THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

日本サッカーにはゴールキーパーのレベルを上げることが急務 川口・楢崎に見るキャリアの大切さ

日本代表の戦士たち!感動をありがとう!

 

サッカー日本代表の皆さん。

本当にお疲れ様でした!

ベルギーとの戦い、本当に感動しました。ありがとうございました!

とてつもないプレッシャーとの戦いだったと思います。当事者しかわからない苦しみが多々あったと思います。そんなプレッシャーと戦いながら、感動をありがとう。

スポーツって本当に素晴らしいなと改めて思わされました。

 

正直に言って、もしかしたらかなりの点差で負けるかもと思っていました。まさかリードするなんて思っていませんでした。日本サッカーの特徴、良さが存分に出ていた試合でした。

欲を言えばもちろん勝って欲しかったけれども、どちらも必死に戦うのがワールドカップ。結果は仕方ないことです。

そしてどうしようもなく悔しいのは観客の僕らではなく、戦っていた選手たち。

今は感謝の気持ちと共にねぎらうことしかできません。

 

日本のサッカーは機能していればしっかり世界のトップレベルに通用する。それを証明できた事が日本のサッカーの未来を明るく照らしているのではないでしょうか。

 

個人的には昌子選手の試合後の悔しがっている姿を見て涙がこみ上げて来ました。ほんのワンシーン、ほんの数秒のプレーで結果が変わるサッカー。僕らには想像できない悔しさがきっとあるのだと痛感しました。

でも、充分に覚悟と誇りを見せてくれました。だからこそ観る者を感動させるのだと思います。

 

これからの日本サッカーにもみんなでしっかり盛り上げながら期待しましょう。

 

そして、日本サッカーの一つの大きな課題。他の世界のチームとの決定的な差。僕はずっとゴールキーパーをやって来たからかもしれませんが、日本サッカーが育成に力を入れるのはゴールキーパーだと思いました。

 

川島を責めない。足りないのは日本のゴールキーパーのレベルの底上げ。

 

今回のワールドカップ、どうしても目立ってしまったゴールキーパー問題。

www.myprivatecomedy.net

一度書かせて頂きましたが、もう終わってしまった今、川島選手をとやかく言うことはしません。正直ポーランド戦もいい出来とは思わなかったし、ベルギー戦でも決していいゴールキーパーだったとは思いませんが、日本代表のゴールキーパーコーチが、西野朗監督が選んだのが川島選手だったのですから、きっと最善の選択をしたのでしょう。

 

そうなると問題は、

日本はゴールキーパーの育成がうまくいっていない

ということでしょう。

日本のサッカーの良さ、特性というものは徐々に確立し、機能すれば世界と戦えるという事を証明してくれた今、どうしても目立つのは世界と比べて日本はゴールキーパーのレベルがどうしても低いという事。川島選手が悪いわけではなく、川島選手を出さざるをえなかったことが問題なのです。

川口・楢崎の時は日本のゴールキーパーのレベルが低いという印象は正直ありませんでした。事実充分通用していたと思います。

しかしこの川口・楢崎というのはユース代表の頃から飛び級で上の世代の代表に入り、超高校級ゴールキーパーとして高校時代から一歳違いで大きな注目を集めていた二人。また高卒から一年目・二年目でJリーグでもレギュラーを奪取し、22歳・21歳で日本代表にも入っていた逸材。つまり日本のゴールキーパーの全体のレベルを考えた時に、この二人はあまりに異色なのです。

この二人の上の世代にも下の世代にも、川口・楢崎に匹敵する逸材は日本のゴールキーパーにはいなかった。松永茂立の下の世代のゴールキーパーがなかなかいなかったように。

今は小学生からクラブチームでサッカーをすることが主流となり、育成の質も確実に上がっているはずなのに、なぜかとんでもない選手はゴールキーパーには出てこない。

逸材はいるのかもしれません。

個人的に思うのは、ゴールキーパーというのは実践が非常に大切になるポジションです。だからこそゴールキーパーは実力派もちろんながら、キャリアの為には出場を引き寄せる運も必要になってくると思います。

川口能活マリノスでサテライトでくすぶっていた時に、世代交代を唱えるソラリ監督によっていきなりレギュラーに抜擢されました。当時マリノスのゴールを守っていたのは日本代表でもあった松永茂立です。そして控えにキーパーもいました。そんな中で川口はレギュラーに抜擢されたのです。その後間もなく川口は若くして日本代表のレギュラーにも定着します。ソラリ監督の大胆な采配がなければ全然変わってきていたと思います。

そして楢崎正剛フリューゲルスで控えに甘んじている中で、レギュラーの森が退場処分となりチャンスを掴み、そしてそのチャンスを活かしました。川口が日本代表のレギュラーとして定着している中で、トルシエ監督は二人を争わせました。他の監督だったら争わせずに川口をずっと起用していただけかもしれません。

今くすぶっているゴールキーパーの若い才能があるなら、どうにか早い段階で出場の機会を得て頭角を現してほしいです。実践経験をどんどん積んでほしいですし、出来る限り代表戦などプレッシャーのかかる試合に多く出場してほしい。

監督によっては育てる意味でも、中村航輔を今回起用したかもしれません。でもそれを今言っても仕方ありません。もう次の戦いが始まっているなら、次の代表戦から中村を起用してほしい。そして中村よりいいゴールキーパーがいるならそのキーパーを起用してみてほしい。とにかく、早い段階でキーパーを固定するのをやめて欲しい。フィールドプレーヤーのように交代しづらいからこそ、もっと慎重に選ばなければいけないと思います。

f:id:myprivatecomedy:20180703231211j:plain