THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

Amazonプライムビデオ『ドキュメンタル DOCUMENTL』シーズン2を鑑賞 ネタバレあり

『ドキュメンタル 』シーズン2を鑑賞しました

f:id:myprivatecomedy:20180717220936j:plain

プロレスのポスターみたいですね(笑)

笑いの格闘技だからこれでぴったりだと思います。

f:id:myprivatecomedy:20180717210431j:image

今回の挑戦者は

宮川大輔さん

ジミー大西さん

藤本敏史さん(FUJIWARA

小峠英二さん(バイキング)

大島美幸さん(森三中

児島一哉さん(アンジャッシュ

吉村崇さん(平成ノブシコブシ

斉藤慎二さん(ジャングルポケット

津田篤宏さん(ダイアン)

日村勇紀さん(バナナマン

 

うーん。今回も濃いですねぇ。濃いです。

シーズン1もとても面白かったこちらのシリーズですが、今回もたくさん笑わせて頂きました。

ルールなども含めてシーズン1の出演者と感想はこちら

www.myprivatecomedy.net

 

 

が、しかし

 

個人的にはどちらかと言うと

 

シーズン1の方が面白かったかな〜

 

いやもちろんシーズン2も面白かったんですが、

 

ネット番組の自由さを謳歌しすぎたというか…

 

シーズン2は

 

さすがに下品過ぎました。

 

あくまで個人的にですが。

 

好きな人は好きなんでしょうけど、僕はあまりの下品なネタの多さに少々げんなりしました。

でも誤解してほしくないのですが、もちろん全然面白いんですよ?

欲を言えばって感じです。

 

シーズン1との違いで言うと、まずは『ポイント制』というものが導入されました。

これは前回のシーズン1で優勝者を最終的に1人に絞れなかったことから作られたルールですが、簡単に言うと周りを笑わせた回数がポイントの数となります。

もしも時間切れで複数人残っている場合はこのポイント制が優勝者を決める材料となります。

 

それでは出演者にスポットを当てていきましょう。

 

前回に続いて出演の芸人、今回初参戦の芸人が見せる笑いの格闘技

前回に続いて出演のフジモン宮川大輔ジミー大西のベテラン勢は少し場慣れした感を醸し出しつつも、そういった経験が役に立たないのが『ドキュメンタル』。

そして今回が初参戦のメンバーたちが醸し出す緊張感とともにゲームは進んでいきます。

相変わらず最初から飛ばしまくりのジミー大西さん、その空気の読めなさに前回同様周りからは避難轟轟。しかしそんな中でもぺーしを崩さないのがジミーちゃん。マイペースで様々なギャグを繰り出すものの、自分自身も笑いに耐え切れないのがこの人。着実にカードをもらっていきます。

 

そして前回も出場の宮川大輔さんですが、この人も集中力の乱れから早々にピンチを招きます。ていうか宮川大輔さんこのゲーム弱い気がする(笑)

f:id:myprivatecomedy:20180717222046j:plain

必至にこらえる宮川大輔さんもまた面白いんですけどね(笑)

 

しかし笑ったら負けなのがこの『ドキュメンタル』のシビアなルール。

そう

f:id:myprivatecomedy:20180717222236j:plain

なのです。

 

そしてフジモンさんですが、今回もいい味を出しているというか(笑)この人『ドキュメンタル』でかなり大事な役割を果たしていると思います。回すし面白いし、そして可愛いんですよね(笑)フジモンさん絶対いい人だと思う。

 

そして今回初参戦メンバーもさすが精鋭といった感じで見事に笑わせてくれます。

f:id:myprivatecomedy:20180717222556j:plain

元々好きだったけどこの『ドキュメンタルシーズン2』でさらに好きになったのが小峠さん、児島さん、津田さんの三人。

 

児島さんは個人的にめっちゃツボなのでもっと残ってほしかったです。

 

津田さんは実は僕『ガキの使いやあらへんで』とかダウンタウンの番組に出てる時ぐらいしか観たことなかったんですが、その時から面白いなぁと思っていたのですが、今回でかなり好きになりました。津田さんキャラも良いし面白いです(笑)

 

小峠さんはもう言わずもがなというか(笑)顔も面白いし突っ込み芸はもうかなりハイレベルなのではないでしょうか。言葉のチョイスも絶妙に面白いし動きも面白いし今回のドキュメンタルでもかなり面白いです。多分僕は小峠さんで一番笑っていると思います(笑)

大島さんは完全に笑い上戸ですね(笑)弱いです(笑)仕掛けもそこまで面白いものもなかったかなぁという印象。紅一点で頑張ってはいましたが。

 

問題は・・・

 

斉藤さんと吉村さん

 

元々嫌いなお二人ではないんですが、ドキュメンタルでの二人はちょっと僕的には残念だったというか・・・しゃしゃる割には面白い部分があんまりなかったなぁという印象です。それでもかなり後半まで残りますが。斉藤さんに至っては小峠さんとの一騎打ちまで残ります。斉藤さんは覚醒が遅かったようです(笑)

 

そして、ついに決戦の時が来るわけですが、

 

栄えある優勝者の栄光に輝いたのは・・・

 

小峠英二さんでした!!

 

札束を掴んでこの喜びよう

f:id:myprivatecomedy:20180717223943j:plain

 

やったー!!!!!と連呼していました(笑)喜んでいる様まで以上に面白かったです(笑)

 

いやでも本当に半端ない賞金です。松ちゃんも100万円出しているのでその額1100万円。やばいですよね・・・。

 

個人的には小峠さん優勝で嬉しかったです。面白いしキャラも本当に好きだし(笑)

 

しかし本当に過酷な戦いだと思います。笑わないのも大変なのに笑わせなくてはいけないわけですから。

ちなみに僕がもしこの場にいたら一瞬で脱落していますね(笑)笑い耐えられるか試してみましたが一瞬で笑ってしまいましたから(笑)

 

ちょっと下品さが多かったのシーズン2でしたが充分楽しませて頂きました。

シーズン3も楽しみです!!