THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

あんなに笑った映画『ポリスアカデミー』が・・・色あせていた・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

小学生の時にあんなに笑った『ポリスアカデミー』が・・・どうして・・・

日本で1984年に公開され、シリーズ7まで続編が作られている人気シリーズ。ドラマではなく映画です。7まで続編があるって半端じゃないですね(笑)

Amazonプライムビデオにあったので、思わず「おおっ!!」と反応してしまいまして、なかなかレンタルでは借りてなかったので小学生の時以来に観たんじゃないでしょうか。

1984年に日本公開だったのか。僕の記憶は映画館ではなくビデオで観ていた記憶なので、自分の年齢的にもこの記憶で間違いないと思います。ちなみにこの時の我が家はVHSではなくベータだったので、記憶もベータだし間違いなさそうです。

かなり繰り返し観ていた記憶だったんです。しかも兄と観ていてゲラゲラ笑っていた覚えがありまして。

もちろんその記憶を頼りにかなりテンション上がった状態で『ポリスアカデミー』を観始めたわけです。

f:id:myprivatecomedy:20180804200207j:plain

そもそもこの映画は有名なのだろうか??(笑)まったくわからないので知っている人はコメント頂けると嬉しいです!

 

ストーリーからもろコメディの『ポリスアカデミー

新しい市長の決定により、市警察の採用基準が大幅に改定され、身体能力や経歴などを一切不問にし幅広く新しい警察官を募集するという試みが始まる。

しかしこれに賛同していないのがすでに警察にいる人間たち。あの手この手で新しく来た人間たちを訓練で脱落させようとする。しかし、集まった新警察官たちは烏合の衆ではあるものの、一癖も二癖もある連中ばかりで・・・。

 

いま観ても普通に面白いは面白いんです。ただ昔の思い出がどうしても邪魔をするというか(笑)新しい恋愛をしてみたものの前の恋人を忘れられない的な感じでしょうか?コメディの中身が時代を感じるというか、わかりやすく言うと今のバラエティでドリフのネタをやっている感じですかね、我ながらいい例えだと思いますがどうでしょうか?(笑)

 

笑いにも普遍的なものとそうでないものがある

時代的なものと僕自身が成長と共に色んな知識を身につけたことなど、ポリスアカデミーが昔ほど楽しめなくなった要因は様々あるとは思いますが、厳しいことをいえば、時代を超えて面白いものではなかったのかなと思います。時と共に自分の好みも変わっていくので自分のせいという事ももちろんあると思いますが、例えば小学生の時に見ていたダウンタウンのごっつええ感じは今観かえしても僕はゲラゲラ笑っています。

ただ一つまだわからないなと思うのが、僕が夢中になって観ていた『ポリスアカデミー』が1だったのかどうかが定かではないということです。むしろ観返してみた感じ1じゃなかった可能性が高いです。しかしもはや2,3,4,5,6,7、のどれだったのかまったくわからない(笑)

だったら順番に観てみればいいじゃないかと思われそうですが、ごめんなさい。正直にいいまして1を観てみた感じで、2以降を一作に二時間かけて観るテンションが僕にはないんです!!やっぱり観たいと思ったものを観ないとダメですからね。

なので機会があったら観たいと思います!!!!

しかし、『ポリスアカデミー』、あんなに笑ってたのになぁ・・・。