THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

Amazonプライムビデオ『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』シーズン3鑑賞

HITOSHI MATSUMOTO プレゼンツ『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』シーズン3

シーズン1、シーズン2と観てきましたが、ついに観ましたシーズン3。ルールは今までと変わらず参加費はもちろん自腹の100万円。ゾンビタイムももちろんありますので、そのあたりも期待大ですね~。

お笑い異種格闘技と言っていいでしょう『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』。

松本人志が選んだお笑い芸人たちの真剣勝負、いよいよ第三弾です!

f:id:myprivatecomedy:20180804111911j:plain

これってどれぐらいの頻度でやっているんだろう。僕はAmazonプライム始めたのが遅かったから観始めた時には5まですでに出ていたんです。

『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』はとても好きだし大いに笑わせて頂いているのですが、あまり短いスパンでやるときつい番組なのかなぁとも思います。参加費とか関係なくても毎週とかはちょっと無理そうな番組ですよね。どうしてもちょっと飽きてくるというか。ふと思っただけでもちろん充分楽しませて頂いてるんですけどね!楽しまなきゃ損だし。

 

『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』シーズン3も豪華出演陣

今まで同様豪華出演者の中に東京ではあまり知られていない芸人さんも混ざっていたり。

シーズン3の参戦者はこちらのお笑い戦士たち

f:id:myprivatecomedy:20180804112830j:plain

・くっきー(野生爆弾)

ケンドーコバヤシ

後藤輝基(フットボールアワー)

秋山竜次(ロバート)

木下隆行(TKO)

春日俊彰(オードリー)

レイザーラモンRG(レイザーラモン)

伊達みきお(サンドウィッチマン)

岩橋良昌(プラスマイナス)

山本圭壱(極楽とんぼ)

 

ジミー大西さんとフジモンがいないのが個人的に少し残念でした。特にフジモンは好きだし、『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』ではかなり大切な立ち位置にいたので今回フジモンなしでどうなるか。

 

予想外だったのがフットボールアワーの後藤さんが大健闘したこと。というかかなり仕掛けてきます。ツッコミの人とは思えないクオリティで周りを笑わせます。あのくっきーを爆笑させますからね(笑)しかし本人が笑いをこらえるのが弱すぎて・・・もっと観たかったなぁと思いました。

 

ケンドーコバヤシさんは普段テレビで観る通りと言いますか、基本的に動じないといいますか、一定のテンションで淡々と着実に仕留めていきます。

 

僕的にめっちゃツボなのがロバート秋山さんでして。梅宮辰夫さんのネタとかよりも誰だかわからないけど誰かを演じている秋山に弱いんです(笑)会場を貸しているオーナーみたいな感じで変装して演技してきたネタが一番笑ったかもしれません(笑)「こんなに散らかすなんて聞いてないんだよなぁ。そういう話じゃなかったなかたよなぁ」みたいな、こういう人いるわ~が本当に面白いし好きです(笑)

 

予想外に大健闘したのがオードリー春日。滑りまくって終わるかな~と思っていたのですが、意外と笑わせて頂きました。アメリカのズボンにキューバの帽子とか(笑)ただあまりに下品な芸を披露していて、しかもそれがかなりの武器となっていたのがなんとも言えません。僕はああいう下品なのは正直苦手なので。

春日と同じく予想外に大健闘したのがレイザーラモンRG。喫茶店のマスターの扮装めちゃめちゃ笑いました。実在するらしいのですが、クオリティもかなり高いみたいです(笑)ゾンビタイムも大活躍(笑)

f:id:myprivatecomedy:20180804125142j:plain

 

 くっきーは安定の面白さを発揮してくれていまして。写真ネタやばいです。ズルいです(笑)そしてくっきーが一番輝いたのはゾンビタイムでした(笑)かなり鉄板なネタをぶち込んできています。僕的にはなかなかにホラーなネタでしたが(笑)攻めまくる姿勢は尊敬に値します。

 

TKOの木下さんですが、僕は昔からこの人あまり面白いと思っていなくて。。。好みの問題だと思いますが、案の定この『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』でも木下さんに関してはあまり笑えませんでしたね~。しかしこの人自身も笑わないので最終決戦までの残ります。笑わないのも強さなんでしょうけど、後藤とかに残ってほしかったな~というのが率直な感想。

 

サンドウィッチマン伊達みきおさん!サンドウィッチマン大好きです。伊達さんも面白くて好きなんですが、いかんせん『ドキュメンタル(DOCUMENTAL)』向きではないのかなとも思いました。喋りとかコントのクオリティの高さで笑わせている人なので、ギャグ系ではないですからね。要所要所では光るものを見せてくれていますが、ドキュメンタルではそこまで輝けなかった印象。

 

プラスマイナスの岩橋。誰だこの人?という状態で観始めまして「ああ!カップヌードルナイスのCMの人か!」と気付きました。ちなみにあのCM苦手なんですよね、あの歯をカチカチしているシーンが特にダメで・・・。そしてこの人の笑いも予想通りというか案の定というか、全然ダメでした。何が面白いのか全然わからない状態でした。周りも「それの何が面白いの?」という感じだったし。それなのにすっごい仕掛けるんですよね。辛口な心ないことを言うと、いないでよかったんじゃないかと思ってしまうほどに苦手でした。残念。。。

f:id:myprivatecomedy:20180804130407j:plain

 

そしてそして、

まさかまさかの極楽とんぼ山本圭壱さんが参戦です(笑)登場した時予想外過ぎて他の芸人さん達普通に驚いていました(笑)山本圭壱さん本人は本当に嬉しそうでしたね、「ありがとうございます!」って松ちゃんにお礼言ってましたし。ここで山本圭壱さんをキャスティングするあたりが松本人志のすごさの一つだと思います。ただこの山本圭壱さん、よほど嬉しかったのか終止ニヤニヤしてしまいます、久しぶりの仕事と他の芸人との再会にテンションが高いままだったのでしょう(笑)そのニヤニヤからカードも出されますし松ちゃんから厳重注意も受けることに(笑)

しかしここからが強かった山本圭壱さん。名だたる芸人たちが脱落する中、しっかり生き残っていきます。もつれ込んだ後半戦、歓喜の中心にいたのは前半では考えられなかった山本圭壱さんでした!!

 

シーズン1、シーズン2に比べてパワーアップしているかと言われれば何とも言えませんが、企画内容も出演者も変わっているわけですからそれぞれの良さで観る感じですかね。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

欲を言えば、ネットだからこんな下品な事もできるって感じの流れはやめてほしいな~と思っています。それ以外でネットならではの勝負どころをもっと増やして欲しいですね!!!