THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

今さら昔のAKB48を聴いたり観たりしているけど、前田敦子ってすごかったんだと思い知らされた

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

昔は興味なかったから新鮮な気持ちで昔のAKB48を聴けているし、正直ハマってます(笑)

昔は全然興味なくて、正直言ってテレビとか観てても「なんでこんな人気あるんだろうなぁ。わからん。。。。」ぐらいに思っていました。そんなにかわいい子いるかしら?ってぐらいで。ファンの方々ごめんなさい。

 

でも、

 

でもですね、

以前に書きましたが、僕は初代じゃんけんチャンピオンの内田眞由美さんと共演させて頂いたことがありまして。

それについてのブログはこちら

www.myprivatecomedy.net

この時知り合ったのがきっかけで「AKBってすごいや」と冗談抜きで思ったわけですが(ちなみにこの『岩にしみ入る内田さんの声』を読んで更に「AKBってすごいや」と思わされています)、この時以降に内田眞由美さんがとても魅力的だったこともあり彼女のセンター曲であるAKB48チャンスの順番を聴くようになるわけですが、このじゃんけん選抜の中にはいつもセンターを張っている前田敦子さんがセンターではないポジションでメンバー入りしているのですが、『チャンスの順番』のPVを観ていると逆にセンターポジションじゃない時の方が前田敦子さんのすごさを思い知らされるというか。

 

完全に目を持っていかれるのです。

f:id:myprivatecomedy:20180719222612j:plain

 

これがセンターを張り続けてきた人のすごさなのかと思い知らされるというか、素直に「うわー!やっぱり前田敦子ってこんなにすごいのか!華がある!」

と素直に思いました。

 

スター性があるんですねぇ、生まれ持ったものなのかセンターというプレッシャーを抱えながら戦ってきた結果身に付いたものなのか。

たぶん両方なのでしょう。

もともとスター性がなかったらセンターを張るようになってないですよね。そこからさらにスター性が磨かれていったという感じでしょうか。

 

本当にとてつもないプレッシャーだと思うんですよ。人気グループでセンターを張るって。たぶん大げさに想像してもきっと足りないと思います。松井珠理奈さんがプレッシャーに耐えられていないのかわからないですが、相当メンタル強くないと絶対できないものだと思います。

それをずっとやってきたわけだから、もう今なんてほとんどのことじゃ動じないんじゃないでしょうか。

 

チャンスの順番』きっかけで他のAKB48の曲を聴くようになったけど、意外と良くてかなり聴いてます(笑)

元々は『チャンスの順番』を聴きたいがために、『チャンスの順番』をパソコンに入れてアイフォンに入れたいがために、AKBのベストアルバムをTSUTAYAで借りたのです。

せっかくなのでもちろん全曲入れるわけですが、しばらくは『チャンスの順番』だけを聴いていたのですが、PVも観ているうちに前田敦子さんのすごさを知り他の曲も聴くようになったわけですが、

 

まさかのいい感じでハマってます。

 

とはいってもまだ何曲かなんですけどね。

聴いてる曲を参考までに

ポニーテールとシュシュ

ヘビーローテーション

『Biginner』

チャンスの順番

Everyday、カチューシャ

フライングゲット

『風は吹いている』

上からマリコ

GIVE ME FIVE!

真夏のSounds good!

ぐらいですかね(笑)

 

というかわかる人は一瞬でわかると思いますが、『0と1の間』っていうベストアルバムの『チャンスの順番』が入っているディスクを聴いているだけなんですけどね(笑)

でも最近PVを観てしまうのが『フライングゲット』で、なんだかかなりお気に入り曲になっています。

f:id:myprivatecomedy:20180719224741j:plain

うーん、圧倒的オーラ・・・。

 

当時は何とも思わなかったしどちらかと言うと流行りものというかあんまりいい目で見ていなかったけど、やっぱり先入観ってよくないですね。ちゃんと知ってから判断するべきですね。

 

そんなわけで、前田敦子さんのすごさを今回書かせて頂いておりますが、私はうっちーこと内田眞由美さんのファンですからね(笑)彼女がいなければAKBというものに全く興味を持たないままだったでしょうし。

 

とは言っても今のAKBのメンバーは全然わからないし曲も知らないですが。あくまで昔のAKBに今ハマっているといった感じです。

 

このマイブームはまだまだ続きそうな予感です(笑)