THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

俳優にクレジットカードは必需品??俳優の不規則な収入のやりくりを考える

俳優に規則正しい収入はないのが現状

どうもM&Oです。今回は俳優とクレジットカードの関係性について、実体験もふんだんに交えながら書いていきたいと思います。

皆さんのイメージでも俳優って収入が不安定なイメージでしょうか?そういうイメージをお持ちの方もきっと多いと思います。

そんな皆さんの持つイメージですが、

バッチリ合っています!!!(笑)

悲しいことにバッチリ合っています。俳優というのは経済的に非常に不安定な生活を強いられます。もちろんそれは精神的なムラにも繋がります。

生活面と収入に関してはよろしければこちらのブログもご参照ください!

www.myprivatecomedy.net

以前の記事でも書かせて頂いていますが、

俳優のギャラの支払いは仕事をしてから基本的に3ヶ月後です。

あくまで基本的になので2ヶ月後の時もあれば3ヶ月以上後に支払われる場合もあります。もっと言うとこちらから言わないと支払わないタチの悪い制作会社もあります。

そしてもちろん、

ギャラの金額もピンキリです。

当たり前ですが割のいい仕事もあれば「これ時給換算したらいくらになっちゃうのよ!」なんて仕事もあります。そうだとしても若い時には特にですが、何の仕事が大きなチャンスにつながるかわからないという希望を持って、エキストラのような仕事にも臨む役者がたくさんいます。僕はやったことないですが、エキストラのギャラは正直ここ最近ホントにやばいです。作り手側の資金が潤沢じゃなくなった影響が大きいのでしょう。僕の考えでは、みんなが「そんなギャラではできない!」って言ってやらなければギャラも上げざるを得ないんじゃないかなぁと思います。誰もいなかったら困るわけですから。

割のいい仕事で言うと、オーディション受けてCM決まった場合などは、新人でも結構破格なギャラがもらえます。有名な話だと思いますが、

CMは俳優の仕事で一番おいしいと言えます。

露出も多くて顔も売れるし、ほとんどの場合、撮影にかかる時間がCMって短いので時給換算してもかなりお得です。というか時給で考えたらあり得ない金額です(笑)

じゃあCMの仕事たくさんやればいいじゃん!となりそうですが、もちろんそんな甘い話ではありません。CMのオーディションってイメージもかなり重視されるので連戦連勝というわけにもいきませんし、いわゆう競合他社のCMには絶対出れないので一つ決まるとチャンスがグッと減るわけです。

他にもドラマや映画や舞台、ミュージカルとお仕事があるわけですが、これらがいわゆる俳優の仕事というイメージだと思います。俳優はモデルじゃないので演技することが仕事ですからね(笑)

俳優にとって演技できる仕事はもちろんやりがいもあるし今まで自分が培ってきたものを人に見てもらえるチャンスなわけで、ほぼすべての役者が喜ぶでしょうし、テンションも上がるでしょう。役者冥利に尽きるというやつですね(笑)

しかし、これらの仕事は俳優にとってかなりの確率で経済的には地獄が待っています・・・(笑)

f:id:myprivatecomedy:20180816170733j:plain

 

拘束期間はアルバイトもできなくなる

ドラマと映画は撮影期間が役の大きさによって変わってくるので、わかりやすいように舞台・ミュージカルでお話を進めますね。

舞台やミュージカルはほぼすべてと言っていいぐらい短くても1ヶ月は拘束されます。もっと長い場合の方が多いです。短くても稽古期間で1ヵ月は必要な場合がほとんどなので、その後にもちろん本番期間となります。そしてこの稽古期間と本番期間の交通費や食費はもちろん自腹です。

単純に考えて公演が終わって3ヶ月後にギャラが振り込まれることを考えると、だいたい5か月後なわけです。そして、

この稽古と本番期間にアルバイトは普通は出来ません。

たまに深夜に稽古終って深夜にアルバイトしてまた稽古来てっていう猛者もいますが、滅多にいません。しかも僕は運よくそこそこのギャラを頂ける形で舞台やミュージカルに出演していましたが、若手の俳優はギャラが出なかったり雀の涙だったりするわけです。

もちろん生活などできません。

イムリーに言うならば

健康で文化的な最低限度の生活はできません。(笑)

というか僕も時期によっては普通に生活厳しかったです。要は毎月ギャラの支払いがあるサイクルが出来てないと難しいんですよね。ひっきりなしに仕事をしていないと俳優だけで食べていくのは本当に難しいのが現実です。

アルバイトをしている俳優に関しては、舞台に入る前に貯金をしていればそこまで問題ないのですが、なかなか貯金している役者がいないのが実情です。それに僕は若手の俳優がアルバイトしてしっかり貯金している形というのはあまりいいことではない気がします。勉強すること吸収しなくてはいけないことが山ほどある世界なので、貯金できるほどアルバイトに精を出すのもどうなんだろうと思ってしまいます。とは言っても責任は取れませんので自己責任でお願いしますね(笑)

 

そこで活躍するのが皆さんご存知の

クレジットカードです。

あまりいいイメージがない人もいるかもしれませんが、キャッシュレスがだいぶ普及してきた現在、利用している人も多いのではないでしょうか。

もちろんキャッシングするのは結構最終手段です。なるべくショッピングで必要なものを買い現金を残す作戦です。家賃は現金がないと払えませんからね!

もちろん返す当てがないのはやばいのでそのへんはなるべく計算しながらですが、僕は実際ギャラが入るまでは結構返済額が増えている時もありました。そしてギャラが支払われたら一気に返済する感じでした。さすがに入るギャラの金額をわかっていたのでそこらへんは計算しながらって感じでしたね。なのでポイントも自然と溜まっていました。狙ってもいないのに(笑)

そんなわけで僕は俳優時代とってもクレジットカードのお世話になっていました。僕以外にも多いですけどね。役者としてそれなりになってきて拘束期間の長い仕事をすると入るギャラの金額も大きくなるのでできてたことかもしれませんが。

今はクレジットカード作るのって昔より審査も厳しくなっているみたいだから、俳優っていう不安定な職業で作れるのかは謎ですが。

そんな感じの生活をしているともちろんそれなりに疲れてきます。金銭感覚もたぶんおかしくなっていたと思います。無駄使いはしていなかったと思うけど。

今はだいぶ俳優業以外に仕事を持っている人も増えてきたし、「役者一本で食べて行くんだ!」っていう時代じゃなくなってきたと思います。僕自身もそれでいいと思うしそれがいい形なんじゃないかと思います。

やはり

健康で文化的な最低限度の生活

をするべきだと思いますので。そんな僕は現在もフリーランスでブログをはじめエンタメ全般いろいろやっていこうと四苦八苦していますが(笑)

ドラマの番宣みたいになってしまいましたが、特に関わっていませんので(笑)

むしろ観てないですこのドラマ(笑)

あ、でもたしか川栄李奈ちゃん出てますよね、じゃあ今からでも観ようかしら(笑)

 

 

ウォーターサーバー