THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

映画を観てあの時ほど興奮や衝撃を得られないのは自分のせいなのか

変わったのは僕なのか映画界なのか

大人になるほど感受性は薄れていくものなのでしょうか。

皆さんはある程度の年齢になってから、子供時代や少年時代ほどの感動・衝撃・興奮・情熱を得られていますか?

もちろん僕は今でも映画が好きだしいつも楽しませてもらっています。

 

しかし、ふと思いました。

とにかく映画が観たくて早く帰宅したかった、学校をズル休みしても観に行きたい映画があって観に行ってたこと。映画を観る直前に楽しみ過ぎて胸が痛くなって息切れしてたこと、観終った後にどうしてもテンションが上がってしまったこと。

最近そこまでの感情にはなれていないなぁと。。。

 

好きな俳優がいて、その俳優の作品を観たくって、好きな監督がいてどうしてもその監督の作品が観たかったこと。

今でも好きな俳優も監督もいます。でもほとんどはあの頃に好きになった俳優や監督たち。新たな風が自分には吹いてない気がしてならない。

ハリウッド俳優も昔ほどのスターは今も生まれていない気がする。

もちろんいい作品は今でもたくさんあるけど、どうしても昔の作品の方が面白かったりしてしまう。

 

これは僕が大人になったせいなのだろうか。

映画かいが新たなスターや名作を生み出せなくなったのか。

たぶん前者だと思います。でもそうだとしたらそんな自分はとても嫌いです。

自分の人生を狂わせるほどに熱中した映画に対して、自分がそんな風になるなんて信じたくない事実です。

 

感受性の欠落など絶対に嫌なのです。

先が読めるようになってしまったり、二番煎じに感じてしまったり、経験がもたらしてる部分も大きいと思います。

 

でも僕は昔みたいに映画を楽しみたい。インディジョーンズを観てて、持ってたアイスを食べるのを忘れて手がべトベトになった子供の時のように熱中したい。

 

どうしたらそうなれるのかは今はわからないけど、僕は今でも映画が大好きです。

きっとまた、あの時ほどの感情を得られる日が来ると信じています。

 

f:id:myprivatecomedy:20180605235332j:plain