THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

前田敦子と結婚した俳優・勝地涼 そんな勝地涼のこれまでと俳優としての魅力

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

昔から映画好きには知られた存在だった勝地涼

勝地涼

1986年8月20日生まれ。偶然にも昨日誕生日だったんですね!

血液型はAB型で、所属事務所はフォスタープラス。

f:id:myprivatecomedy:20180821180950j:plain

実家がお花屋さんで、ドラマの撮影があり見学していた所を現在の所属事務所にスカウトされ事務所入り。このフォスターという芸能事務所は元々少数精鋭のイメージが強いので、当時の勝地涼少年はきっとかなり魅力的だったのだと思います。もちろん今も魅力的ですが。

2000年にドラマでデビューを果たします。14歳の時ですね。同じく2000年のドラマ『永遠の仔』で渡部篤郎さんの少年期を演じて印象を残します。

同じく2000年には映画『世にも奇妙な物語』にも出演しています。2000年は他のドラマにも出演しているので、デビューの年にして大活躍ですね。

 

個人的には2002年の映画『パコダテ人』で勝地涼さんの存在をしっかり認知した記憶です。この映画はヒロインが宮崎あおいさんで、勝地涼さんも大切な役どころで出演です。札幌テレビ放送製作という事もあり大泉洋さんも出演しています。

その前に2001年に話題作『リリイ・シュシュのすべて』に出演しているんですね。ごめんなさい。僕この作品一回しか観ていなくて印象に残っていません・・・。

 

そして2003年映画『バトルロワイアルⅡ鎮魂歌』にも出演。この時に藤原竜也さんと共演しているんですね~。

 

そしてですね、何と言ってもこの作品で勝地涼さんを知った人も多いと思います。

2005年作品の『亡国のイージス』。この映画で真田広之さん、寺尾聰さん、豊原功補さん、中井貴一さん、安藤政信さんらと共演し、重要な役どころを演じ堂々渡り合います。この映画で日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

 

出演したドラマと映画を挙げだすとかなりの本数になってしまう勝地涼さん。それだけ演技力も認められていて、オファーが絶えないという事でしょう。私M&O自身も勝地涼さんのイメージは『派手さはないけど演技がしっかりできる若手俳優』というイメージを持っていました。もちろん好きな俳優の一人でした。

僕の中ではですが、田中圭さんと立ち位置的には似ているイメージでした。

ドラマ『あまちゃん』で前髪クネ男としてブレイクしているのを知った時はびっくりしましたが、どんどん有名になっていって嬉しくもありという感じでした。しかし前髪クネ男ってすごいネーミングですね(笑)

 

蜷川幸雄のお気に入りであり、愛を持って鍛えられた勝地涼

2004年の舞台『シブヤから遠く離れて』への出演を皮切りに、精力的に舞台にも出演する勝地涼さん。このシブヤから遠く離れて』は作:岩松了さん、演出:蜷川幸雄さんですからね。いきなりとんでもないハイレベルな舞台に出演しているあたり流石です。

そして2005年に出演した舞台『KITCHEN(キッチン)』ですが、これまた蜷川幸雄さん演出作品です。完全に気に入られてますね(笑)

その後もシスカンパニーの舞台など良質な舞台に出演し、再び蜷川幸雄演出作品『カリギュラ』へ出演します。主演は小栗旬さん。今も中良さそうですよね、お二人。

そして蜷川作品としてはこの後に、舞台『ムサシ』に佐々木小次郎役で出演。いのうえひさしと蜷川幸雄が手掛けた作品で、初演で小栗旬さんが演じた佐々木小次郎を、再演バージョンでは勝地涼さんが抜擢され、藤原竜也さんを相手に堂々演じました。藤原竜也さんと言えば演劇の申し子と言われ、生で彼の舞台を観たことがある人はおわかりかと思いますが、舞台上でのエネルギーの放出力が素晴らしく、劇場全体が彼に呑まれるという現象を起こすほどの蜷川イズムを叩きこまれた演劇人。

そんな藤原竜也さんと対峙した『ムサシ』は勝地涼さんにとっても大きな挑戦だったのではないでしょうか。そして見事に渡り合っていて見ごたえのある佐々木小次郎を見せてくれていました。

そんなわけで、僕の中では勝地涼さんってやはり『実力派俳優』というイメージなんです。世間のイメージもそうなっているんでしょうか?せっかくとてもいい俳優なのに、万が一『プロミスの人』だけみたいになっていたら嫌だなぁと思います。『プロミス』のCMってもう一人の柄本さんといい、何気に二人とも演技派俳優なんですよね(笑)一緒に出ている谷原章介さんはまったくもって演技上手いと思わないですが。。。

 

このブログを読んで頂いている方々はご存知の通り、M&Oは今更ながらAKBにハマっていますので、今回勝地涼さんと前田敦子さんが結婚されたことは、なんだか心からおめでとうございますと思うのです。

www.myprivatecomedy.net

前田敦子さんも役者としてしっかり力のある、これからも役者として残っていくであろう勝地涼さんを選んだというのはとっても素晴らしく思います。ミーハーな感じも全然しないですよね。

末永くお幸せにと心から思います。