THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優の部屋探しは困難の連続!?フリーターへの風当たりはまだまだ強い

俳優時代の部屋探しの苦悩

こんばんは、M&Oです。

今回は俳優の部屋探しを赤裸々に書いていこうと思います。衣食住の住です。なくてはならないものです。なのにとっても苦労するんです。それでは書いていきましょう。

 

その昔、M&Oが初めて一人暮らしを始めたころ、はっきり言って不動産業界は今より甘かったと記憶しています。もちろんM&Oはマンションを買ったことがないので賃貸のことしかわかりませんが、賃貸に限っては甘かったと思います。

今みたいに保証会社を利用するのが当たり前のご時世じゃなかったですし、保証人が必ず必要な時代だったので、M&Oの場合は親が保証人になってくれていたのでその影響もあったかもしれませんが。

そして駆け出しの頃はもちろん役者一本では食べれなかったので、アルバイトにも精を出していたわけですが、『勤務先』がアルバイト先になるわけで、それもまた良かったのかもしれません。収入はもちろん多くはないけれど安定はしていますし。

なのでその頃はそんなに一人暮らしの引っ越しで審査が通らずに苦労するなんてことはそんなになかったです。無茶な家賃のところにも住んでいませんでしたし。それどころか部屋を案内してくれる不動産屋さんの女性スタッフさんが俳優をやっていると知ると喜んでくれて、大家さんに頼んでくれて初期費用を抑えてくれるなんてこともありました。あの頃はM&Oもカッコいいなんて言われることが多かったなぁ。今は・・・(涙)

 

ところが時代の流れと共に、M&Oの引っ越し事情にも暗雲が立ち込めてきます。審査がやたらと厳しくなってきたのです!誤解のないように言っておきますが、M&Oは家賃を滞納したこともなければ、クレジットカードでブラック扱いになったこともありません。というかクレジットカード当時持ってなかったし。家賃払えないことはなかったですねぇ、そうならないように節約の日々ではありましたが。

それなのに、役者という安定してない職業、正社員ではないということで、嫌がる大家さんやオーナーさんの多いこと!逆の立場になって考えればまぁわからなくもないんですが・・・でも滞納したことないし信用してくれよとは思います。

さらにM&Oはタチの悪いことに超飽き性でして、実は今現在もそうなのですが部屋を更新したことがないんです。飽きてしまって引っ越してしまうのです。部屋決めるの苦労するのわかっているのに・・・。しかもホントに我ながらバカだなぁと思いますが今まで一度も新居を決めてから解約したことがありません(笑)とりあえず解約を申し出てから『そろそろ探さねば』っていう状況になってから腰を上げる感じです。性格なのかなんなのか未だにこれは変わらないです。。。

 

そこから審査がどうのこうのと苦労するから、期日が迫ってなかなか焦ることも少なくありません。引っ越しの当日に全く荷造りしていなくて引っ越し手伝いに来てくれた友達を愕然とさせたこともありました。さすがに今は荷造りちゃんとしますし、引っ越し屋さんに頼んでいますが。

f:id:myprivatecomedy:20180914225612j:plain

 

三ヶ月分の給与明細?しがない俳優にそんなこと言われても・・・

いよいよ風当たりが強くなってきた俳優の引っ越し事情ですが、『給料の三ヶ月分の給与明細』が必要だったりと昔では考えられなかったことを言われるようになります。時代ですね、時代。

M&Oは役者で食べれてたと言っても高収入の人間ではありません。そんなにM&Oに『給料三ヶ月分の給与明細』と言われましても、正直そんなの出したら余計に相手を不安にさせるだけです。不安材料を増やすだけなんです(笑)

だってですね、例えばですけど

〇月50万円

〇月0円

〇月10万円

とかみたいな感じに全然なるわけです。なんてったって完全歩合で俳優やっているわけですから。以前に俳優のお金事情の記事書い時に書きましたが、ギャラはもらえるの大体三ヶ月後なので、長期の仕事してると0円の月も出てくるのです。

www.myprivatecomedy.net

正直なんの事情も知らない大家さんやオーナーさんがそんな三ヶ月分の給与明細を見たら『おいおい、大丈夫かよ。』と思っても不思議じゃないでしょう。それは当人である僕ですら思います。だから困っちゃうんですよね。ブルーハーツの歌で『ギターひきに貸す部屋はねぇー!』って歌っている歌がありましたが、まさにそんな感じです。

しかしM&Oはなぜか昔から仲介の不動産屋さんには好かれる傾向にありまして、毎回不動屋さんの担当になってくれた人が頑張ってくれていました。電話で大家さんに「絶対大丈夫ですよこの人は!」と説得してくれたり、インターネットで僕の事調べてくれて、「ネットでもいっぱい出てくるしWikipediaもある俳優さんだから大丈夫ですよ!」!と説得してくれたり。それで大丈夫になったこと結構ありました。本当に感謝感謝です。ただダメなところはダメですが。当たり前ですね。思えば直接大家さんとかオーナーさんって会う事ないですもんね。

そんな感じで非常に人に恵まれて部屋を決めてきていますね。とは言っても何件も回ったりとかはザラですが。

 

インターネットで見た部屋にはなかなか住めない現実

スーモとかホームズとか見て『この部屋良いな!』と思って不動産屋さんに行くことって皆さんもあると思うのですが、僕の場合はそう思っていっても結局不動産屋さんとお話していると、理解のあるオーナーさんの物件か審査が厳しくないと思われる管理会社の物件の中から選ぶしかなくなってしまうので、チェックした部屋はなかなか条件に合う事はありません。時代と自分が選んだ俳優という職業のせいですが。

 

すごい売れている俳優以外は今なんて部屋探しかなり苦労しているんじゃないでしょうか。特にアルバイトしないでやっていけてるけどまあまあギリギリぐらいの俳優は苦労しているのではと思います。

恋人がいて同棲している場合はまた違ってきますが。でも男としては名義は男で契約したいものです。M&Oは一応昭和の残党なのでそういう考えです!

俳優をやっていない今、M&Oはまだ引っ越しを経験していません。今の部屋もまだ2年経っていませんし。でもこのままいけば引っ越すことになると思います。もう飽きて来てますから(笑)でも今も正社員とかじゃないんですよね~。役者をやっていなくても同じように苦労するのでしょうか。もうあんな思いは嫌だ!!!(笑)

時代は変わり、いろんな職業でフリーランスの人が増えてきている今、だんだんと事情も変わってくると思いますし、変わってきてもいると思います。

要は圧倒的に稼げばこういう悩みはなくなるのかなとも思いながら、明日も頑張ろうと思うM&Oでした!

                               M&O

 

エクスファルマ