THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

『マネーの虎』は極上のエンターテインメントだったと思う。ネット配信かDVD出して欲しい。

一世を風靡したテレビ番組『マネーの虎

マネーの虎』というテレビ番組を知っていますか?大人気番組だっと記憶していますので、世代が合う人はほとんどの人が知っているのではないでしょうか。

今の時代、起業するということがかなりマジョリティになっていることを考えると、今やっても非常に面白いと思いますし、逆に当時で言えば結構先進的なことをやっていたんだなぁと思います。今だとクラウドファンディングとかがあるから、あまり志願者いないかもしれませんが。でもホリエモンとかが虎として出資する側にいたらとても面白そうですよね。

そう、このマネーの虎という番組では、

出資する側の社長たちを『虎』と呼んでいたのです。

 

虎と呼ばれる社長たちは当時はもちろん儲かっていた人たち。そして当たり前ですがその社長たちの個性派様々でそこがまた面白かったです。

僕の個人的にはというかたぶん一番人気のあった社長(虎)はこの人ではないかと。

f:id:myprivatecomedy:20180803203838j:plain

 

貞廣一鑑さん。衣食住トータルプロデュース株式会社商業藝術代表取締役社長。

たしかマネーの虎に出演していた時は株式会社ラブの社長だったはず。現在は会社名が変わっていますね。

貞廣社長は決して声を荒げる事もなく、鼻で笑う事もなく、志願者の人間性を尊重する社長というイメージでした。とてもハートフルな人。ただもちろん情に弱いという事もなく、可能性を感じないものにはお金を出すことはありません。しかし何がいけないか、なぜ自分が無理と思うかをしっかり志願者に説明していました。本当に優しい人という印象です。最後に「頑張ってくださいね」という言葉もちゃんとした志願者には掛けていましたし。周りの虎たち(社長たち)があまりに心ない言葉を志願者に浴びせた時は、他の虎に噛みつく面もあり、熱さもしっかり持っているとても魅力的な社長でした。

 

そして次に人気があったのは多分この人。

f:id:myprivatecomedy:20180803204936j:plain

 

高橋がなりさん。株式会社ソフトオンデマンドの創業者であり元代表取締役。現在は国立ファーム有限会社の代表取締役

マネーの虎出演時は株式会社ソフトオンデマンドの社長でしたね。貞廣社長よりもこの人の方がある意味ハートフルかもしれません。他の社長たちより明らかに考えが違った人で、投資したからには儲かってほしいという思いもなく、「俺投資するからあなた一回失敗したほうがいいよ」と言って大金を投資してしまうような社長でした。自分が得することよりも、志願者を人間として成長させたいと思っている人でした。また、夢を持った人でしっかり頑張っている人にはとても優しい人でした。

ただ穴だらけだったり甘い考えの人にはあっさりと相手にしなくなるという面も。とにかく熱くていい人でした。好きだった視聴者も多いはず。

 

そしてお次は名物となっていたこの虎です。

f:id:myprivatecomedy:20180803210320j:plain

堀之内九一郎さん。株式会社生活創庫の創業者で元代表取締役社長。倒産し現在は何をしているか不明。

一番目立ってたと言っても過言ではないでしょう。堀之内社長はまったくお金を出さないことで有名でした。元ホームレスという異例の経歴を持っている堀之内さん。一時期はリサイクルショップを全国に展開していましたが、競合他社に勝てなかったようです。とんちんかんなことも結構発言する人でネットでもネタにされることも。一生懸命自分の事業の内容を説明した外国人に対して「自分でやればいいじゃん。銀行からお金借りるとかしてさ」と発言し、「そのお金を出資してもらうための番組じゃないのか」と返され黙り込むという、ちょっと「??」な人です。

この人は基本的に志願者の上げ足を取るのが好きで、他の社長たちからも正直あまり相手にされてない感じだったし、ウザがられていた印象です。しかし、この人がいて『マネーの虎』という番組は盛り上がったと言ってもいいぐらい、いつも出席しているし問題発言をたくさんしていました。

 

そして次もなかなか名物な虎です。この人。

f:id:myprivatecomedy:20180803211809j:plain

小林敬さん。株式会社小林事務所の元代表取締役。株式会社ジャパンフードシステムズ元代表取締役。会社は倒産。

とにかく口が悪かった印象。画像見てもらえたらわかると思いますが(笑)ただ綿密に考えてきた志願者の話はかなり興味を持って突っ込んでいました。電卓をはじきながら質問をしていましたね。ご本人が飲食業界のショーンコネリーの異名をとってた人なので、飲食業界の志願者には厳しくもあり優しくもありといった感じでした。

ただバリバリの体育会系思考の持ち主で、根性論が大好きです。この人に密着したドキュメントを観たことがあるのですが、やばかったです・・・。怒鳴り散らすし手は出すし。部下はかなりきついと思います。部下に向かって『お前の人間性ぐちゃぐちゃにしてやるからな』と言っていたのは引くのを通り越して笑ってしまいました。

巨大テーマパークの投資に失敗して表舞台から姿を消したみたいです。

この虎も堀之内社長同様ネットを賑わせていますね。ただ言ってることは筋が通っていることも。僕は嫌いじゃなかったです。

 

次も『まねマネーの虎』名物社長です。

f:id:myprivatecomedy:20180803213242j:plain

川原ひろしさん。株式会社なんでんかんでんフーズ代表取締役社長。ラーメン屋なんでんかんでんで一世を風靡。しかし様々な事情から経営が悪化し、本店はじめ直営店フランチャイズ店が2015年までに閉店。タレント活動も行っている。

ダウンタウンガキの使いやあらへでにも出演されていて板尾創路さんと絡んでいました(笑)

番組内ではかなり頭のよろしくない社長の立ち位置でした。自分の発言を他の虎に否定されることもしばしば。先入観で人を見る癖があり、気に入らない志願者には否定するばかりで話を聞かない印象。しかし、もちろん好印象の志願者と内容であればしっかり出資していた。

ラーメン屋を開きたいという志願者が来た時に、『うちでしっかり修行するならいい』という条件を出したところ、志願者から『おたくのラーメンはうまいと思わないから嫌だ』と言われ、あまりに焦ったのか、

『う、うまいよ!!』

とテンパりながら発言し大いに笑わせてくれました(笑)しかし『なんでんかんでん』は実際人気のラーメン屋だったので味はきっとおいしかったんだと思います。

 

そして次で最後になります。この人。

f:id:myprivatecomedy:20180803215210j:plain

南原竜樹さん。自動車輸入販売の株式会社オートトレーディングルフトジャパン改めLUFTホールディングス代表取締役

非常にクールで頭の切れる社長という印象です。ただちょっと天然というか変わっている部分もあり、虎同士で揉め事が起きた際に「くだらない」と言わんばかりに早々に席を立ち退出するが、引くドアを押してしまったことはあまりに有名。

自分が面白いと思ったものには投資もするし、質問もズバズバして歯に衣着せぬ物言いが爽快でした。どこか可愛い部分もあって僕は好きでした。

会社が倒産の憂き目にあい多額の借金を背負うも見事に現在復活を遂げているやはりやり手の社長。フランスロールという当番組で出資されたのちに大成功をおさめたクレープに対して、他の虎が絶賛する中で甘い甘いと一人褒めなかった。間違いなく甘党ではないと思われます。

 

そしてこの人なくして『マネーの虎』は語れません。

f:id:myprivatecomedy:20180803220215j:plain

吉田栄作さん。虎と志願者の橋渡し役でいい緩和剤となっていました。志願者を見る優しい眼差しが印象的です。

稀に志願者の計画が自分の許せないものの場合は退出してしまう一面もあり、人間味に溢れていました。食いしん坊のイメージをこの番組では付けられていて、無類の麺好きや無類のファーストフード好きなど、志願者が飲食系の場合は「吉田ががっつく」と必ずナレーションを入れられていました(笑)

そしてあまりに有名なセリフ、志願者が出資してもらえなかった際のセリフ

『ノーマネーでフィニッシュです』

伝説のセリフです(笑)

 

他にも社長、つまり虎は何人も出演しているのですが、今回はこれぐらいで。

最後に印象に残っている数人の志願者を紹介したいと思います。

大金をゲットした志願者とあえなく撃沈した志願者

虎たちがこぞって出資したがった伝説の志願者と言われている人がいました。

f:id:myprivatecomedy:20180803221144j:plain

とても誠実な家具職人の人で、最初は緊張で全然喋れなかったものの、逆にそういった部分も虎たちに気に入られます。変に取り繕うとしない部分が良かったんですね。この人はカフェスタイルのハンドメイド家具屋を開きたいという事で500万円を希望。結果的に三人の虎が出資すると名乗りを上げ、貞廣さんにお願いしたいと500万円を貞廣社長から受け取りました。堀之内社長はとても出資したがっていましたが、完全に人間力で貞廣社長に負けました。その後もしっかり成功されているそうです。本当に純粋な人でこの回は油断すると泣けてくる回になっています。

 

 

いけそうな雰囲気だったのに無知ゆえに大金を逃した志願者はこの人。

f:id:myprivatecomedy:20180803221742j:plain

フットサル場の運営とサッカースクールを開く資金を求めてやってきた人。小林社長はじめ虎たちもなかなかに興味を示していて、もしやいけるか!?という雰囲気があったものの、損益分岐点を尋ねられて、まさかの損益分岐点がなんなのかも知らない大失態。南原社長がキレます。「あなたおかしいんじゃない?帰っていいよ」と冷たく言い放ちます。さすがに損益分岐点を知らない人に大金は出せないでしょう。

 

虎たち全員から嫌われたある意味レアな志願者。

f:id:myprivatecomedy:20180803222201j:plain

パンレストランを開きたいというパンをこよなく愛する志願者。「パンしか出さないのか?」という質問に「パン、パン、パン、サラダ、パン」と答え、「は?」となった虎に対して再び「パン、パン、パン、サラダ、パン」と答えた強者。堀之内社長「何をいっているんかわからん」と匙を投げた志願者。喋り方に癖もあり過ぎて虎たちから総スカンをくらっていました。貞廣社長はこの志願者の自分に酔ってる感じがツボだったのか笑いをこらえています(笑)もちろん撃沈。

他にも本当にたくさんの志願者が出演したこの『マネーの虎』。もちろんビジネスの勉強にもなる回もあって、そしてなにより面白いんです。今の時代にオンエアしても受け入れられる番組だと思うんだけどなぁ。新しいのもいいけど、僕はこの頃のマネーの虎が観たいです。

なので、

ネット配信かDVD化を切に願います!!!

それでは、

ノーマネーでフィニッシュです(笑)