THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

仕事とは何かを考える…

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

仕事に何を見出すか…。

生きていくためには『仕事』をしなければならない。お金を稼がないと生活ができない。働かざる者食うべからずとは昔から日本で言われている事。

 

しかし、辞めたいと思いながら仕事をしてる人はどれぐらいいるのだろう。

楽しく活き活きと仕事をしている人はどれぐらいいるんだろう。

仕事とはこんなもんだろう、そう思いながら働き続けている人はどれぐらいいるんだろう。

 

純粋に一つ思うことがあります。

一つの仕事をずっとやっている事は飽きないのだろうか?

他のことをやってみたいと思ったり、自分にはもっと向いている仕事があるんじゃないだろうか?と思ったり、もっと稼げる仕事があるんじゃないだろうかと思ったり、もっと充実した生活をできる方法があるんじゃないだろうかと思う事はないんだろうか。

もちろん幸いにも選択する自由は日本にはあるわけだから、すべては自分の選択してきた結果。

 

俳優という仕事をしていない今、俳優だけをやってきた自分はどうしてもそんな事を考える波がやってきます。

必要としてくれたり、働ける場所があるだけありがたいということはわかっているつもりでも、これを一生やっていこう!この仕事を極めよう!と思えない自分に幻滅する時があります。

甘い事は承知ですが、どうしたものかと悩んでしまう自分がいます。

自分で個人でやっていくしかないのかなという思いにもかられます。

出口のない答えを探し悩んでるのかもしれません。

 

何をすれば自分は幸せを感じるのだろうかという事から考えなきゃいけないのかもしれません。

普段このブログで書いているエンターテインメントの世界が好きなのはわかっているから、やはり関連したものの方がいいのかなと思ったり。

じゃあ何をやろうか、何ができるか、そんな事もまた悩んだり。

 

やりたい事をやるのが一番いい。

ではやりたい事って何だろう?まさか自分がそんな事考えるなんて思ってもみませんでした。

生きていくには生活するお金は稼がなくてはいけない。

悩むより動かなきゃいけないんですよね。

 

今日はエンタメ関連のブログを書く気分になれず、とりとめのない事を書いてしまいました。ごめんなさい。

 

仕事とお金。

現実ですね。

f:id:myprivatecomedy:20180808215615p:image