THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

人に興味を持って人を好きになると毎日が変わることに気付いたら人生変わった

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

年齢と共に変わってきた人への接し方

おはようございます!M&Oです。

突然ですが、最近人に対しての接し方が変わってきたんです。特に意識していたわけではないのですが、たぶん年齢を経て来たことと、ずっとやってきた俳優という仕事を休業していることで、なにかしら自分に変化が起きたんだと思います。

 

よく丸くなるなんて言い方をしますが、それに近いかもしれません。別に今まで尖ってたつもりもないんですけどね(笑)

ふと思ったのですが、ここのところM&Oはいろんな人と新しく出会っているんですが、嫌いな人と全然出会っていないんです。運がいいだけかしらなんて思っていたのですが、昔に比べていくら何でも少なすぎる・・・あっ!これはたぶん自分自身の考え方とか接し方が変わってきたのではないかと思ったわけです。

 

俳優をやっていない今の状況も大きく関わっているのではないかと感じています。余裕が出たというか、おおらかにはなった気がしています。とは言っても自分で言うのもなんですが、俳優時代も『いい人』で俳優たちの中では有名だったんですけどね~。後輩からは優しい先輩でよく挙げられていたみたいですし!怒ることがほとんどなかったせいなのですが、実はM&Oの怒らないという行為は結果的にものすごく冷たいということなんです。

どんな風に冷たいかと言いますと、お芝居が上手いとか下手とかの問題ではないのですが、お芝居ってやはり他のお仕事と同じでボーダーラインみたいのがあるんですね。個性とかの前にもう観れるレベルではない演技だとボーダーラインに達していないわけです。で、このボーダーラインには努力すれば誰でも到達できると思っています。プロとしてきている現場にこのボーダーラインに達していない俳優とは全然喋らないし、アドバイスもしないのがM&Oの当たり前でした。やる気ない人と判断して、アドバイスを求められても『いいんじゃない』ぐらしか言わない状態になります。冷たいですよね(笑)

逆に下手だろうとなんだろうとやる気あって一生懸命な後輩がいたら時間関係なく稽古に付き合ったりできるアドバイスはたくさんしていたので、要は線引きがわかりやすかったんです。ただ問題はこの線引きの判断が当時からちゃんとできていたのかは、自分自身でも甚だ疑問です。好き嫌いもきっと入ってしまっていたと思いますし。

 

自分のフォローじゃないですけど、俳優というものにもちろん人生を賭けていましたし、生活のすべてを役者というものに捧げていたので、自然と人にも厳しくなっていたのかもしれません。今思えば人に対してはそんなことする必要まったくなかったのに。

それが現在は生きるために働いている感覚なので、もちろん頑張ってはいるつもりですが、熱の入り方は俳優時代のそれとは異なるわけで。現在はこのブログだけが俳優と同じモチベーションでやらせて頂いているものですが、ブロガーの人とは繋がりを持たせて頂いていますが、書いている時などは孤独な作業なので人と関わらないわけで、形は大きく変わっているわけです。

 

そんな状態の今、会う人に対して考え方も接し方も変わってきまして。まず、生理的に受け付けないっていうことがほとんどなくなりました。M&Oは食べ物の好き嫌いも多いのですが、人の好き嫌いも昔はなかなか激しかったのです。昔ですよ、昔。

今はどちらかと言うと、他人の良い部分を見つけるのが上手くなった気がします。特に意識したわけではないのですが、自然とそうなっていました。そして喋ってみたら面白かったり楽しかったりする人もたくさんいるから、なるべくいろいろ喋ってくれる空気を作るように頑張れるようになりました。昔は初対面は特に自分からは話しかけないタイプだったので。

そうやって過ごしてると、人って面白いなってホントに思うんですよね。今までもったいなかったなぁって反省もしつつ、でも今はそれに気付けているから運が良かったとも思っています。ただ一つ問題は男女にかかわらずそうやって接するわけですが、良い部分を見つけることが増えてきているので、女性に関しては簡単に好きになりそうなことも結構あって危ないです(笑)長所を見つけると惹かれるものですから仕方ないですね(笑)昔は『この子変わってるな~』で終わっていたのが、最近は『この子変わっててなんかいいなぁ~』って思えるようになっているので、油断すると惚れそうになっちゃいます(笑)別に惚れてもいいんでしょうけど(笑)

 

f:id:myprivatecomedy:20180920011143j:plain

人生が変わってきた感じがすごいする

唐突にちょっと変な事を書きますが、そういう風に他人に接しられるようになってから、幸せを感じることが多くなりました。毎日が変わってきた感があるというか。俳優を辞めて(休業?)からなかなか生きる意義みたいなのを見つけられないでいましたが、ブログを書くようになって文字で表現することの楽しさを知って救われて、そしてさらに他人との関わり方が変わったおかげで、人というものがとても面白く感じられるようになったし、世の中面白いな~って毎日思えるようになりました。

朝の通勤ラッシュにたまに乗ると、昔はイライラしている思いやりない人たち(主におじさん)に残念な気持ちになっていましたが、今はエスカレーターとか電車に乗る時とか人を押しのけてる舌打ちしているおじさん見ると、かわいそうだなぁって普通に思います。世の中見方を変えれば楽しいこと面白いこといっぱいあるのになぁ、もったいないなぁって思うようになりました。

 

もっともっと楽しいこと面白いこといっぱいあると思うんですよね、自分が気付けてないだけで。たくさんの事に気付いていきたいです。そしてそういったこともどんどんこうやって文字にしていきたいなと思います。

踊る阿呆に観る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損。

阿波踊りの言葉ですよね、いい言葉だなぁ~。

今日も良き一日を。

                               M&O

hulu