THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

ガチンコ ファイトクラブの梅宮さんと仕事した事 ファイトクラブに見るエンターテイメント

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly
ガチンコ ファイトクラブを知っていますか?

その昔TBSで放送されていたTOKIOのバラエティ番組 『ガチンコ』

その中でファイトクラブという人気コーナーがありました。知ってる方も多いと思います。

基本的には荒くれ者のヤンキーを集めて、3ヶ月でボクシングのプロテストに合格させるという企画。

コーチとして育成にあたるのは、広島の粗大ゴミと言われた元世界チャンピオンの竹原慎二さん。もちろんガチで強い人です。ヤラセだなんて騒がれることの多いこの番組ですが、どんなヤンキーが本気になっても竹原慎二さんには敵わないでしょう(´;ω;`)またこの番組には辰吉丈一郎さんや畑山隆則さんはじめ世界王者が豪華にちょくちょく出演します。

 

当初の予定にあったかはわかりませんが、このガチンコ ファイトクラブは第5期まで続きます。その中でしっかりプロテストに合格しプロボクサーになった人達も何人もいます。

 

人気番組だっただけに、正直面白かったです!次回が気になるバラエティ番組なんて最近僕はないので、今思えば貴重な番組だったなぁと思います(^ ^)

f:id:myprivatecomedy:20180613195053j:image

ヤラセだと言われるけど、バラエティ番組をエンターテイメントとして成立させる為にルールがあるだけ

ネットでもガチンコはヤラセだったのかよと騒がれていますが、これがヤラセならヤラセの定義がよくわからないです。

荒くれ者を集めてボクシングさせるわけで、台本とルールがなければテレビで放送できるものなんて作れません。そもそもTOKIOが殴られたら多分その時点で企画終了になるでしょう。

台本がなければなかなかストーリーが生まれません。何か事件が起きなければバラエティ番組としては退屈です。ドキュメンタリーなら成立はするかもしれませんが。テレビ番組はスポンサーの為に視聴率を目指さなければなりません。より面白くするには台本は必要です。

しかし中には役者志望もいたかもしれませんが素人のヤンキーの割には台本がある割には、感動させてくれるし芝居も上手いと思います。これは彼らの本当の感情もしっかりあったからだと思います。

4期生梅宮さんと役者の現場で一緒に

僕はファイトクラブ4期生の梅宮さんと役者の現場で一緒になった事があるのですが、芸能人と会っても別段テンション上がることはないのですが、「うわー!ガチンコの梅宮だー!」と心の中でかなりミーハーになってしまいました(笑)だってガチンコ毎週観てましたから(^ ^)

f:id:myprivatecomedy:20180613195837j:image

もちろん楽屋でガチンコ ファイトクラブのこといろいろ質問しちゃいました!

竹原さんはガチでめちゃくちゃ強かったそうです。スパーリングでグローブ付けて殴られててもまるで岩で殴られてる感じだったそうです。恐怖(笑)そしてスパーリングでまぐれでファイトクラブ生が竹原さんにいいパンチを入れてしまうと、竹原さをは結構ムキになるタイプだったようで。詳しく書くのはやめておきますが、かなりえらい目に遭ったそうです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)もちろんスパーリングの一環としてですが(笑)

ちなみに梅宮さんはとてもいい人でした(^_^)