THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

深津絵里・小日向文世『サバイバルファミリー』映画レビュー 楽しめるけど考えさせられる映画

矢口史靖監督の作品の中では上位には入らないかな

映画『サバイバルファミリー』は矢口史靖監督作品。矢口史靖監督と言えばヒットメーカーと言われる映画監督であり、日本を元気にする作品を作り続けてくれている監督なのです。

アドレナリンドライブ』『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』『ロボジー』『WOOD JOB!』などなど、「楽しい映画」をいつも届けてくれる監督という印象を持つ人も少なくないと思います。

そして今作の『サバイバルファミリー』ですが、気にはなっていたのですがなかなか観ていなくてやっと観ました。なので初見だったわけですが、最初の方は「あれ?これ矢口監督だよな?」と思うほどになかなか面白さを感じられませんでした。自分の観てるテンションが良くないのかなと思うぐらい「あれ?」という感じでした。テンポも良くないと思うし、全然入り込めないし「参ったなぁ」という感じでした。

 

後から思ったことですが、この原因は小日向文世さんの作ったお父さん像のせいだったのかもしれません。全然愛せないんですよ、前半部分は。いくらなんでも破綻してるだろこの家族って感じだったので入り込めなかったんだと思います。わかりやすく言うと『アウトレイジ』の時のいやらしい感じの小日向文世さんでお父さんやってるんです。愛せないよ(笑)でも途中からは無事に他の役と同じように愛せる感じになっていたので、さすがというか・・・最初ミスってるんじゃないのというか(笑)

あのお父さんがこんなに家族思いだったんだっていうふり幅を出したかったのかもしれませんが、自然にはそれを出せていなかった気がします。小日向文世さんってやっぱりバイプレーヤーとしてすごく優秀な人なんじゃないですかね。メイン張っちゃうとちょっと万人に受け入れられるタイプじゃないのが浮き彫りになる感じがします。まぁ僕の好みの問題かもしれませんが。でも僕小日向さん全然嫌いじゃないんですよね、今回だけ受け入れづらかったです。

 

作品としては全体的にやはりテンポが矢口監督っぽくなかったです。途中飽きましたもん正直。僕が観てきた矢口監督作品では今までそんなことなかったから、ちょっと残念ではありました。

f:id:myprivatecomedy:20180525220411j:plain

出演者もちょっと地味だった『サバイバルファミリー』

出演は小日向文世深津絵里泉澤祐希葵わかな時任三郎志尊淳柄本明渡辺えり田中要次ミッキーカーチスなどなど。志尊淳は今ほどブレイクしてないんじゃないでしょうか、少しの出番だったし。

小日向文世さんはもう冒頭に結構書いてしまいましたが、誤解のないように言っておきますが、上手い下手で言ったらもちろん上手いと思ってますからね。というか芸達者な人だと思います。この人は普通にやってもある程度性格悪く見えてしまうのはなぜなんでしょうか(笑)もしかして小日向文世さん性格悪いのかしら。お会いしたことないのですごく勝手な想像です(笑)

 

深津絵里さんも僕かなり好きな女優さんなのですが、この作品ではなんか魅力あまり感じませんでした。そもそもこの2人が夫婦ってキャスティングがちょっとミスだったんじゃないだろうか。2人とも損してしまった気がしなくもないです。このシーンの深津絵里さんが良かった~って今作では正直ないです。いい女優さんなのに・・・。

 

息子役の泉澤祐希くんですが、三浦友和さん山口百恵さんの息子の三浦貴大さんかと思いました(笑)似てません?よく考えたら年齢的には全然違うのですが。この人は全然悪くなかったと思います。ただ良くもないというか良いんだけど、あくまで普通な感じでした。可愛い息子な感じもしっかり出てて良い部分ももちろんあるんですけどね~。

 

娘役の葵わかなさんも良かったけども特に印象には残る感じではなかったですね~。普通に可愛い女の子だと思いますが、女優さんっていう意味ではそこまで爪痕は残せていないと思います。ただ純粋な役とかもすごい似合いそうなのでこれからまだまだ観る機会が増えそうな女優さんだと思います。僕知らなかったんですがもしかして結構有名だったりするのかな。演技的に下手だなぁって思う部分はまったくなかったです。矢口監督作品で下手な人って全然見たことないから、しっかりオーディションで選ばれているんじゃないでしょうか。これからに期待ですね。

 

そんなわけで『サバイバルファミリー』の映画としての評価は僕的には高くないです。矢口監督じゃなければ、まあまあな作品ぐらいの感想だったかもしれませんが矢口監督にしては物足りなかったです。他の矢口作品が面白いのが多いのでどうしても他と比べるとどうしても・・・。あと予告が非常に面白い作りしてたのでハードルも普通に上がってましたね。予告って大体どの映画もそうなんですが・・・。一番残念だったのは、深津絵里さんはもっと魅力的に撮ってほしかったということです。いい女優さんだもん。。。

 

Netflixの無料トライアルを活用して観たわけですが、うーんやっぱり便利。他のも試しますけどね!ポケワイで全然観れちゃうのもまたいいですね。

 

BroadWiMAX