THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

役者のあきらめる時・辞める時の時期と傾向

夢をあきらめるという事

ほとんどの人が一度は憧れや夢を抱いたことがあるかと思います。野球選手やサッカー選手、俳優やミュージシャンやお笑い芸人、女性なら保母さんとかやっぱり女優とかタレントとかアーティストとか。あと全体的に今はユーチューバーが多いらしいですね。他にもドラマとか観て弁護士や医者に憧れたり。幼少期からの憧れを挙げたらキリがないですよねきっと。

いつからかそんな夢を忘れてしまう人が多いのはなぜでしょうか。

「自分にはできっこない」

「親が反対する」

「簡単じゃないし成功するのは一握り」

などなどいろんな理由を挙げて情熱を押し殺した人もいるのではないでしょうか。

『大人になること=夢をあきらめること』っていう図式があるようにも思えるのですが、果たしてそうでしょうか。特に今の時代、そんな図式は成り立たないし、あきらめた先にじゃあ何があるのですか?と問いかけたくなります。

個人的には難しいと思うのは『スポーツ選手』というカテゴリーです。これに関しては悲しいけど一流になるには生まれ持った素質が絶対的に必要だと思います。運動神経というのはプロになるレベルでは抜群に高いものを要求されます。小学校の時に一番足の遅かった人がサッカー選手になるというのは確かに厳しい道だと思います。生まれ持った要素が最も必要とされるのは僕はスポーツの世界だと思っています。ただ小学校の時に一番足の遅かった人がサッカー選手にはなれなくても、サッカーに関わる仕事に就くことはできます。夢の形は変わるけれど、そうやって抱いた夢と関わっていくことはできます。

では、本格的に夢への道を目指した人たちはどうでしょう。自分が燃え上がるものに出会えた人達は走り出したのになぜ志半ばで夢を追わなくなるのでしょうか。新たにやりたいことが見つかった人たちはもちろんその新しいことをやるべきだし、それは挫折とは違います。人間の心は変化して当たり前だし、僕は今となっては一つの事を追いかけるというのは少々飽きてしまうという印象を持っています。

今回は自分にとって身近な、役者やミュージシャン、お笑い芸人の「辞める」ということについて書きたいと思います。

 

辞める年齢が被るのは世間体のせい?

辞める年齢というのは不思議と被る人が多いです。

子供の時からとか高卒でスタートした人たちは大体22歳ぐらいで悩んだり辞める人が多いです。これは間違いなく大学卒業の年齢なので周りの同い年の人達と自分を比べるからでしょう。周りが就職していくのを見て精神的にきつくなるのが大きいと思います。

そして30歳というのは有名かもしれませんが非常に多いです。役者は一昔前は30歳を過ぎて続けていると仕事が増えると言われていたぐらい。要は辞める人が多いからライバルが減るわけです。この30歳の場合はよく聞くのは「つぶしがきかなくなる」っていう理由です。これは僕いまいちわからないですが、辞めた後にどういう仕事するつもりなのかしら。昔で言う一流企業にはもう入れないだろうし、とっくにつぶしはきかない状態だと思うんですけどね。社会人経験ゼロなんだし。

25歳ぐらいも結構多いです。キリのいい数字が人間やっぱり設定しやすいのかもしれません。バイトしていたバイト先にそのまま就職するケースも多いです。

 

辞めざるをえない理由ができてしまった

これは大きいものから小さいものまで様々です。本人にとってはすべて大きいものなのでしょうが。

「家業を継ぐ」って人も結構います。これはまぁ大切ですよね。何歳になったら継ぐって約束してたからって人も何人かいました。個人的に思うのは、もし爆発的に売れてても辞めて家業継ぐのかなぁってちょっと思ってました。たぶん辞めないんじゃないかと思うんですよね。僕なら辞めないですもん(笑)

「結婚するから」「子供が出来たから」これ一番多いかもしれない!これに関しては守るべきものが出来て守るためには辞めることが自分にとっていいことだと判断したのであれば、いいことだと思います。夢を追うより大切なことができたのであれば、それは素晴らしいことだし。ただ今の時代であれば、やりながらしっかり守るという事も可能な時代ではあると思うけど。

「親の面倒を見るから」っていうのもあります。これはちょっと何も言えないです。大丈夫になってまだやりたい気持ちがあればまたはじめることは全然可能だし。

「疲れた、もう無理」っていう理由もわからなくもないです。不安定ですからね~収入から何から。それでもやりたいって人しか続けられないと思います実際。借金抱える人も少なくない世界ですから・・・。

 

視野を広げて時代の波に乗れば辞める必要はない

終身雇用の時代ならば、夢を追うというのは今より非常に覚悟のいる事だったと思います。でも今はそんな時代じゃありません。いろいろな事をやっていい時代。ネットが普及してどこからでも仕事が出来てしまう時代です。

だから今までやってきた形を変えていいわけだし、変えた方がいいと思います。僕自身今は役者業を休んでいる状態ですが、いろんなアイディアが生まれてます。今までの形ではなく新しい時代に合った形でエンターテインメントを提供していくべきだと思ってます。また収入源だって一つじゃなくていいんです。そうすることによて乗り気じゃない仕事を断れるようになるし、視野が広がっていろんなことが繋がって発展していくと僕は思っています。

何かをすっぱり辞めるんじゃなくて、面白いと思えるものは全部並行してやっていけばいいじゃないかって思うし、目指していきたいです。

 

BroadWiMAX