THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

他人に笑顔を求めるよりもまずは自分が笑顔でいる事 幸福度は笑いの量

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

笑ってる時って幸せ

こんばんは、M&Oです。

今日はいっぱい笑った日でした。

そして笑いの重要性にも改めて気づかされたというか、笑いって大切だなぁとしみじみ思いまして。

 

まず、笑った後に改めて思うのが『疲れがなくなっている事』です。

これは意識してみると実感する事が意外と多くて、疲れたなぁ〜と思ってたのに大いに笑った後って身体が軽くなってたりすることが多々ありまして。

 

そして、笑うということは人を元気にさせる力もあって、例え相手を楽しませたり笑わせられなくても、ニコニコしてたり単純に笑ってる人というのは、周りを楽しい気分にしてくれます。笑いは伝染するとはよく言ったものです。

そしてもちろん逆もまた然り。不機嫌やブスッとした態度も伝染して人を不快にさせます。M&Oも気をつけなきゃなぁと常々思います。

 

たまに想像するのですが、朝の通勤ラッシュにたまに乗ると、この人達全員がニコニコしてたらこの電車の雰囲気全然違うんだろうなと。そんな風になったらなぁと思うのです。そこでいっそのこと、電車についてるCM流れてる画面でコントとか流せばいいのになと思うのです。思わず笑ってしまうような。僕の中では電車で起こるトラブルや痴漢なども減るのではないかと真面目に思います。

笑いはストレスを軽減しますから!

f:id:myprivatecomedy:20180923233455j:image

笑いは営業でも重要

M&Oは以前にも書きましたが、俳優業を休んでから営業職を経験させて頂きましたが、いいのか悪いのかM&Oは契約を取るよりも自然に意識していた事は、『いかに相手を笑わせるか、いかに相手を楽しませるか』

ということでした。

契約は二の次にしてしまっている自分がいて、素っ気ない人や無愛想な人だと逆に燃えて

『絶対この人を爆笑させてやる!』

と決意を固めていました。

いいのか悪いのかはわかりません笑

 

ただ結果的にM&Oは入社したばかりとは思えないと言われる営業成績をあげていました。そしてキャンセル率の低さではトップクラスでした。社会人経験もなく営業経験のないM&Oがこんな感じになれたのは、

笑いを取りたい、楽しませたい

という意識があったからだと思いますし、むしろそれ以外はなかったわけです。営業スキルなんてある訳ないですから。

営業を経験する中でも笑いの重要性を痛感していたM&Oですが、改めて意識すると日々の生活の中でも笑いって本当に重要なんですよね。

素っ気ないコンビニの店員さんに笑顔で接するだけで店員さんの態度も変わりますし、人によっては「素っ気なくしてごめんなさい」的ななんだか気まずそうな顔をしたり。

 

だからM&Oは思うのです!

他人に笑顔を求める前にまずは自分が笑顔でいる事が大切!

そこがスタートではないのかと。

 

もちろん生きてれば疲れる時もあるし、良からぬ事が起きる事ももちろんあります。でもそういう時も笑顔で居られるような、そういうモノに、ワタシハナリタイ。

いけない!思わず文体が!でもまさに雨にも負けずの宮沢賢治の気分なのです。

 

最近他人に興味を持つと人を好きになるという記事を書かせて頂きましたが、笑いというものは更にその進化系というか、人の笑っていたり楽しんでいる姿を見ると、自然とその人の事好きになれるのだと更に感じまして。

 

そしてそういう意味で大切なのがエンターテインメントの世界なわけで、今は文字でエンターテインメントをこれからもどんどん発信していきたいです!

                                    M&O