THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

役者の友人と会って聞かれた『表舞台に立ちたくならないの??』 俳優を休業した今、人前に立ちたいかどうか

俳優業を休んでから俳優仲間に会うと言われる言葉

私M&Oは大学在学中から俳優業をやってきていて、現在は休業している身ということは今までも書かせて頂いてきたのですが、ずっと役者をやってきていたので交友関係といえばほとんどが俳優仲間なのは必然でして。最近ではやっと社会人の知り合いも増えてきましたが、やはりまだまだ俳優関係の友人の比率の方が圧倒的に多い状態です。

 

そんなわけで今でも食事に行ったりするのは俳優をやっている友人が多いのですが、ありがたいことに復帰を促されることがとても多いです。プロデューサーに頼まれてきたと言って仕事のオファーをくれる役者友達もいます。本当にありがたいです。しかし今の僕は復帰のつもりはなく、現状このように文章を書くことでエンタメと関わっていきたいと思っているし、もしも復帰するにしても今までやってきたような正統派なやり方でやるつもりもありません。これからさらにどんどんとネットが主流になることは間違いないし、芸能界の昔ながらのパワーバランスとかしがらみとかが心からバカらしいと思っていますので。

 

復帰を促されたりお仕事のオファーを頂いたりっていうのがありがたいことに多いのですが、先日とある俳優友達から

『芝居に限らなくとも人前に出て何かしたいとは思わないのか?表舞台に立ちたいなぁっていう欲求は出ないの?』

と質問されまして。

f:id:myprivatecomedy:20180824164854j:plain

 なるほど。たしかに役者としてっていう話は色んな人からされるけど、どんな形でも表に立って何かしたくならないのか?っていう質問は新鮮でした。

彼曰く、『今までずっとそうやって生きてきた分、そうならないのかなぁって思って』ということでしたが、

結論から言うと、ちょっとはあります。でも本当にちょっとです。そこまで何が何でもっていう思いはないです。あったらとっくに復帰してると思いますし、現在はこうやって文章を書くようになって楽しさに気付けて、意外とこういう方が向いているのかなぁって思っているところですし。まだまだ稚拙な文章ですが。。。

 

そもそも人前に立って何かすることに快感は感じていなかったかもしれない

単純に映画がとにかく好きで、そこから俳優に憧れてM&Oは俳優になったのですが、それなりに努力をしてきた自負もありますが、もちろんいろんな人に助けられて生活できるぐらいにはなっていたわけですが、もちろん俳優として生きてきた時間っていうのは本当に楽しかったし貴重な経験もたくさんしてきましたが、どちらかというと責任を全うしなくてはいけないという思いのほうが強かったかもしれないです。

もっともっと楽しめれば良かったんだろうなとは思います。きっとしっかり楽しめている人たちがもっともっと上まで行っているんだと思います。

僕は演じている時間は楽しかったという感じです。なのでSNSを使ってファンを増やすために媚びるようなこともできなかったし、メイキングカメラなどが入っていても何か特にサービストークをするようなことも出来なくて。そういうことも出来なくてはいけなかったんだろうなとは思います。正直それが仕事に繋がるわけですから。

よく考えたら打ち上げとかで前に出て話すとかすごく苦手でしたし(笑)人前に出て目立つことをするというのは基本的に好きじゃないかもしれません。だから今もそういう欲求には駆られないのかもしれませんね。やれと言われればさすがにある程度はできるとは思いますが、自分からはやりたいとは思わないから、完全にタレントには向いてないのかもしれません。約15年やってきて何言ってんだって感じですが(笑)

 

舞台やミュージカルで最後にお客様にご挨拶するカーテンコールというものがあるのですが、よく役者の世界で言われているのが『カーテンコールの快感が忘れられなくて役者を辞められない』ということです。

ただ僕はカーテンコールで快感を感じたことがないので全くあてはまらないんです。もちろんお客様への感謝の気持ちは持っていますしスタンディングオベーションを頂いた時などは『うわぁ!すごい!』と思いましたが、やはり演じている時の方が楽しかったです。なので役を借りていないと人前に出るのが心地悪いんだと思います。素の状態で大勢の人の前に立つって未だに結構怖いです。

 

書いている間に自分の考えが分かってきましたが、友人の『芝居に限らず人前に出て何かしたい欲求は出てこないのか?』の質問に対しては、芝居以外では人前に出たいとは思わないということですね、僕は。むしろ苦手なことだと思います。結果、なんだかんだ自分自身に自信がないのかなぁとも思ったり。

ということは今すべきことは役の力を借りずに、自信を持って胸を張れるようになることなのかなと思います。というかこの記事を書いてて思いました。

書くことによって考えが思いが整理されるものなんですね、『書く』ってすごい行為ですね。『書く』という行為、これからも大切にしていきたいと思います。

人生まだまだこれから。