THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

共演して驚いたAKB48の卒業後の『多動力』 尊敬に値するポテンシャルと行動力(最新・改訂版)

今でも驚異のブランド力を持つ『AKB48

今でも知名度が落ちることのないアイドルグループ・AKB48。個々の名前は知らなくてもこのグループ名を知らない人はそうそういないと思います。むしろ知らなかったらちょっと社会生活閉鎖過ぎじゃない?っていうレベルじゃないでしょうか。全盛期に比べて明らかに勢いは落ちていますが、それでもまだまだエンタメ業界にしっかり根を張っています。

僕は正直前田敦子大島優子篠田麻里子小嶋陽菜板野友美などが最前線で活躍していた時代に今名前を挙げた何人かを知っているぐらいのレベルの認知度だった。テレビなどで露出の多いメンバーの名前と顔は一致するけど、他のメンバーは全然知らない。特にファンでもない限りそんな人は多いでしょう。

僕の友人で大島優子の大ファンがいましたが特に影響を受ける事もなく、やはり目立った活躍をしている数人を知っているってレベルからは上がりませんでした。その友人は大島優子以外にもいわゆるマイナーなメンバーのことも知っていたから、推しメンがいる場合は自然とグループに対する知識も増えていくのでしょう。これは当たり前ですね。僕と言えばよっぽどジャニーズのグループのほうが詳しい男性。今思えば女性アーティストのCDって買ったことないかもしれません。あ、鈴木亜美は買った。昔めちゃくちゃ可愛かったもんなぁ。懐かしい。

 

でもよく考えると、実はグループ自体に興味ない人が何人かでもメンバーの顔や名前をわかるだけでもすごくないですか?例えば今のAKB48や乃木坂とか欅坂とかのメンバーの名前と顔一致する人ってかなり少ないんじゃないでしょうか。グループごとに2~3人わかればすごいと思う。ちなみに西野七瀬白石麻衣は僕わかります(笑)あのももいろクローバーZだって超有名なのに僕百田ってリーダーっぽい人しか名前わからない。

曲名はわからなけど聴けば知ってるっていう曲を量産していた前田敦子大島優子の2強時代って、CDの売り上げやテレビの露出含め勢いが半端じゃなかったわけです。グループを世間に知らしめた初期メンバーには現役メンバー頭が上がらないんじゃないだろうか。もちろん秋元康さんとその周りのブレーンの方々の力がまずはあってこそだけど。

お気づきのことと思いますが僕はまったくもってAKB48のファンでもなければ昔のAKBにも今のAKBにも詳しくありません。ファンじゃなかったからこそのフラットな視点、そして役者としてAKB48の子と共演をしてみて考えさせられたことを今日は綴ります。

 

共演するまで名前も顔も知らなかった初代じゃんけん王者・内田眞由美

仕事のオファーを事務所からもらった時に、すでに決まっている出演者の一覧を見ていると、内田眞由美という名前がありました。その時には元AKBって肩書だったかな。先ほども述べた通りAKBのファンでもなかった僕は「知らないなぁ、まぁ俺ほとんどのメンバー知らないからそうだよね」ぐらいの気持ちでした。そして他にもAKB現役の人もいらっしゃったけど、その人たちも僕にはわからず。なんか偉そうに聞こえますが、もちろん向こうも僕の事知らない状態だったでしょう。そこら辺の自覚もしっかりありますからね!そしてここで僕はまさに『AKB48』のブランド力に負けるわけですが、他にも僕は知らないAKBの現役の子も出ていたので、この仕事受けようかしらっていう気持ちでこのオファーを受けたのでした。今までAKBと共演する機会ってなかったんですよね~。わがままだったらどうしようってちょっと思った記憶があります(笑)

現場が始まると、一緒にお芝居を作るわけですから話す機会ももちろんあり、すぐにそれまでAKBに対して持っていたイメージが覆りました。良くも悪くもこれまで興味がなかったから、特に悪いイメージは持っていなかったから覆るって言い方は正しくないけど、なんとなく勝手に「与えられた仕事をしてる」イメージを持ってたので。普通に考えて年齢的にもそういう形で仕事してて何の不思議もないし。

でも話すより前に、仕事に対する姿勢ですでに良い印象しかなかったです。誰に言われるまでもなくより上を目指そうとしていて、ほとんどの同年代の若い女優よりAKBの人ってマジメだしストイックです。グループ内の競争社会で自然に染みついているんでしょうね。

驚いたのが若い子にありがちな「努力してる自分に酔う」「結果までのプロセスを評価してもらおう」なんて考えがまったくない。やることを突き詰めてやってくる、そしてそれを提示する、良くしたいから周りにアドバイスを求める。若くして「レベルの高い当たり前」が身についてるから、強いです。

だからAKBの人ってどこの現場もあんまりきつく感ないんじゃないかと思う。これはジャニーズの人にも共通すると思うけど。子供の時にレベルの高いことを要求されるのが当たり前の環境にいるから、それに耐え抜いた人は後々確実に強いです。

子どもの時からAKBに入って大人とも関わって、悩んで努力して現場行って人前にたくさん立ってと豊富な経験のせいだと思いますが、内田眞由美に関しては失礼ながら年齢けっこう上だと勘違いしていました(笑)もちろん見た目は全然若いんですよ、ただ芸能界の女性って基本綺麗だから見た目で年齢あんまりわからないんです。僕だけかもしれないけど(笑)

とてもじゃないけどオーラとか立振る舞いが20歳そこそこには僕には全然見えなかった(笑)だから初対面からずっと27、8歳ぐらいかなって思ってました。卒業してたし。しばらくしてから年齢の話題になって、「23です」みたいなことを言ってて、「誰が?」って普通に聞きましたから。「いや私ですよ」って普通に返されましたけど(笑)共演者の役者の同い年の奴もビビってましたからね(笑)にわかに信じられないみたいな。

誤解されると嫌なんですが、見た目は全然若いんです、美意識も高い子でお肌も髪もすごい綺麗だし。顔もキレイ系より可愛いルックスしているし。実年齢よりも上に見える理由は完全にオーラだと思います、センター張ったことのある人はやはりオーラを身にまといますね。

内田眞由美ですが、ご存知な方もいると思いますがなんと新大久保で「IWA」という焼き肉屋さんを経営していて、立派なオーナーさんなんです。AKB現役時代からオープンしていて、卒業後の今も大成功しています。僕自身何度か行ってて先日もお邪魔してきたのですが、普通にお肉もめちゃめちゃ美味しいお店なんです。しかも上質で美味しいお肉が食べられるのにお値段はリーズナブル。店内はスクリーンにAKBのライブが流れていたり、衣装やグッズも飾ってあってAKBファンの方にはもしろんたまらないお店ですが、普通にお肉だけで勝負しても間違いなく勝ち組になれるお肉を出しているお店です。先日はAKBファンの友人も一緒に食べに行ったのですが、西野未姫ちゃんって子がIWAでアルバイトしているらしく(IWAは卒業した子が結構働いているのです)「今日西野未姫ちゃんいますかね?」と鼻息荒く聞いてきてましたが、「ごめん、わからないし俺その人知らない」と返してしまいました。そうか、ファンの人には本当に最高の場所なんだなと改めて実感しました。

こういうオーナー業もやっていることが、彼女を大人っぽく見せる一つの要因にもなってるのは間違いないですね。

f:id:myprivatecomedy:20180508151827j:plain

上にいるキャラクターはIWAぼうやです。かわいい(笑)僕は観てませんが元々内田眞由美さんがコント番組で演じていたキャラクターだったようですね。

堀江貴文の「多動力」を実践しているAKB卒業生

彼女の現在の肩書は「女優」「実業家」。現在も歌って踊ることもできるでしょうから年齢的にも「アイドル」という肩書ももちろん加えられます。

内田眞由美との出会いは、役者一本で食べてた僕に大きな影響を与えてくれました。なぜ自分は今まで一つの事に固執していたのだろうと。自分がやりたいと思ったことを並行して取り組むことは全然可能じゃないかと視野を広げてくれました。

もちろん取り組むことに対してしっかりボーダーを超えるところまで持ってくのが大切です。中途半端にあれもこれもと手を出し過ぎても微妙だし。ただそれもありかなとも思います、その中で夢中になれることを残していけばいいわけで。僕は現在ブログを2つ持ってますがこのブログというものを本格的に始めたのも影響を受けたからです。元々文章を書くのが好きだったので。まだまだ稚拙で恥ずかしいですが。。。

少し前から話題になってる堀江貴文氏の著書「多動力」はまだこの時は出版されてなかったと思うのですが、僕は堀江貴文氏の著書は基本的にすべて読んでいるのでもちろんこの「多動力」も読んだわけですが、こういう経験の後だったのでスーと身体に(脳に?)入ってきました。そして改めて内田眞由美すごいなと思ったわけです。

子どもの時からAKB48というグループに入って、そこでセンターまで張るレベルまでいき、さらに自分のやりたい気持ちに従ってビジネスに進出して、芸能活動も継続出来る形を自ら作りだす。変わりつつある時代の中で、今の時代に合ったことを見事に実践している。恐ろしい・・・。

f:id:myprivatecomedy:20180508154100j:plain

あ、すみません。僕が読んだのマンガバージョンです。いいでしょ別に!

経験の差は立ち止まらない相手とは埋められない

学歴うんぬんじゃなく、若いうちから真剣に取り組んでたくさんの経験をして、卒業して次の場所でも新たな事に真剣に取り組む。しかも新たな場所に行く時にはまだまだ世間的に若いカテゴリー。同年代の子たちが遊んでる間にも悩んで工夫して仕事に向き合ってる彼女らは比べ物にならない経験値を身につけてるわけで、彼女らが走り続ける以上その差は埋まらないでしょう。しかも結果を求められる厳しい環境に身を置いて、努力することが当たり前になってる彼女らに追いつくのってちょっとやそっとじゃ無理だと思います。経験の質を上げて追い上げるしかないでしょう。

もちろんこれに関しては僕はたまたま縁があって近しい存在にビジネスに進出している内田眞由美がいたからそう思っているだけで、果たして全体的にそうなのかというところはなんとも言えないですが。卒業しても芸能活動だけしてる人もたくさんいるし、それがまだまだ普通な時代だし。そこで思うのはやはり下で歯を食いしばって頑張ってきた人って後々強いということ。後から内田眞由美の歴史を知って「チャンスの順番」聴くと普通に泣きそうになるし。

そんな素晴らしい影響を与えてくれて本当に感謝だし、ご本人も言ってるんですが今や僕は普通にファンですよ(笑)AKB時代を知らない新規のファン(笑)

 

やりたいと思ったことは躊躇せずに、すぐにチャレンジすることがとっても重要だということを改めて思い知らされた出会いでした。

※一度自分であげたブログを手直しと追記をして再びあげた記事になります。

 

BroadWiMAX