THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

チェッカーズを無性に聴きたくなる時がある 藤井フミヤのカリスマ性に惹き込まれる 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

今の時代にスマホからチェッカーズを聴いても何の違和感もない

チェッカーズ。僕は物心ついた時には彼らは解散していて、最初の藤井フミヤさんをカッコいいと思ったのは多分『TRUE LOVE』以降。いやでも『TRUE LOVE』のシングルはあすなろ白書を観てないのにすぐ買ったからチェッカーズの解散間近には藤井フミヤさんにハマりつつあったのかもしれません。

 

前回のFNSの際に藤井フミヤさんについて書かせて頂きました。その時にもちろんチェッカーズにも少し触れたわけですが、今回はチェッカーズにがっつりと触れていきたいと思います。チェッカーズの曲に『ふれてごらん』という曲もありますし、そう言われたら触れるしかないでしょう。

移動中に僕のスマホから流れてくるチェッカーズの楽曲はいつも心地よくて、古臭さなど感じない。いや、正直デビュー初期の曲は昭和の香りがこれでもかとぐらいするけど、もはやそれがいいわけで。時代遅れとか古いんじゃなくてビンテージと言える代物です。

 

福岡久留米で産声を上げたチェッカーズ

メンバーは、

藤井郁弥リードボーカル
武内享(ギター)
高杢禎彦(サイドボーカル)
大土井裕二(ベース)
鶴久政治(サイドボーカル)
徳永善也(ドラムス)
藤井尚之(サックス)

ヤマハのコンテストでデビューのきっかけとなる最優秀賞を取っている実力派バンド。

アイドルとしてのイメージが強いデビュー当時、ヘアスタイルとチェックの衣装が戦略としては当たったと言えると思います。やはり世間に認知されるのは大切な事ですから。本人達の意思だとはあまり思えないけれど。なぜなら彼らはいわゆる前髪を垂らしたチェッカーズヘアをする前はバリバリのロカビリーなヘアスタイルだったのだから。

 

それでは私M&Oのチェッカーズの好きな曲を挙げさせて頂きます

まずはやはり外せません。

ギザギザハートの子守唄

f:id:myprivatecomedy:20180811202509j:image

実はデビュー曲であるこのギザギザハートの子守唄はリリース時に売れたわけではないんですね。翌年にリリースした涙のリクエストが大ヒットし、その影響で前作のギザギザハートも大ヒットとなります。涙のリクエストもやはり良いです。ちなみにギザギザハートの子守歌のカップリング『恋のレッツダンス』も名曲です。

f:id:myprivatecomedy:20180811202533j:image

勢いは増す一方で、

哀しくてジェラシーも大ヒットとなり、当時のチャートのベスト10に3曲同時にチェッカーズの曲がランクインしました。

あり得ないですよね(笑)

そして髪型と衣装は社会現象となり、チェッカーズが撮影をするとわかれば大勢の女子中高生が学校を休み大問題となったそうです。(撮影を見に行くため)

その後のシングル

『ジュリアに傷心ハートブレイク』オリコンチャートの年間一位に。もう止まらないというかやばいてますね(笑)この曲は若い子も結構知ってるんじゃないでしょうか?

f:id:myprivatecomedy:20180811213432j:plain

そしてですね、僕この曲も好きなんです。

『神様ヘルプ』

好きな子が他の男に取られてしまう悲哀を藤井フミヤさんが激しく歌い上げています。特にライブ映像がとてもカッコいいです。

f:id:myprivatecomedy:20180811213750j:plain

そしてこれも好きな曲。チェッカーズの転換期と言っていいでしょう。これまでの楽曲と違い作詞作曲と全てをチェッカーズで作り上げた作品。

NANA』マンガや映画とNANAっていろいろあると思いますが、元祖はチェッカーズですよ!歌詞が少し官能的な比喩がありNHKで歌えなかったという逸話があります。

f:id:myprivatecomedy:20180811214213j:plain

とても盛り上がる藤井フミヤさんが激しく動きながら歌う楽曲となっています。藤井フミヤさんの歌う姿がセクシー。

そして次はとんねるずとのコントで有名になってしまった曲です。使われていたのはイントロ部分だけなのですが・・・

『ONE NIGHT GIGOLO

f:id:myprivatecomedy:20180811214548j:plain

キルユー♪でスリッパで叩かれるあれです(笑)

でも普通にめっちゃカッコいい曲なんです。そしてこれもライブ映像の藤井フミヤさんがかっこいいんです・・・。皆さんイメージないかもしれませんが、藤井フミヤさんってめっちゃ踊れますからね!しかもジャニーズとかエグザイルとかのダンスじゃなくて、ボーカルが踊るダンスというか、とにかく観てみて欲しいです。

 

さぁお次は私M&Oが同棲してた彼女と別れた時に聴いていた曲です。

『Room』

f:id:myprivatecomedy:20180811215155j:plain

説明の通り恋人と別れて一緒に住んでいた部屋の事を歌っている曲です。切ない。

個人的にも切なすぎる歌です。これ以上は書けません!うぅ・・・・。(笑)

 

ちょっと時間軸がズレますがこの曲ももちろん好きです。

『I Love you ,SAYONARA』

f:id:myprivatecomedy:20180811215609j:plain

この曲も切なくて・・・好きなんです相手の事が。でも相手の事を想うがこそさよならを告げるのです。フミヤさんの歌声が非常にマッチしています。

 

次はあまり有名じゃないかもしれませんがこの曲。

『LOVE'91』

f:id:myprivatecomedy:20180811215948j:plain

これは何気に結婚式で歌っても最高な曲だと思います。チェッカーズにはもっと結婚式に合う曲がありますが。僕はこの曲でアンディウォーホールを知ったんです。マリリンモンローの絵を。極上のラブソングです。

 

さぁそして言わずもがなの名曲。全てのラブソングはこの曲に集約されていると僕は思っています。

『夜明けのブレス』

f:id:myprivatecomedy:20180811220354j:plain

結婚式ソングとしてもっと超有名でもいいと思うんですよね。歌詞もメロディも素晴らしいです。恋人に歌うたい曲ナンバー1です。歌ったことないけど(笑)

 

そしてラストシングルはやはり感慨深いものがありまして・・・

『Present for you』

f:id:myprivatecomedy:20180811220635j:plain

これが伝説のグループ・チェッカーズのラストソングです。惜しまれながら活動に幕を下ろしたチェッカーズ

僕はリアルタイムで夢中になれなかった世代なので、後から一生懸命ビデオや雑誌を集めたチェッカーズ。今でも無性に聴きたくなる時があって、僕のスマホにはしっかりチェッカーズの曲が入っています。

ドラムの徳永さんがお亡くなりになられ、また藤井フミヤさんと高杢さんの不仲が噂されるなど、多くのファンが待ち望んでいる再結成は難しいでしょうが、どこかでなんらかの形で、と期待してしまいます。

他にも『ミセスマーメイド』や『Standing on the Rainbow』や『Blue Moon Stone』とか好きな曲は挙げたらキリがないのですが、今回はこの辺で。

久しぶりにラストライブの映像観たくなってきました。