THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

樹木希林さん、ご冥福をお祈りいたします。名女優が残してくれたくれた数々の感動に感謝。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

日本映画の歴史に残る名女優・樹木希林さん

樹木希林さんの訃報をネットニュースで知りました。

驚いたというのが最初の思いです。

病気も患われていて、お歳も召されていた樹木希林さんですが、驚きました。

樹木希林さんの演技を観てきて、なんだか死とは遠いところにいる人な気がしていて、にわかに信じられませんでした。

段々と実感が湧いてきて、今はただ寂しく悲しい気持ちです。

 

M&Oは俳優時代に共演させて頂く機会に恵まれず、お会いしたこともありません。しかし映画が大好きで俳優になったM&Oにとって、樹木希林さんは偉大過ぎる女優さんでして。

www.myprivatecomedy.net

樹木希林さんの出演映画レビューはあまり書いてきていませんでしたが、当たり前ですが、樹木希林さんの出演映画は多々観てきています。

近年では個人的には永瀬正敏さんと共演されていた『あん』という映画がとても好きです。

 

樹木希林さんの出演作品はとっても多いのですし、その功績も皆さんの知るところだと思いますので、わざわざここに書く必要もないと思います。

出演された作品で残してきたその類まれな存在感と、印象的な演技は誰もかなわない女優さんだったと思います。本当に稀有な存在で、お芝居はもちろんその個性はご本人の生きざまにも表れていました。

自分というものを本当にブレずに持ち続けていた樹木希林さん。男性女性で性別を問わず、樹木希林さんの生き方に憧れていた人もきっと多いと思います。決して外野の声に惑わされることなく、自分の信念を貫いてきた人という印象です。

 

テレビで喋っている時も、映画で演じている時も、樹木希林さんにはいつもあたたかみがありました。正直にお話する人なので時には厳しいこともおっしゃっていた時もありましたが、それでもしっかりあたたかみがありました。

樹木希林さんとお芝居したら、泣かなきゃいけないシーンがあったとしても、ただただ樹木希林さんに委ねれば泣く演技なんて簡単に出来てしまいそう、と思うほど、樹木希林さんの演技は凄まじいものがありました。経験したことのない空気感に包まれそうな気がしていました。実際どんな感じだったのかは、樹木希林さんと一緒にお芝居した役者にしかわからないですが、きっと忘れることのできない時間になっているのではないかと勝手に想像してしまいます。

 

御病気を患われてからも映画に精力的に出演されて、最後まで女優だった樹木希林さん。日本映画界は樹木希林さんが遺してくださったものをしっかりと受け継いでいかなければいけないと思います。

芸能界で仕事をしていない方々ももちろんですが、俳優やスタッフで働いている多くの人達が今は大きな悲しさと寂しさを感じていると思います。僕自身、自分でも驚くぐらい悲しくて寂しいです。

 

映画は永遠です。

樹木希林さんはこれからもずっとずっと映画の中と皆さんの心の中で生き続けるのだと思います。

本当に、たくさんの感動をありがとうございました。

走り続けてきた女優人生だったと思います。本当にお疲れさまでした。

たくさんの映画館で、樹木希林さんの追悼上映が行なわれると思っています。僕も行なわれたら観に行きたいと思います。そして個人的にも自宅で好きな樹木希林さんの出演作を観たいと思います。

本当に、ありがとうございました。

俳優がお亡くなりになられても今までブログではあまり書いてきませんでしたが、樹木希林さんは書かせて頂きました。演じている樹木希林さんも、テレビで喋っている樹木希林さんも好きでしたので。

f:id:myprivatecomedy:20180916222518j:plain