THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

日本のお笑いリテラシーを高めたバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』

多くのファンを持つバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ

f:id:myprivatecomedy:20180621103233j:plain

今でも多くのファンを持つ伝説のバラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』。

日曜20時のゴールデンタイムに放送されていて、コントの質の高さや企画の面白さは他のバラエティ番組とは一線を画していて、異色でありながら秀逸な番組として多くのファンを持つと同時にたくさんの人達のお笑い筋肉を鍛えた番組と言えるでしょう。今で言うとお笑いリテラシーを高めたといった感じでしょうか。

そしてもちろん僕自身もそれはそれはドハマりしていた番組であります。

毎週毎週楽しみで仕方なかったし、お腹抱えて笑ってました。

ダウンタウンが本当に好きでしたし、またダウンタウンと共に番組を支えていたメンバーも好きで。番組スタート時からを考えるといろんな人が出演していますが、僕は王道かもしれませんがやっぱり今田耕司さん、東野幸治さん、板尾創路さん、ホンコンさんが好きでした。松ちゃん浜ちゃんと彼らの関係性もなんだか好きでしたね。当時はお二人が黒いと言ったら白いものもすべて黒になるといった関係性だったと思います(笑)当初はダウンタウンのおかげで東京に進出できたと思うし、そもそもダウンタウンの事を大好きな人たちだし、そして彼ら自身も面白いし最高のメンバーですよね。

今ももちろんダウンタウンとこのメンバーは大好きです。僕はテレビあんまり観なくなっちゃっているのですが、ダウンタウンの番組、お二人が個々でやられている番組はすべて録画しています。溜まったダウンタウンの番組を観るのが僕のかなり大きな楽しみです。

お二人とも本当に丸くなったなぁって心から思います(笑)関西時代は僕はあまり知らないけど、東京進出してきた時から本当に尖ってましたからね。もちろん年齢と共にいい意味で丸くなったという印象です。今のダウンタウンのお二人もかなり魅力的ですから。

ダウンタウンのごっつええ感じ』ファンとしては密かにかなり嬉しいのが『ワイドナショー』でして。この番組今一番好きな番組です。世間の流れもこの番組で知るようにしていて、なにより松ちゃんと東野幸治さんの掛け合いがやっぱり最高なんですよね。二人にしかわからない空気感があるのもたまらなく好きです、お互いがお互いの事よく知っている関係だからこそといいますか。東野幸治さんが高校生の頃からダウンタウンは可愛がってたらしいですからね(笑)

 

ダウンタウンのごっつええ感じ』に受けた影響

当時はただただ面白いと思って観ていた『ダウンタウンのごっつええ感じ』ですが、今までの人生で何度もコントなど観返していますが当時は思わなかったことの一つに、ダウンタウンって他の自分たちの番組もそうですが「絶対に媚びない」ですよね。

視聴者に媚びない、視聴者に媚びないという事はスポンサーにも媚びない、ということは同時にテレビ局にも媚びない、いや~ダウンタウンって本当にすごいですよね。しかし面白いから成立させてこれてるんですよね。面白いかだけで評価されるというエンタメの本来あるべき形を体現してくれていると思います。政治的なものとかそういうことではなく。

そしてこのスタンスは多くの芸人さんに影響を与えたのではないかと思います。しかしこれを実践するのはかなり至難の業でしょう。だからこそダウンタウンというコンビは尊敬、崇拝され、今もトップの位置に君臨しているのでしょう。

 

そんな尖りまくっていたダウンタウンですが、最近の松ちゃん浜ちゃんは番組中に本当によく笑うようになったなぁってすごく思います。昔はつまらない人は切り捨てる感もあった気がしますが、そういう人が番組に来ても活かして面白くしてしまうから本当にすごいというか偉大というか。なにより他の人の発言で笑うことが多くなりました。特に浜ちゃんは笑い過ぎじゃない?って思うほど高笑いしているところをよく見かけます。そんな姿もほっこりできて嬉しいんです。

 

僕が個人的に大好きだからと言われたらそこまでだし、お笑いの好き好きなんて人それぞれだと思うから、そこもふまえたうえで、ダウンタウンがお笑いのレベルを上げた功績ってものすごく大きいと思います。子供っぽいお笑いや親が見せたいテレビなんて目指す事もなく、ただただ自分たちが面白いと思うものを追求してきた非常に稀有な存在だと思うのです。僕ダウンタウン以外の番組子供っぽすぎて全然楽しめない症候群に一時期なりましたもん。何が面白いんだろうと素で思うようになっていました。

でも実際問題時間の経過とともに、淘汰されるものは見事に淘汰されていますよね。ダウンタウンと同世代だったり少し上の世代、下の世代の芸人さんたちの冠番組は軒並みなくなっているわけで。ダウンタウンはもちろん終わる番組もあるけど始まる番組も多いですから。これはやっぱり実力で勝負してきた功績だと思います、今も求められる存在でい続けるって、すごいの一言しかないです。

もしもダウンタウンを全然見れない日が来てしまったら・・・僕はどんな感じになってしまうんだろう(笑)そしてこの怖さは多くの人が共感してくれるはず。

まだまだこれからもダウンタウンに笑わせてほしい。

 

 

店舗受取訴求