THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

日本の映画料金は高い?安い? 映画鑑賞、高いとみるか安いとみるか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

世界中でなくてはならないエンターテインメントとなっている映画という芸術

世界中で作られ、多くの人に愛されている「映画」という娯楽。日本でももちろん昔から愛され続けてきました。ある程度の年齢になった人で映画を観たことないという人はかなり少ないと思います。成人している人で今まで一度も映画を観たことない人に僕は出会ったことがありません。探せばいるのかもしれませんが。

そう考えると映画ってとんでもないですよね。音楽ももちろんそうですが、映画には音楽の要素も入っていますから。これだけの長い歴史の中でなくならないということは、人々の暮らしに必要不可欠なものに確実になっているのだと思います。

感動して泣く・心から笑う・気分がスカッとする・登場人物になりきる・幸せな気持ちになる・暗い気持ちになる・映画を観る時間を誰かと共有する・映画を観る時間が自分にとってストレス発散になる・俳優を大好きになり夢中になる・ドキドキする、などなど挙げたらキリがないですが、それぞれの楽しみ方は無限にあると思います

今回はそんな映画の料金について、書きたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20180504152733j:plain

映画料金が安いと感じる人はたぶんほとんどいないのではないでしょうか

まず世界の映画料金と比べると、基本的に日本は高いです。要因はもちろんあると思いますし、世界が各国どれぐらいなのかは今回は割愛します。ちなみに倍以上だったりもするんですが・・・。今回はあくまで日本国内で日本人がどう思うかについて焦点を当てたいと思います。

まず日本の基本的な映画鑑賞料金ですが

一般    1800円

シニア   1100円

大学生   1500円

小中高生  1000円

レイトショー1300円

他のサービスデイは映画館によって若干異なるので今回はなしで。だいたいどこも大差はないのですが。

この「料金」に関してですが、いきなり元も子もないことを言ってしまうと、感じ方は「人それぞれ」なんですよね(笑)映画が好きな人から観たら高く感じないでしょうし、滅多に観ない人からしたら高く感じるでしょう。

映画って映画好きの人以外にとっては作品を観る事だけに関しては料金はたぶん高く感じるのだと思います。ただ映画好きの人じゃない場合、ほとんどのケースで「付加価値」が付いている場合が多いと思います。

 

映画好きの人は一人で映画館に観に行くことが多々あります。僕自身映画は基本的に一人で観に行きます。別に人と行くのが嫌なわけじゃないですが、ある程度の年齢になるとまず男友達と映画を観に行くことはなくなりました。誘われないし誘わないですね(笑)これみなさんどうなんだろうか。。。

女性同士はまぁちょくちょく見掛ける気がしますが、それに比べて少ない気がしなくもないです。僕自身は行かないし行く機会がないです。恋人がいる期間ならやはり一緒に観る機会も増えますが、相当趣味が合わない限りは頻繁には行かないです。一人の方が多いしもうそれが自然になってしまいました。

 

それに対して映画を観る習慣がない人は、デートの中に映画が組み込まれている場合が多いですよね。特にこれからお付き合いすることを考えているお二人の場合は、映画の内容はそこまで重視してないんじゃないでしょうか。むしろその後の食事や告白する場所などで頭がいっぱいで映画どころじゃないかもしれません(笑)ポップコーン取ろうとして手が触れあってドキドキしたり(/ω\)あぁもうそんな恋愛はできないのかなぁ( ;∀;)話がズレました。そういった場合は決して映画料金が安いとは感じないでしょう。しかも高校生で考えると、男性がチケットを買ってあげる場合も多いと思うのですが、その場合チケット代金2000円、売店でポップコーンとドリンク2つ買ったら800円は超えてしまうでしょう。約3000円です。「あぁ、映画が始まるまで会話が持つ気がしない・・・なにか話のネタを!」と思ってパンフレットも買ったら約4000円です。これは高校生が2時間という時間を共有するために掛ける費用としては、高いのではないでしょうか。すくなくても頻繁には行けないんじゃないかと思います。

これが一般になると+1600円ですから約6000円です。高いな(笑)書いててびっくり(笑)こうなるとデートで週一回は映画館に観に行きます!っていう風にはなりづらいですね。

 

逆に映画好きの一人映画を頻繁にする人の場合は、大きく関わってくるのが「内容」だと思います。面白いと思えたら料金なんかまったく気にしないし、つまらなかったら損した気分になるかもしれません。僕の場合はこれは長所だと思ってるんですが、心からつまらなかったと思う事って全然ないです。昔から自然となにかしらいい部分を見つけるんです。なんでかわからないけど昔からですね(笑)

ただ僕は正直1800円払って観る事はほぼないです。前売り券も買うしレイトショーも活用するし。最後に1800円払って観たのがいつだったか覚えてないぐらいです(笑)あれ、僕も高いと思ってるのかもしれませんね(笑)

 

結論としては決して安くはない。つまり高いと思う

基本的に日本国民が持っている映画鑑賞のイメージは「お得なエンターテインメント」ではないと思います。もちろん映画を作るって規模は違えど莫大な費用が掛かっています。でもそんなの観る側には関係ないんですよね。映画ってこの料金以上の価値があるよね!映画ってほんと最高だよね!そんな風に持っていけなかったことがこうなってしまった要因じゃないかと思います。

後はスターの不在ですよね。映画スターっていうのが昔に比べていないのもいないのも大きいと思います。テレビドラマに出たり安売りし過ぎなんですよ。映画に出るっていう事が最高のステータスっていう形にしておかないと、映画スターなんて生まれないでしょう。家でスイッチ押せば観れるテレビと違ってわざわざ足を運んで観に来てもらうものなんだから。

月額料金払えばネットでも映画を観れてしまう時代。4DXだったり映画館特有のサービスもなかなかそこまで流行らない。だって高いもん。。。高いなら高いなりの満足度を与えなきゃいけないし、最初はお手頃値段でまずは体験してもらうとかももっとあっていいと思うけど。VRとか普及したらどうなってしまうんだろう。

 

料金を高く感じさせない作品作りとその責任感。そして映画館に行くことがステータスになるような仕掛け。日本人はそういうのに弱いし。これからの映画館にとって必要なことだと思います。

 

僕は映画館がなくなるなんて絶対に嫌です!

 

海外ドラマバナー