THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

海外ドラマと比較はできないけど日本のドラマは俳優から見ると閉鎖的なのが現実

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

日本のテレビドラマは小さい事務所の俳優は出演しづらいのが現状

幼い頃から夢中になって観ていたテレビドラマ。

面白いドラマたくさんあって来週が楽しみで仕方なかったあの頃。

最近は、というかここ何年かはなかなかそんなドラマにお目にかかる機会もめっきり減ってきました。『半沢直樹』や『陸王』は夢中になって観てましたが。

自分が出演したドラマも全話を観るなんてことはまずないのが現状です。(それはあかんやろ~と思われそうですが、実際そんな感じでした。ごめんなさい!)

これは僕が成長したからなのか単純にテレビドラマの質が落ちているのか・・・たぶんどっちもなのでしょう。新しい形を作れていないことが一番大きいのかもしれません。

ネットドラマやWOWOWの台頭も凄まじくて僕自身最近もテレビドラマは観ていないのに『きんぴか』や『ミスシャーロック』は観ていたりします。今度レビュー書かせて頂きます。しかし竹内結子さんホントに綺麗。。。

 

もう完全に押されてますよね、テレビドラマは。飽きられているといっていいでしょう。それも仕方ないと思います。同じようなストーリー、毎回同じようなキャストの顔ぶれ、話題性欲しさにお笑い芸人さんを起用することも本当に多いし、もはやクオリティで勝負してる感がまったく感じられないというか。

 

昔に比べて芸能界に関与していない一般視聴者が、俳優のごり押しとかバーターとかわかっちゃう世の中になっているのもすごいですよね、昔じゃ考えられない(笑)大手事務所だから出てるのかなどよくネットで見掛けますが、もうそんなことがバレている時点でダメですよね。なのに形を変えようとしないテレビドラマ業界。俳優として志高い人は早い段階から映画はもちろんだけどWOWOWやネットドラマに精力的に出演していましたもんね。売れてる人たちでももううんざりしている俳優けっこういるんだと思います。

 

そしてこのテレビドラマの世界、大手事務所でもない知名度のない俳優が役付きでレギュラー出演することははっきり言って

 

超至難の業です!!!

 

僕レベルの役者ですと一応本数的なはそれなりに、そして役付きでテレビドラマには出演させてもらってきましたが、

 

すべて一話のみ、良くて二話続きのゲスト出演のみです!!

つまりはレギュラーは0本です。。。

自分の実力不足、行動不足といったらそれまでですが、実際テレビドラマってこんな感じでした。ゲスト出演はオファー頂いて出てるのに、レギュラーのお話は一度ももらえなかったなぁ。悲しい。あ!深夜ドラマは準レギュラーぐらいの時ありました!

 

テレビドラマに関してもっと言うとですね・・・

 

テレビドラマのオーディションすら行ったことないです!!

タイトルに閉鎖的と書かせて頂いたのはこのことです。

これは大手事務所であったり、ドラマの制作会社とかなり関係を作れている事務所でないとなかなか機会に恵まれないと思います。

悲しい現実です。。。

まぁもちろん大手事務所の若い俳優とかはしっかり華あるし選ばれし者的な感じもしっかりあるんですけどね。大手事務所にもなかなか所属できないというのも俳優が苦しむ現状だったりします。

ではどうやってそこに当てはまらない人たちはドラマに出るのか?

すぐに思い浮かぶのはやはり『舞台で活躍し台頭してきた俳優たち』ですよね。その結果その枠はほとんどがベテラン俳優です。そしてしっかり演技も出来てドラマを面白くしたり引き締めてくれたり。そういう人がたくさん出た方が作品としては面白いだろうにそういうことわけにもいかないんですねぇ。

ただスポンサーとか大人の事情も多々あるんだと思います。僕が好きかって書いているのもそういう大人の事情を考慮に入れてないからですし。

 

スター不在も深刻な問題

誰もが知っている、誰もが人気者だと認めるスターがいないという事も大きいと思います。もちろん人気のある若手俳優はたくさんいるけれど、『こいつは別格』という人気の俳優ってタレント・アイドルも含め今っていないですよね。

わかりやすく言うと、全盛期の木村拓哉さんのような。

木村拓哉さんの全盛期のすごさに関しては以前書かせて頂いたので良かったら・・・

www.myprivatecomedy.net

やはりこの時のようなスターがいれば少し状況は違ったのかなとも思います。

しかし現在木村拓哉さんのようなスターがいないというのも、テレビの影響力の低下が原因の一つだと思います。だから何とも言えないんだけれども(笑)

この俳優が出ればヒット間違いなしって人はいないですからねぇ。ちなみに僕は木村拓哉さんに関しては、みなさん月9のイメージが強いと思うのですが、僕は『ギフト』とか『人生は上々だ』とかがとっても好きでした。若い人わからないですよね(笑)

 

話ズレちゃいましたが、これからはネットドラマの方がどんどん主流になっていくのかなぁと思います。俳優陣も魅力的な人が多く出演しているし、テレビほど閉鎖的な感じも受けないし。『誰?』と思う俳優もそれなりの役で出てたりしますからねぇ。

一番いいのはそんな垣根などなく、いい作品作るために切磋琢磨して、俳優も完全に実力主義や役のイメージに合う人をどんどん起用する形になっていくことだと思います。

そんなエンタメ界になることを多くの人が望んでいると思います!

 

夢や楽しみを人々に届ける仕事ですからね!

f:id:myprivatecomedy:20180702212349j:plain