで玉子という選択肢も見た感じなさそうでして。

 

そこで店員さんに聞けば良かったのですが、シンプルに玉子が入っているうどんが見た感じ『釜玉うどん』しかなく、思い切って

釜玉うどんをあったかいのでお願いします!』

と注文しました。

すると店員さんが驚きの質問をしてきました。

『玉子あえてしまって大丈夫ですか?』

予想外の質問に思わず心の中で

『ふぁっ!?????』

っとなってしまったM&Oですが、顔は平静を装いながら

『お願いします』

と答えました。

 

そして出てきたうどんを見ると・・・

つ、つゆが入ってない・・・・

一瞬この店員さん新人なのかな?という考えが頭をよぎりましたが、充分にベテラン感を出しているしそれは考えづらい。しかもよくよく考えてみるとメニューの写真にはつゆが入っていない。。。つまりたしかにこれが完成形。

ちなみにこんな感じです。

f:id:myprivatecomedy:20180927212204j:plain

この形から店員さんの好意により玉子が混ぜられた状態で出てきたわけです。

『まぁ・・・こういうものなのかな。あったかいおつゆであったまりたかったけど、まぁいいや。自分が悪い。』

そんな思いでレジへと向かうM&O。会計を済ませ、目当ての生姜とネギを投入します。

『くっ!!つゆがないから生姜が溶けないじゃないか』

と思いながらも、今日の目当ては風邪のウィルスをやっつけること。構わず入れます。

 

いざテーブルに着き、いざ実食です!!!

 

『味がない・・・・。』

井上陽水の『傘がない』状態です。

 

そんなはずはないと思い、混ぜが足りないのかと思い必死に混ぜるM&O。

そしてふたたび実食!!!

 

『やっぱり味がない・・・。』

そりゃあいくら混ぜても色味も全く変わってないもんな。

みんなこれ食べてるのか?旨いのか?という疑問を持ちながらとりあえず食べるも、やはり美味しいとは言い難く・・・もちろん丸亀製麺の麺って美味しいし大好きなんですよ?ただ残念ながらM&Oは素材の味を楽しめるようなグルメではないのです。むしろ恥ずかしながら俳優仲間の間では有名な味音痴なのです。普段から濃い味が好きなM&Oの口癖は、

『味がない』

なのです。

味付けしてある料理を食べてもそう感じるM&Oです。そんな味覚音痴な人間が味がないものを食べているのです。お金を払って。もはや罰ゲームです。

 

業を煮やしたM&Oはなんとか打破しようと、醤油を入れることを思いつきます。しかし、醤油をドバドバ入れるのはちょっとカラダによろしくないよな~と思い、もしかしたらつゆがどこかにあるのではとキョロキョロと店内を探してみます。。。

『ダメだ・・・ない。もう醤油しかない!』

そう決意したM&Oに突然店員さんが話しかけてくれました。

『お客様!何かお探しですか!?』

さっきと違う店員さんでよりベテラン感を出しています。

M&Oは勇気を振り絞り、

『すみません、味がないのですがこれはこういうものなのでしょうか?』

と問いかけました。

すると店員さんから驚きの返答が!

『説明がなくて申し訳ありません!!テーブルにある青いボトルのだしをおかけになってお召し上がりください!』

なんとまさかの。答えが出ました。

藤岡弘、ばりに「なんだって?」と言いそうになりました。

もちろん『あ!そうなんですね!ありがとうございます!』と言いテーブルに戻ります。

たしかにテーブルの上にある!盲点だった!!

意気揚々とダシをかけて食してみると、

『うまい、うますぎる』

十万石饅頭かと思いました。(埼玉県民はわかるはずです)

 

しかし店員さんが言わなかったってことは、普通は知ってることなんですかね?全然店員さんに怒りはないですし、むしろお騒がせしてごめんなさいという気持ちです。

でも初めて食べたらわからないと思う気持ちもあるんですよね。

皆さんは知っていましたか??釜玉うどんの食べ方を?

ひとつ大人になったM&Oでした。

なんだかエンターテインメントな記事じゃないですが、どうしても気になったので書いちゃいました。

釜玉うどんの食べ方を知らなかったM&Oが、狂っているのか?

f:id:myprivatecomedy:20180904211422j:plain

すみません、ちょうどいいキャッチフレーズだったので。

                      M&O