THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

映画『みんな元気』あらすじキャスト評価デニーロ出演感動映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『みんな元気』あらすじキャスト評価デニーロ出演感動映画【概要・キャスト】

おはようございますM&Oです。

今回のM&Oの絶対おすすめ映画シリーズは『みんな元気』です。

映画『みんな元気』はあまり知られていない超感動映画です。家族の絆と関係をリアルに描いている作品で、本当に心に響く感動作です。ロバートデニーロをはじめケイトベッキンセール、ドリューバリモアなど豪華キャストが名を連ねています。

それでは映画『みんな元気』の映画紹介です。

映画『みんな元気』は2009年にアメリカ公開されたアメリカ映画です。まさかの日本未公開作品です。

上映時間は100分。

監督はカークジョーンズ。

出演は

フランク・・・ロバートデニーロ

ロージー・・・ドリューバリモア

エイミー・・・ケイトベッキンセール

ロバート・・・サムロックウェル

デイビッド・・・オースティンリシ

ほか。

 

f:id:myprivatecomedy:20180824020547j:plain

 

映画『みんな元気』あらすじ

妻を亡くし、子供たちも自立して家を出ていってしまい家で一人で暮らすフランク(ロバートデニーロ)は子供たちの帰省が何よりも楽しみ。

そんな子供たちの帰省の予定日が近づき、スーパーで大量のワインや食料を買うフランク。嬉しさを隠しきれずスーパーの店員にも子供たちが帰ってくると嬉しそうに話すフランク。

しかしそんなフランクの思いとは裏腹に子供たちから続々と帰省できないという連絡が入る。落胆の色を隠せないフランクだったが、フランクは逆に自分が子供たちを訪ねようと思い立つ。

子供たち一人一人を訪ねるフランクの旅が始まります。

子供たちの元を順番に訪ねるフランク。ラスベガスでエンターテインメントの世界で活躍しているロージー(ドリューバリモア)、広告会社でキャリアウーマンとして活躍しているエイミー(ケイトベッキンセール)、オーケストラ楽団でミュージシャンで活躍しているロバート(サムロックウェル)、ニューヨークでアーティストとして活躍しているデイビッド(オースティンリシ)の元を訪ねます。

みんなそれぞれに悩みを抱えていましたが、父親のフランクに心配をかけまいと嘘をつき続けていました。フランクは訪ねていき子供たちと対面して子供たちの嘘に気が付きますが、特にそのことには突っ込まずに時を過ごします。みんな元気ならそれでいい、そんな思いを強く持つフランクでしたが、画家として活躍しているはずのデイビッドはすでにこの世から旅立っていた事実を知ります。

フランクは旅の最中に持病の心臓病が悪化してしまい、運ばれた病院で子供たちの幼いころの幻覚を見続けています。

みんな元気ならそれでいい、フランクは子供たちのためにみんなが元気でいることを願うのでした。

 映画『みんな元気』感想・評価

皆さんもご存知と思いますが、日本では映画館で公開されなかった海外の映画がたくさんあります。もちろんつまらないものも多々あるでしょう、しかしもちろん上質な作品もたくさんあります。情報も少ないのでなかなか見つけづらいことにはなるのですが、前評判なしで突然名作に出会えた時の喜びはなかなかに嬉しいものです。

 

今回ご紹介した映画『みんな元気』もレンタルやでたまたま見つけてロバートデニーロ主演という事で観てみたのですが、まさかの大号泣でした。

しかし日本公開するかしないかっていろんな事情が渦巻いていると思いますし、もちろんビジネス的な面が大きいと思うのですが、ロバートデニーロ・ドリューバリモア・ケイトベッキンセールの三人が出演してて日本公開されないんだって少々驚きました。知名度抜群だしこの三人が共演って結構すごいことだと思うんですが、ヒットはしないという判断だったんですかね・・・。スクリーンで観たかったな・・・。

この『みんな元気』ですが、イタリア映画のリメイクとなっています。このイタリア映画の方は日本公開されています。ちょっと謎。

そしてなんとそのイタリア映画は日本映画の『東京物語』のオマージュなんです。『東京物語』は小津安二郎の作品。さすがは世界の小津安二郎。。。

とにかくロバートデニーロがとっても素晴らしい作品です。中年男性というか初老の男性をリアルに演じていて、子供たちが帰省できないことを知る映画の冒頭から胸が痛くなります。そしていざ子供たちと会った時の優しい笑顔や、子供たちの嘘に気付いても気付かぬふりをする優しさが胸にしみます。子供たちを回想するシーン、会えない息子を思い見る幻覚、ロバートデニーロのすべてが感動させてくれます。

そしてもちろんドリューバリモアやケイトベッキンセールをはじめとする子供たちも素晴らしくて。。。お父さんが大好きなんです。だから嘘をついてしまうのです。心配をかけまいと子供たちは連絡を取り合うんです。

家族の大切さを本当に再認識できる映画です。そして何より感動します。僕はこの作品何度も観ていますが、毎回泣いています。

 

それにしてもロバートデニーロって・・・なんなんでしょう。。。前回ご紹介させて頂いた映画『グッドフェローズ』ではあんなに冷酷な役を恐さマックスでやっていたのに。

www.myprivatecomedy.net

この作品ではとにかくあたたかさマックスです。時が経っているとかそんな問題ではなく、やっぱりロバートデニーロはあまりに魅力的な俳優だと再認識しました。

 

そんなロバートデニーロももちろんですが、映画としても本当に良い作品です。

おすすめ映画です。ぜひ。

 映画『みんな元気』 

それは、家族へ戻る旅。

                        M&O

まずは一か月無料でお試し。