THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

安藤政信主演『ストリートワイズ・イン・ワンダーランド』あらすじと感想 安藤政信の変わらぬ美貌に動揺してしまう

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

『ストリートワイズ・イン・ワンダーランド』とは

フジテレビにて深夜のオンエアされた探偵をテーマにした安藤政信主演のスペシャルドラマ。これまでに全三回オンエアされている。京都を拠点としている劇団『ヨーロッパ企画』が脚本・出演している。なんだか昔のジョビジョバを思い出すのは僕だけでしょうか('ω')

f:id:myprivatecomedy:20180510173918j:plain

 

作りとしては、わざとであろうちゃちい演出も多用され、スト―リーもキテレツな内容の回が多いなという印象。役者をやっている身からすると、探偵ものというのはなぜか大きな魅力を感じるのですが(僕は永瀬正敏さん大好きなので『私立探偵濱マイク』も初期三部作から好きなのです)この作品は安藤政信さん惹かれて観たというのが大きいというか、彼の出演が全てです(*‘∀‘)

ただいくつか思わず笑ってしまうところもあって、個人的にはこのテイストは嫌いじゃないです。僕は舞台もそれなりに多数出演していましたが劇団とかには疎いので、このヨーロッパ企画っていう劇団を知らなかったのですが、この作品を観る限りは正直あまり魅力は感じませんでした。後ほど詳しく書きます。

 

安藤政信がいればオッケーになってしまう(笑)

さて、安藤政信という俳優を皆さんご存知ですか?

今30代40代の映画好きな人にはとても有名な名前だと思います。北野武監督の『キッズリターン』で銀幕デビューを果たし、人気ドラマや大ヒット映画に多数出演し一気にスターの座に上りつめました。

この人は若い時からいい意味でちょっと変わっていまして、『サトラレ』『スペーストラベラーズ』『ぽっぽや』『亡国のイージス』などいわゆる大作と言われる映画にも多数出演しているのですが、そんな中『MONDAY』『DRIVE』『TOKYO11』『悪夢探偵』『青春☆金属バット』などなど、いわゆる単館系の映画にも出演しています。

本人が面白いと思うものしかやりたくないという思いが強く、タレントではなく完全に「俳優」なんです。でなければ人気絶頂期の多数のCMやドラマに引っ張りだこの状態だった時に、あっさり自らテレビ界から姿を消す行動は起こせないでしょう。よく芸能界で「干される」という言葉を聞くと思いますが、安藤政信さんの場合は全然そんな事なく、まさに自らが望んだ道なのです。

映画に対しての熱い思いから中国映画など海外への活動も行なっています。おかげで好きなのになかなか日本映画でお目にかかれることがない時期があって、『スマグラ―』に出演した時はかなりテンション上がりました。しかも永瀬正敏さんとの共演が観れるんですもん(/ω\)

 

安藤政信さんは、美しいという形容をよくされます。本当に美しいしカッコいいと思います。元々芸能界に興味ないところをスカウトされたそうですが、そりゃスカウトされるよねって納得しちゃいます(^_^;)最近少しテレビドラマに出演してくれていて、24時間テレビの櫻井翔くんの車椅子バスケのドラマ『君に捧げるエンブレム』ではライバル役、校閲ガール』では売れない作家志望役、『コードブルー』ではエリートドクターの役をやっていて、久しぶりの地上波への登場に、ネットが賑わっていました。「相変わらずカッコいい!」っていう意見が圧倒的に多かったですね。真実だから仕方ないです(笑)

実はこの立ち位置にを許される人って本当に限られた人なんです。昔はそんな思わなかったのですが、正直安藤政信さんの芝居観て「あれ?」と思う時があります。「もっと上手かった気が・・・」と思う時もあるのですが、「でもこれが安藤政信っぽくていいよね」というところになぜか落ち着いてしまうのです。むしろ好きですから。これは結局のところビジュアルや生き様を含めてカッコいいからでしょう。演技の上手い下手なんてどうでもいいんです、ここまでかっこいいと。「なに言ってんだ!」と言われそうですが、人間なんてそんなもんです(笑)ただこれが許されるのは本当に一握りの人です。安藤政信さんは許された人間だと僕は思っています。

僕の中では伊勢谷友介さんもそうなんです。上手いとは思わないんですが、なんかいいしむしろとっても魅力的なんですよね。結局かっこよすぎるんですね。二人に共通してるのは「自分を持ってるところ」だと思うので、この要素ってとっても大切なんだと身が引き締まります( `ー´)ノ

 

ヨーロッパ企画って・・・どうなんでしょう。

これはファンの人には先に謝っておきます。というか僕は映像でしか彼らを知らないので舞台ではすごい光り輝いているのかもしれません。このドラマに出演の方も6、7人ヨーロッパ企画の人達が出てるんですが、全然良くないんです。あくまで僕個人の感想ですよ?

上手くもなければ面白くもないし、安藤政信さんと一緒のシーンに出ると尚更思うのですが、華がない。。。舞台やってる人って映像に出ても魅力的なこと多いんですけど、なんででしょう。間も悪いし、それぞれのキャラ設定も中途半端で全然印象に残らないです。池田エライザって子の方が印象に残ってます。顔小さいし(笑)

ドラマが立場が上とも思わないし、特に最近のドラマは低く見られることも多いけど、普通に考えて劇団の人達がドラマに出るっていろんなものに派生する大きなチャンスだと思うんだけど、あの感じだと多くの人に見てもらっても拡がらなかったんじゃないかなぁと思います。僕が知らないだけで今大人気だったらごめんなさい。もったいないなぁっていうのが僕の印象でした。

 

もっと出演してくれ安藤政信

最近また姿を消してしまってるんですよね、安藤政信さん。ホント自由人(^_^;)オファーはある人だと思うから、出たいと思う作品に巡り合っていないのかなぁ。

これは僕以外にも同じこと思う人沢山いると思うのですが、

もっと頻繁に出てくれ!!もっと見たい!!

僕にとっては本当にすごいカリスマ性を持った人なので、演じる姿をもっともっと観たいです。

この『ストリートワイズ・イン・ワンダーランド』もまだ続編をやることと思いますので、楽しみに待っています(´ω`*)

一番は安藤政信さんをやっぱり映画で観たいです!

 

 FODで観れるのかな『ストリートワイズ・イン・ワンダーランド』

 

めちゃ×2タメしてるッ!